絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#アート

2022.7.27wed

瀬戸内海の島々を舞台にした、現代アートの祭典「瀬戸内国際芸術祭 2022」が開催!

“海の復権”をテーマに掲げた「瀬戸内国際芸術祭」は、香川県、岡山県の瀬戸内海の美しい島々を舞台に、3年に一度開催される現代アートの祭典。世界的な前衛芸術家、草間彌生の作品『赤かぼちゃ』で有名な現代アートの聖地「直島」をはじめ、12の島々と高松港、宇野港の2つの港が会場となっている日本最大の芸術祭です。

瀬戸内の美しい自然と調和し、そこでしか見ることのできないアート作品が島々に点在。訪れた人は船で会場を巡り、現代アートを通して島固有の歴史・文化・風習を感じることができます。2010年から始まり、今年で5回目を迎える「瀬戸内国際芸術祭」。前回の2019年の際は、日本全国、世界中から約118万人が訪れました。美しい海風に吹かれ、瀬戸内の島々を巡りながら、現代アートを身近で感じてみてはいかがでしょうか。

瀬戸内国際芸術祭 2022

開催期間
夏会期 2022年8月5日(金)~9月4日(日)
秋会期 2022年9月29日(木)~11月6日(日)
会場
直島、豊島、女木島、男木島、小豆島、大島、犬島、沙弥島(春)、本島(秋)、高見島(秋)、粟島(秋)、伊吹島(秋)、高松港・宇野港周辺
作品鑑賞パスポート
3シーズンパスポート(すべての会期で有効):一般5000円、16〜18歳3100円(要身分証)
会期限定パスポート(春用・夏用・秋用):一般4200円、16〜18歳2600円(要身分証)
※15歳以下 鑑賞無料(一部作品、施設を除く)
問い合わせ
087-813-2244(瀬戸内国際芸術祭総合案内所)
公式サイト
https://setouchi-artfest.jp/

※価格は税込み表記です
※掲載内容は2022年7月時点の情報です

RANKING ランキング

TAGS #人気のタグ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY1月号(2022年11月22日発売)東海グルメニュース総決算2022

特集の目次を見る

Please Share

瀬戸内海の島々を舞台にした、現代アートの祭典「瀬戸内国際芸術祭 2022」が開催!

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. EVENT
  3. アート
  4. 瀬戸内海の島々を舞台にした、現代アートの祭典「瀬戸内国際芸術祭 2022」が開催!

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。