絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

Style’s Note -Music Session-
#EVENT

2021.3.5fri

Style’s Note -Music Session-

2020年8月に開業した、名古屋初のライフスタイルホテル「ニッコースタイル名古屋」のこだわりの1つが「音楽」。2021年は、「様々なジャンルの上質な音楽と、料理を味わっていただきたい」という思いから、「Style’s Note -Music Session-」を、定期的に開催します。初回は、ジャズミュージシャン「KIMENAITO(キメナイト)」が出演。彼らの奏でる、おしゃれで落ち着いたジャズサウンドは、会場となる「Style Kitchen」の雰囲気とも合い、上質な時間を求める人におすすめです。

演奏の前には「Style Kitchen」にて、この日だけの特別ディナーメニューを用意。春の訪れを感じられる彩り豊かな食材を取り入れ、全4品のコース料理を、目と舌で満喫できます。メイン料理の「ロブスターと2種のアスパラガスのアンサンブル」は、カナダ産のロブスターのムースとローストを、ココナッツカレー風味のソースで。ココナッツのまろやかさとカレーのピリ辛さが、ロブスターの優しい味にアクセントをプラス。ガルニーチェには、旬の食材であるホワイトとグリーンの2種類のアスパラガスが添えられます。

肉料理の「北海道産鴨肉のグリル」には、繊細な味わいで脂の甘みが強い、チェリバレー種の国産合鴨を使用。デザートには、西尾の抹茶とベルギー産のチョコレートを合わせた「柚子のムースと山椒風味のショコラ」が登場します。黒田料理長が織り成す、五感で楽しめる料理の数々を堪能し、心を満たす、週末の夜を過ごしませんか?

スペシャルゲスト
KIMENAITO(キメナイト)
Jazzミュージシャンの若手2人からなる、ギターコーラスユニット。歴史あるJazzクラブなどでシンガーとして人気を高めている宮坂俊行がアコースティックギターを弾き、東海地方を代表するJazzギタリスト成瀬明がコーラスを歌う。古き良きアメリカンポップスを中心に、アコースティックスタイルで演奏。2人のアンサンブルは、観る人を引き込み、魅了する。


※掲載内容は2021年3月時点の情報です。
※新型コロナウイルス感染症の影響で、掲載内容は予告なく変更する場合があります。公式サイト・SNSで事前にご確認ください。

Check!

名古屋初のライフスタイルホテル「ニッコースタイル名古屋」で、音楽とコーヒーを楽しむ【名駅】

名古屋初のライフスタイルホテル「ニッコースタイル名古屋」で、音楽とコーヒーを楽しむ【名駅】

「オークラ ニッコー ホテルズ」が手がける新ブランド「ニッコースタイル」の第1号ホテルが、今年8月に開業しました。注目すべきは、「街の人とホテルゲストがつながる場所」を目指したエントランス。ホテルの象徴的な空間「コミューナルロビー」は、宿泊者だけでなく、地元住民にも開かれたロビーとして、食や音楽、アートに触れることができます。 【名駅】名古屋初のライフスタイルホテル「ニッコースタイル名古屋」で、音楽とコーヒーを楽しむ ライフスタイルホテルのカフェで過ごす、贅沢な時間 「ニッコースタイル名古屋」は、名古屋で初の本格的なライフスタイルホテルとして今夏誕生。宿泊はもちろん、音楽とコーヒーにこだわっているのが大きなポイントです。「泊まらなくても行ってみたい」と、感度の高い人たちの間で話題になっています。 「コミューナルロビー」のおしゃれなインテリアは、要チェック。 「カフェ&バー」では、時間帯ごとに豆の種類を変えるコーヒーや、地元のクラフトビールがスタンバイ。 ロビー併設の「スタイルキッチン」でぜひ味わいたいのが、8種類の色とりどりのスイーツが盛られたアフタヌーンティーセット。あえて平皿で提供するのは、ホテルメイドの味を気軽に楽しんでほしいから。名古屋が誇る人気ロースター「トランクコーヒー」とコラボレーションした、ここでしか味わえないオリジナルブレンドとともに堪能すれば、“ちょっと特別”なお茶時間に。一流シェフの料理と丁寧なおもてなしは、仕事の打ち合わせや友人とのランチ、大切な記念日のディナーなど、様々なシーンを彩ります。 スイーツやサンドイッチが華やかに盛られた「アフタヌーンティーセット」(2700円・税金、サービス料込)は、コーヒーまたは紅茶が付きます。 日本に数台しかないハンドドリップマシン「ポアステディ」でコーヒーを抽出。コーヒーの香りと甘みを高めるオリジナルのカップに注いで提供します。 また、コミューナルロビーにはDJブースが設けられ、地元ミュージシャンによるライブなどを開催予定です。 音楽にもこだわっていることから、館内のBGMは24時間一度も同じ曲が流れることはありません。 【イベント】 11月8日(日)のケリー編集部のスペシャルイベント「ウィークエンド カーニバル2020」では、ここでカフェ&トークイベントを開催します。この日だけしか味わえないホテルシェフ特製のイベント限定スイーツ・ドリンクとともに、ライフスタイルホテルこだわりの音楽とコーヒーを手掛けた、サウンドディレクター・Kenichiro Nishiharaさんとバリスタ・鈴木康夫さんの世界で活躍するお二人と、ホテル総支配人・西邦之さんのトークを楽しむ、最高のカフェ体験をこの機会にぜひ。 ▼イベント情報・参加チケット購入はこちら 日刊KELLY|名古屋の最新情報を毎日配信!2020.09.11【開催決定】ケリー編集部のイベント『ウィークエンド カーニバル 2020』https://kelly-net.jp/special/2020091105500830822.html?nextpage=3 次のページ… 優雅なホテルステイが叶う、洗練された客室をチェック 優雅なホテルステイが叶う、洗練された客室をチェック 瀬戸焼のルームプレートが目印。地元の伝統文化も大切にしています。 全室スクエアかつ仕切りのない客室。至福のリラックスタイムが叶います。 アメニティは、タイのナチュラルスパブランド「PANPURI」を採用しています。 すべての客室には、スイスの「GENEVA」の高音質なBluetoothスピーカーを設置。 【ニッコースタイル名古屋】 問い合わせ:052-211-8050(代) 住所:名古屋市中村区名駅5-20-13 チェックイン15:00〜 / チェックアウト~11:00 宿泊料:1泊朝食付き1万500円+税〜(2名1室利用時の1名分) https://nagoya.nikkostyle.jp/ 今後は名古屋ならではの文化や食を学ぶ、ワークショップも計画中。感性が刺激される空間で、ここでしかできない体験をしてみてはいかがですか。 photo / Atsuko Chiba ※掲載内容は2020年9月時点の情報です。 ※新型コロナウイルス感染症の影響で、掲載内容は予告なく変更する場合があります。公式サイト・SNSで事前に確認してから、お出かけください。 関連記事もチェック! 日刊KELLY|名古屋の最新情報を毎日配信!2020.10.101日限定メニューも!ホテル「ニッコースタイル名古屋」のカフェ・スイーツの魅力https://kelly-net.jp/enjoytoday/2020101006003032543.html 日刊KELLY|名古屋の最新情報を毎日配信!2020.09.11【開催決定】ケリー編集部のイベント『ウィークエンド カーニバル 2020』https://kelly-net.jp/special/2020091105500830822.html

Check!

1日限定メニューも!ホテル「ニッコースタイル名古屋」のカフェ・スイーツの魅力

1日限定メニューも!ホテル「ニッコースタイル名古屋」のカフェ・スイーツの魅力

「泊まらなくても行ってみたい」と注目の名古屋初ライフスタイルホテル「ニッコースタイル名古屋」が、2020年8月にオープン。11月8日(日)のケリー編集部のイベント「ウィークエンド カーニバル2020」では、ここでカフェ&トークイベントを開催します。 そこで今回は、一足早く編集部が会場を訪ね、イベント限定のスイーツを実食。素敵なホテルの写真と共に、気になるスイーツをレポートします。 1日限定メニューも!ホテル「ニッコースタイル名古屋」のカフェ・スイーツの魅力 「泊まらなくても行ってみたい」ライフスタイルホテルが誕生 8月7日(金)に名駅にオープンした、「ニッコースタイル名古屋」。「オークラ ニッコー ホテルズ」の新しいライフスタイルホテルブランド「ニッコースタイル」の第1号ホテルです。 高い天井に大きな本棚など、おしゃれなインテリアが置かれた「ロビーラウンジ」。 洗練されたインテリアや、落ち着きのある配色のロビーは、心地よい空気が流れています。「泊まらなくても行ってみたい」と、ホテル好きの方や感度の高い人たちの間で話題だとか。 そんな「ニッコースタイル名古屋」のロビーにて、ケリー編集部のイベント『ウィークエンド カーニバル 2020』が、11月8日(日)に開催されます。 「ケリー編集部のイベント『ウィークエンド カーニバル 2020』」の詳細はこちら。 日刊KELLY|名古屋の最新情報を毎日配信!2020.09.11【開催決定】ケリー編集部のイベント『ウィークエンド カーニバル 2020』https://kelly-net.jp/special/2020091105500830822.html イベントでは、ホテルシェフ特製スイーツ・ドリンクがセットに。このイベントのためだけに、シェフに「秋を感じる季節限定スイーツ」をリクエスト。試作品を食べに、編集部が早速伺いました。 調理人として約39年のキャリアを持つシェフが手掛ける、地元の素材を生かしたスイーツ 日本、フランス、スイス、アメリカなど様々なスタイルの料理を経験し、卓越した調理技術と豊富な知識を持つ黒田シェフ。自ら生産者の元へ足を運んで直接取引を行い、一緒に協力しながら、地元の良いものを取り入れた料理を提供しています。 「東海地方には、地元の一部の人しか知られていない、素晴らしい食材がたくさんあります。その食材をふんだんに使用することで、多くの人にアピールしたいです」 と話す黒田シェフが考案するスイーツには、東海エリアの生産者から仕入れた旬の食材が使われています。 芋・栗・かぼちゃのおいしさをギュッと一皿に。秋の味覚を楽しむ工夫も 大きな器の上で、アートのように盛り付けされた「栗のフォンダン」が登場! 黒田シェフが「秋の味覚を楽しめるように」との思いを込めて作った一皿には、栗のフォンダンと栗のムースのまわりに、栗の甘露煮とバニラアイス、さつま芋のチップス、かぼちゃのソースが添えられています。 栗のフォンダンにナイフを刺すと、中からとろっとした栗のクリームと、大きな栗の甘露煮がお目見え。ひと口食べると、濃厚な栗の甘さが広がり、ふんわりとラム酒の香りが後を引きます。 かぼちゃのソースやバニラビーンズ入りのアイスクリームと絡めて食べれば、また違った味わいに変化。特別な味覚の秋を満喫できる、イベントだけの傑作をぜひ味わって欲しいです! ケリー編集部のイベントも、お見逃しなく! 11月8日(日)のケリー編集部のスペシャルイベント「ウィークエンド カーニバル2020」では、ここでカフェ&トークイベントを開催。 ホテルシェフ特製のイベント限定スイーツ・ドリンクと共に、「ニッコースタイル名古屋」の音楽とコーヒーを手掛けた、サウンドディレクター・Kenichiro Nishiharaさんと、バリスタ・鈴木康夫さんのお二人と、ホテル総支配人・西邦之さんのトークを楽しめる内容となっています。 ▼イベント情報・参加チケット購入はこちら 日刊KELLY|名古屋の最新情報を毎日配信!2020.09.11【開催決定】ケリー編集部のイベント『ウィークエンド カーニバル 2020』https://kelly-net.jp/special/2020091105500830822.html?nextpage=3 最高のコーヒーと音楽、ライフスタイルホテルならではのカフェタイム 最高のコーヒーと音楽、ライフスタイルホテルならではのカフェタイム 「トランクコーヒー」とコラボレーションしたオリジナルブレンドコーヒーは、日本に数台しかない「Poursteady」で自動抽出。 Kenichiro Nishiharaさんがホテルのために選曲したBGMは、24時間一度も同じ曲が流れることがありません。「コミューナルロビー」には本格的なDJブースも設置。 このホテルから新たな風が吹き始めそうな予感。ぜひ感性が刺激される空間で、ここでしかできない体験を味わってみませんか? 編集部のイベント『ウィークエンド カーニバル 2020』もお楽しみに! ニッコースタイル名古屋 問い合わせ 052-211-8050(代) 住所 名古屋市中村区名駅5-20-13 チェックイン15:00〜 / チェックアウト~11:00 宿泊料 1泊朝食付き1万500円+税〜(2名1室利用時の1名分) https://www.okura-nikko.com/ja/japan/nagoya/nikko-style-nagoya/ ★関連記事 日刊KELLY|名古屋の最新情報を毎日配信!2020.09.25名古屋初のライフスタイルホテル「ニッコースタイル名古屋」で、音楽とコーヒ...https://kelly-net.jp/enjoytoday/2020092505504431575.html「オークラ ニッコー ホテルズ」が手がける新ブランド「ニッコースタイル」の第1号ホテルが、今年8月に開業しました。注目すべきは、「街の人とホテルゲストがつながる場所」を目指したエントランス。ホテルの象徴的な空間「コミューナルロビー」は、宿泊者だけでなく、地元住民にも開かれたロビーとして、食や音楽、アートに触れることができます。 ※掲載内容は2020年10月現在の情報です。

LINEお友だち登録

RANKING ランキング

TAGS #人気のタグ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY7月号(2024年5月23日発売)おいしいパンとカフェ

特集の目次を見る

Please Share

Style’s Note -Music Session-

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. 名古屋
  3. 名古屋駅周辺
  4. Style’s Note -Music Session-

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。