絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#アート

2022.2.14mon

『ゴッホ展-響きあう魂 ヘレーネとフィンセント』

画家と収集家の魂の交流をご覧あれ。
2月23日(水)~4月10日(日)まで名古屋市美術館で『ゴッホ展-響きあう魂 ヘレーネとフィンセント』が開催され、《ひまわり》で有名なオランダの画家フィンセント・ファン・ゴッホの作品約50点を展示。今回は、作品を通じて深い結びつきを得た、ゴッホと彼の世界最大の個人収集家であるヘレーネ・クレラ―=ミュラーの関係に焦点を当て、ゴッホの魅力に迫っています。彼女は、彼の芸術に深い精神性を見出して収集活動に打ち込み、のちに自身の美術館を設立。ゴッホ作品を広く公開してきました。そんな美術館のコレクションから、選りすぐりの油彩画28点と素描版画20点、そしてミレー、ルノワール、スーラ、ルドン、モンドリアンらの作品20点も合わせて展示されます。今回は、ファン・ゴッホ美術館からも《黄色い家(通り)》を含む4点が登場。16年ぶりに来日する、プロヴァンス時代の集大成と言われている《夜のプロヴァンスの田舎道》は必見です。

『ゴッホ展-響きあう魂 ヘレーネとフィンセント』

お問い合わせ
050-5542-8600(9:00~20:00)
会場
名古屋市美術館(名古屋市中区栄2-17-25)
開催期間
2月23日(水)~4月10日(日)
時間
9:30~17:00、金曜は~20:00※最終入場は閉館30分前まで
休館日
3/7(月)、3/28(月) 
料金
平日1900円、土日祝2000円※日時指定予約制 
公式サイト
https://gogh-nagoya.jp/

フィンセント・ファン・ゴッホ《夜のプロヴァンスの田舎道》1890年5月12-15日頃
クレラー=ミュラー美術館蔵
©Kröller-Müller Museum, Otterlo, The Netherlands
※掲載内容は2022年2月時点の情報です
※価格は税込み表記です
※新型コロナウイルス感染症の影響で、掲載内容は予告なく変更する場合があります。公式サイト・SNSで事前にご確認ください。

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY11月号(2022年9月21日発売)この秋したいこと全部!

特集の目次を見る

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

『ゴッホ展-響きあう魂 ヘレーネとフィンセント』

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. EVENT
  3. 中区
  4. 『ゴッホ展-響きあう魂 ヘレーネとフィンセント』

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。