絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#カフェ

2020.11.30mon

【インタビュー動画】愛知・西尾市のGOOD LOCAL LIFE「 William's Gelato(ウィリアムズジェラート)」

【GOOD LOCAL LIFEを動画でお届け】愛知・西尾市の「 William’s Gelato(ウィリアムズジェラート)」

東海三県の魅力を、インタビュームービーで

愛知・岐阜・三重の地元情報を発信する雑誌『月刊KELLY』編集部が、これまで取材したお店の中から「もう一度取材に行きたい」「誌面だけでは紹介しきれなかった」お店をピックアップして紹介する、定例ムービー企画「GOOD LOCAL LIFE」。

第2弾は愛知県西尾市の「 William’s Gelato(ウィリアムズジェラート)」

第2回目は、愛知県西尾市にある「 William’s Gelato(ウィリアムズジェラート)」の店主、牧一心さんにお話を伺いました。

愛知県西尾市の海沿いにあり、ゆったりとした時間が流れる「西幡豆」エリア。素敵なお店の店主たちが「Ocean」というコミュニティを作り、ここを価値ある場所にしようと奮闘しています。

一度上京した後、地元へUターンした牧一心さんもその一人。ランチタイムには人で賑わう人気店「Pizzeria Ocean(ピッツェリア・オーシャン)」で店長をつとめた後、2020年2月に、ジェラート屋「William’s Gelato(ウィリアムズ ジェラート)」をオープンさせました。

憧れの土地「カリフォルニア」をもじって、仲間内で作った「ハズフォルニア」を合言葉に、今日も自分がこの場所でできることは何か、探求を続けています。

なぜ「西尾」に?まちの日常は?

ー「西尾」のまちを、選んだ理由を教えてください。
牧さん:自分の地元です。以前は東京で営業の仕事をしていたのですが、事業が上手くいかず、帰ってくることになりました。
戻ってくると、周りには魅力的な仕事をしている仲間が多くて。自分の理想や、アイデアを語り合いながら、日々一緒に仕事をしています。

ー日常はどんな感じですか?
牧さん:自然に恵まれているわりには、まちからのアクセスが良く、便利です。「田舎は閉鎖的じゃないか?」とよく言われますが、基本的にまちの人はオープン。新しいことを始めるときには、温かく歓迎してくれる、寛大な人が多いです。

ーこのまちをどんな風に楽しんでほしいですか?
空調が効いていなかったり、虫が多かったり、都会と比べて快適さがない部分も多いです。でも、自然がたくさんあるところに来ると、開放的になれますよね。純粋にその〝開放性〞を楽しんでもらいたいです。



西尾に戻ってきた経緯や、独学で覚えたピザ・ジェラートづくりのことなど、詳しくはYoutube動画で公開中です。ぜひ、チェックしてみてくださいね。

動画撮影・編集 :太田昌宏(スタジオアッシュ )

MAGAZINE 月刊ケリー

月刊KELLY

月刊KELLY1月号(2021年11月22日発売)SDGs
気持ちいい毎日

特集の目次を見る

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

【インタビュー動画】愛知・西尾市のGOOD LOCAL LIFE「 William's Gelato(ウィリアムズジェラート)」

WRITER

Moeko Mizuno

Moeko Mizuno

岐阜県多治見市出身。お笑いと甘いものが好き。スイーツは食べるのも作るのも好きで、休日はお菓子作りに励む。実家が陶器屋を営み、器にこだわる一面も。

  1. トップページ
  2. EVENT
  3. Moeko Mizuno
  4. 【インタビュー動画】愛知・西尾市のGOOD LOCAL LIFE「 William's Gelato(ウィリアムズジェラート)」

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。