ローディング

『いきものたちはわたしのかがみ ミロコマチコ』

  • twitter
  • facebook
  • line

最終更新日:2021/05/27

ミロコマチコが描く、空想の世界へ

愛知県・刈谷市の刈谷市美術館で、『いきものはわたしのかがみ ミロコマチコ』が6月6日まで開催されています。新作が常に期待される絵本作家の一人、ミロコマチコ。デビュー作『オオカミがとぶひ』で「第18回日本絵本賞大賞」、愛猫・てつぞうとの日々を綴った『てつぞうはね』で「第45回講談社出版文化賞 絵本賞」を受賞し、国内外の絵本賞や文芸賞も立て続けに表彰されるほど。最近では画家としての注目も高まり、生き物や植物をキャンバスいっぱいに描いた、のびのびとした作風が人気を博しています。そんな彼女の多岐に渡る活躍ぶりを200点以上の作品で、確かめられるのが今回の企画展。近作・新作を中心とした絵画や絵本原画に留まらず、書籍の装画、雑誌の表紙、立体作品、アートディレクションなど、これまで手がけた数々の作品を一度で楽しめます。鮮やかでパワフルなタッチのミロコマチコワールドを堪能してみては。

いきものたちはわたしのかがみ ミロコマチコ

場所
刈谷市美術館(愛知県刈谷市住吉町4-5)
お問い合わせ
0566-23-1636
時間
9:00~17:00(最終入館は16:30)
休館日
月曜 
料金
一般1000円、高大生800円、中学生以下は無料
公式サイト
https://mirocomachiko-cm.exhibit.jp/


《春》2021年 ©mirocomachiko
※掲載内容は2021年4月時点の情報です
※新型コロナウイルス感染症の影響で、掲載内容は予告なく変更する場合があります。公式サイト・SNSで事前にご確認ください。

SPECIAL

SPECIAL

VIEW ALL

RECOMMEND

RECOMMEND

  • twitter
  • facebook
  • line