ローディング

『三沢厚彦 ANIMALS 2021 in TOYOHASHI』

  • twitter
  • facebook
  • line

最終更新日:2021/08/02

現代日本を代表する彫刻家として名を広めてきた三沢厚彦。そんな彼が、身近な小動物から大型動物、さらに空想上の生き物まで、多種多様な動物を造形化した人気シリーズ「ANIMALS」が愛知・豊橋で開催。豊橋市美術博物館では、彼のウサギをモチーフとする3点を設置し、来館者に親しまれてきたが、この夏アニマルたちが大集合。立体作品を中心に、平面作品や原点となる初期作品など約130点が一挙にお目見え。クスノキを主材として作られた動物たちは、ただ形態を再現したものでなく、作者の中にある動物のイメージを造形化した作品となっている。なかでも昨年完成した「キメラ」は背中に疫病除けのアマビエも彫られており、圧巻の迫力だ。この夏、多様な広がりを見せる三沢ワールドに浸ってみて。

三沢厚彦 ANIMALS 2021 in TOYOHASHI

開催期間
7月17日(土)~8月29日(日) 
会場
豊橋市美術博物館(愛知県豊橋市今橋町3-1)
お問い合わせ
0532-51-2882 
時間
9:00~17:00(入場は16:30まで)
休館日
月曜、8/10(8/9は開館) 
料金
一般1200円、小中高生600円

Animal 2016-01 2016年
撮影:渡邉郁弘 Ikuhiro Watanabe
©Atsuhiko Misawa, Courtesy of Nishimura Gallery

※掲載内容は2021年6月時点の情報です
※新型コロナウイルス感染症の影響で、掲載内容は予告なく変更する場合があります。公式サイト・SNSで事前にご確認ください。

SPECIAL

SPECIAL

VIEW ALL

RECOMMEND

RECOMMEND

  • twitter
  • facebook
  • line