絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#映画

2020.7.2thu

【期間限定】スタジオジブリ4作品が劇場で公開中!懐かしい名作を映画館で

スタジオジブリより「一生に一度は、映画館でジブリを。」との言葉とともに、6月26日(金)から全国372館の劇場で『風の谷のナウシカ』『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』『ゲド戦記』の上映が決定。多くの人に愛されるジブリ映画が、映画館で蘇ります。

大画面で観たい、ジブリ映画4作品の魅力

風の谷のナウシカ

© 1984 Studio Ghibli・H

1984年に公開された『風の谷のナウシカ』。宮崎駿オリジナルの原作漫画を映画化した劇場アニメーションです。地球壊滅後の近未来を舞台に、“腐海”と呼ばれる毒の森で自然とともに生きる少女ナウシカが、未来の地球を救うために立ち上がる物語。原作、脚本、監督と宮崎駿監督が務め、“人と自然”という難しいテーマを描きながらも、美しい世界観やストーリーに多くの人が惹きこまれました。少女ナウシカが空を飛ぶシーンもリアルで印象的なので、映画館で体感してほしいです。

風の谷のナウシカ

原作・脚本・監督/宮崎 駿
プロデューサー/高畑 勲
音楽/久石 譲
声の出演/島本須美、納谷悟朗、松田洋治、永井一郎、榊原良子、家弓家正 ほか
公開日/1984年3月11日
※制作はトップクラフトです。 

もののけ姫

© 1997 Studio Ghibli・ND

1997年の公開当時の日本の映画史において歴代興行収入1位を記録した『もののけ姫』。人を寄せつけない神々の森と、鉄を作るタタラ場を舞台に、神々と人間の戦いを壮大なスケールで描かれています。第21回日本アカデミー賞最優秀作品賞など数々の賞を受賞し、映画史に残る作品。タタリ神と人間がぶつかり合う迫力のある戦闘シーンは必見です。

もののけ姫

原作・脚本・監督/宮崎 駿
プロデューサー/鈴木敏夫
音楽/久石 譲
主題歌/米良美一
声の出演/松田洋治、石田ゆり子、田中裕子、小林 薫、西村雅彦、上條恒彦、美輪明宏、森 光子、森繁久彌 ほか
公開日/1997年7月12日

千と千尋の神隠し

© 2001 Studio Ghibli・NDDTM

2001年に公開してから、未だに歴代興収ランキングベスト1となっている大ヒット作『千と千尋の神隠し』。10歳の少女・千尋と家族が不思議な世界へ迷い込み、両親が豚に変えられてしまうことから物語が始まり、両親を助けるために神様たちが通う温泉で働くことに。小さいながらも厳しい世界で奮闘する千尋の姿に、子どもから大人まで世代問わず、勇気がもらえます。また、第75回米アカデミー賞で「長編アニメ映画賞」も受賞した話題作。

千と千尋の神隠し

原作・脚本・監督/宮崎 駿
プロデューサー/鈴木敏夫
音楽/久石 譲
主題歌/木村 弓
声の出演/柊 瑠美、入野自由、夏木マリ、内藤剛志、沢口靖子、上條恒彦、小野武彦、菅原文太 ほか
公開日/2001年7月20日

ゲド戦記

© 2006 Studio Ghibli・NDHDMT

2006年に公開され、宮崎駿原案を基に、息子の宮崎吾朗監督が制作したことでも注目を集めた『ゲド戦記』。少年・アレンと大賢人・ハイタカの旅を通して、人生と命の大切さを描いた物語です。主人公のアレンには、岡田准一が抜擢され、アレンを正しく導こうとするハイタカ(ゲド)を菅原文太、ゲドを逆恨みするクモには田中裕子と豪華な声優陣が集結し、キャストの声も見どころの一つ。

ゲド戦記

原作/アーシュラ・K.ル=グウィン
原案/宮崎 駿
脚本/宮崎吾朗、丹羽圭子
監督/宮崎吾朗
プロデューサー/鈴木敏夫
音楽/寺嶋民哉
主題歌/手嶌 葵
声の出演/岡田准一、手嶌 葵、田中裕子、香川照之、風吹ジュン、内藤剛志、倍賞美津子、夏川結衣、小林 薫、菅原文太 ほか
公開日/2006年7月29日

世代問わず、時代を超えて受け継がれていくジブリ映画シリーズ。また、改めて映画館で観ると新しい発見があること間違いなしです。この貴重な機会に、ジブリの世界を大きなスクリーンで体感してみてください。

【一生に一度は、映画館でジブリを。】
上映作品
『風の谷のナウシカ』
『もののけ姫』
『千と千尋の神隠し』
『ゲド戦記』
劇場/ミッドランドスクエアシネマほかで公開
ジブリ公式サイトhttp://www.ghibli.jp/

MAGAZINE 月刊ケリー

月刊KELLY

月刊KELLY1月号(2021年11月22日発売)SDGs
気持ちいい毎日

特集の目次を見る

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

【期間限定】スタジオジブリ4作品が劇場で公開中!懐かしい名作を映画館で

WRITER

Mai Shimomura

Mai Shimomura

岐阜県出身。スタジオやブライダルでの 撮影経験を6年経て、編集者へ転身。 カメラと映画が好きなミーハー女子。 素敵な出会いを写真に記録しながら、 みんなの心に届くモノを発信したい。

  1. トップページ
  2. EVENT
  3. Mai Shimomura
  4. 【期間限定】スタジオジブリ4作品が劇場で公開中!懐かしい名作を映画館で

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。