絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#おでかけ

2022.8.2tue

国際芸術祭「あいち2022」

最先端の芸術を「あいち」から発信!
3年に1度開催される、国内最大規模の国際芸術祭の一つであり、国内外から100組のアーティストが参加する73日間の芸術祭。「あいち2 0 2 2 」は、「STILL ALIVE 今、を生き抜くアートのちから」をテーマに、愛知芸術文化センターの他、一宮市、常滑市、有松地区(名古屋市)を会場として広域に展開する。芸術監督には、愛知県出身の森美術館館長・片岡真実を迎え、現代美術・パフォーミングアーツ・ラーニングのジャンルを横断し、未来へ継承する最先端の芸術を「あいち」から世界へと発信。五感で作品を感じ、過去、現在、未来という時間軸を往来しながら「STILL ALIVE」を考え、多様な芸術の美しさに触れることができるなど、心動かされる体験が待っています。

国際芸術祭「あいち2022」

お問い合わせ
052-971-3111(愛知芸術文化センター)
会場
愛知芸術文化センター、一宮市、常滑市、有松地区(名古屋市)  
開催期間
~10月10日(月)
時間
各会場により異なる 
休館日
愛知芸術文化センター・一宮市:月曜(祝日は除く)、常滑市・有松地区:水曜
料金
フリーパス 3000円、1DAYパス 1800円 
公式サイト
aichitriennale.jp


百瀬文
《Jokanaan》2019
愛知県美術館蔵
※掲載内容は2022年7月時点の情報です
※価格は税込み表記です
※新型コロナウイルス感染症の影響で、掲載内容は予告なく変更する場合があります。公式サイト・SNSで事前にご確認ください。

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY9月号(2022年7月23日発売)かき氷とパフェ、アイスクリーム

特集の目次を見る

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

国際芸術祭「あいち2022」

WRITER

Mai Shimomura

Mai Shimomura

岐阜県出身。スタジオやブライダルでの 撮影経験を6年経て、編集者へ転身。 カメラと映画が好きなミーハー女子。 素敵な出会いを写真に記録しながら、 みんなの心に届くモノを発信したい。

  1. トップページ
  2. EVENT
  3. Mai Shimomura
  4. 国際芸術祭「あいち2022」

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。