ローディング

トライアローグ横浜美術館・愛知県美術館・富山県美術館 20世紀西洋美術コレクション

  • twitter
  • facebook
  • line

最終更新日:2021/04/12

3館が共鳴し合う、充実のコレクション展

国内にある美術館の中でも各地域を代表する公立美術館である、横浜美術館、愛知県美術館、富山県美術館。20世紀の西洋美術をコレクションの軸として築き上げてきた3館が、”トライアローグ=三者会談“の通りに、これまで築いてきたコレクションを互いに響き合わせ、補い合っています。

今回の展覧会は、ピカソ、ミロ、ダリのように美術という概念を刷新しながら多様な表現を生んだ巨匠たちから、ウォーホル、ベーコンといった、第二次世界大戦以降の現代アート作家まで、約60人のアーティストたちが手がけてきた120点以上の作品が大集結。

1900年代から1980年代で変化した、西洋美術の「地殻変動」「磁場変換」「多元化」といったテーマを30年ごとに区切り、振り返る渾身のコレクションをご覧ください。

「トライアローグ横浜美術館・愛知県美術館・富山県美術館 20世紀西洋美術コレクション」

開催期間
4月23日(金)~6月27日(日)
会場
愛知県美術館(名古屋市東区東桜1-13-2愛知芸術文化センター10F)
お問い合わせ
052-971-5511(代)
営業時間
10:00~18:00(金曜は~20:00)※最終入館は各閉館の30分前
休館日
月曜(5/3は開館)、5/6
料金
一般1400円、高大生1100円、中学生以下は無料 
公式サイト
https://www-art.aac.pref.aichi.jp/

ルネ・マグリット《王様の美術館》1966年 横浜美術館
※掲載内容は2021年3月時点の情報です
※新型コロナウイルス感染症の影響で、掲載内容は予告なく変更する場合があります。公式サイト・SNSで事前にご確認ください。

SPECIAL

SPECIAL

VIEW ALL

RECOMMEND

RECOMMEND

  • twitter
  • facebook
  • line