絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#アート

2021.12.24fri

杉浦非水 時代をひらくデザイン

東海地方初の大回顧展に注目。

日本におけるモダンデザインのパイオニアとして知られる杉浦非水。彼は画家を目指して上京しましたが、洋画家・黒田清輝との出会いをきっかけにデザインの道に進みます。27年間にわたり三越呉服店の広告を手掛け、本の装丁やパッケージデザインでも、巧みなデザインによってその名を知らしめることに。今回の展示では、代表作を始め、制作の背景を示すスケッチや写真、資料300件が公開され、明治、大正、昭和を生きた彼の生涯をたどっています。非水と洋画家・中澤弘光は、与謝野晶子の歌集「みだれ髪」に感銘を受け、歌に絵を添えた《みだれ髪歌がるた》を共に制作。このカルタは、これまでまとめて展示されることはなかったが、現存する28枚が前・後期に分けられ、三重会場でのみ公開されます。記念講演会(要予約)も見逃せません。

『杉浦非水 時代をひらくデザイン』

会場
三重県立美術館(三重県津市大谷町11)
時間
9:30~17:00 ※最終入館は閉館30分前まで
休館日
月曜(1/10開館)、12/29~1/3、1/11
料金
1000円
お問い合わせ
059-223-0570 
公式サイト
https://www.bunka.pref.mie.lg.jp/art-museum/

《東洋唯一の地下鉄道 上野浅草間開通》
1927年 愛媛県美術館

※掲載内容は2021年11月時点の情報です
※新型コロナウイルス感染症の影響で、掲載内容は予告なく変更する場合があります。公式サイト・SNSで事前にご確認ください。

MAGAZINE 月刊ケリー

月刊KELLY

KELLY2月号(2021年12月22日発売)神社とお寺 と、おやつ

特集の目次を見る

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

杉浦非水 時代をひらくデザイン

WRITER

Tae Ishino

Tae Ishino

愛知県刈谷市出身。保育士から編集者へ転身。体に良いことはすぐ試してみたい自称・健康志向。広告コピーにハマり、ステキな言葉をインプット中。心地よい文章を届けたい。

  1. トップページ
  2. EVENT
  3. Tae Ishino
  4. 杉浦非水 時代をひらくデザイン

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。