絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

今週末、何する? (5月20、21日)
#EVENT

2023.5.15mon

今週末、何する? (5月20、21日)

今週末に、東海エリアで開催されているイベントや、最新の新店情報をお届け!ぜひ週末のおでかけの参考にしてみてください♪

特別な音楽体験を。「飛騨高山ジャズフェスティバル(hidajazz2023)」が今年も開催!

開催期間:2023年5月20日(土)
「飛騨高山ジャズフェスティバル(hidajazz2023)」が高山市「飛騨の里」にて開催決定! 全4ステージを特別設営では、国内外から集う多彩なミュージシャンやローカルミュージシャンによる飛騨を熱狂の渦に包むライブパフォーマンスが楽しめます。

Check!

特別な音楽体験を。「飛騨高山ジャズフェスティバル(hidajazz2023)」が今年も開催!

特別な音楽体験を。「飛騨高山ジャズフェスティバル(hidajazz2023)」が今年も開催!

2023年5月20日(土)、「飛騨高山ジャズフェスティバル(hidajazz2023)」が高山市「飛騨の里」にて開催決定! 会場となる「飛騨の里」は、重厚な合掌造り家屋や古民家が並ぶ、飛騨が誇る野外ミュージアム。今回は、屋内外に3ステージと、ミニステージの全4ステージを特別設営! 3つのステージでは、国内外から集う多彩なミュージシャンたちが出演。飛騨を熱狂の渦に包むライブパフォーマンスが楽しめます。また、ローカルミュージシャンによるミニステージは、飛騨のローカルスタッフと一流ミュージシャンたちがつくりあげる“特別な音楽体験空間”。ジャズにとどまらず、ソウル、ボサノヴァ、クラブミュージックなど、クロスオーバーする音楽を存分に堪能できます! さらに、地元民が愛する飛騨の名店が並ぶ“フード&ドリンクエリア”もフェスの魅力のひとつ。地元の方々には馴染みのある、そして飛騨に初めて来る人には新しいフード&ドリンクも続々登場します! 迫力ある自然と伝統家屋に囲まれた会場で、ミュージシャンの圧倒的なパフォーマンスとローカルフードを楽しんでみてはいかがでしょうか? 飛騨高山ジャズフェスティバル(hidajazz2023) 開催日時 2023年5月20日(土)11:00~22:00 場所 飛騨の里(岐阜県高山市上岡本町1−590) 入場料 当日券/8500円 前売り券/7800円 ※チケットは公式webサイトで販売 公式サイト https://hidatakayama-jazz.com/ アクセス JR「高山駅(白山口)」よりシャトルバスが巡回予定 ※掲載内容は2023年4月時点の情報です ※価格は税込み表記です

【チケット絶賛発売中】世界最高峰の台船演出「名港水上芸術花火2023」が開催!

開催期間:2023年5月20日(土)
名古屋港ガーデンふ頭にて行われる「名港水上芸術花火2023」。名古屋港の水上に打ちあがる、国内最高峰の花火師達の芸術玉を、大迫力の演出とロケーションで楽しむことができる、年に一度の大人気花火イベントです。

Check!

【チケット絶賛発売中】世界最高峰の台船演出「名港水上芸術花火2023」が開催!

【チケット絶賛発売中】世界最高峰の台船演出「名港水上芸術花火2023」が開催!

2023年5月20日(土)に、名古屋港ガーデンふ頭にて行われる「名港水上芸術花火2023」。名古屋港の水上に打ちあがる、国内最高峰の花火師達の芸術玉を、大迫力の演出とロケーションで楽しむことができる、年に一度の大人気花火イベントです。 音楽のリズム・メロディー・楽器・歌詞・ボーカルに合わせて花火を打ち上げる“グレートスカイアート”や、会場のロケーション、地域性を取り入れた大胆な演出は、従来の花火大会では体験できない、まさに水上に打ちあがる芸術作品。 さらに、花火の迫力や美しさはそのままに、昨年度よりもチケット価格が少しお手頃になっているのも、うれしいポイント♪ 高度な技術によってのみ可能となる「名港水上芸術花火2023」の美しい風景は、忘れられない初夏の思い出になるはず。 名港水上芸術花火2023 会場 名古屋港ガーデンふ頭(愛知県名古屋市港区港町) 開催日時 2023年5月20日(土) 時間 19:35~20:35(開場は17:30)※荒天・時化の場合中止 料金 迫力シートペア席(2名)26,000円、一般応援席(1名)6500円、体験ベンチシート席(1名)3500円、桟敷席(5名)50000円、カメラマン(1名)3万円※予定枚数に達し次第終了 ※詳しくは公式サイトをチェック チケット販売サイト ローソンチケットl-tike.com/nagoya-hanabi 楽天チケットr-t.jp/nagoya-hanabi Boo-Wooチケットhttps://l-tike.com/bw-ticket/event/nagoya-hanabi/ 公式サイト www.nagoya-hanabi.com/ アクセス 名港線「名古屋港駅」より徒歩で約5分 ※掲載内容は2023年4月時点の情報です ※価格は税込み表記です

ねこのほそ道

開催期間:2023年2月25日(土)~5月21日(日)
猫たちに焦点を当てた”猫的なるもの“の作品が一堂に会する、人間の視点から少し離れ、猫の視点で世界を探ってみる本展。個性的な個々の作品を観て体感して、世界の見方が変わるかもしれない新しい発見をしてみてはいかが。

Check!

ねこのほそ道

ねこのほそ道

人間の視点からずらした、猫の視点で探る現代アート。  絵画・浮世絵の展覧会やインターネット上で人気を集めている猫。”猫ブーム“到来とも言われている今、現代美術からの視点で猫を眺めてみると、かわいさだけでなく、猫の特性とともに多面的な面が見えてきます。そんな猫たちに焦点を当てた”猫的なるもの“の作品が一堂に会する、人間の視点から少し離れ、猫の視点で世界を探ってみる本展。泉太郎や大田黒衣美、落合多武、岸本清子、佐々木健、五月女哲平の6人の美術家と、中山英之と砂山太一の1組の建築家が考える自由、野生、ユーモア、ナンセンスあふれる、自然と人工の間を自在に行き来する猫のような作品を通し、現代美術を紹介します。人間中心の視点から少しずらした世界の見え方とは。個性的な個々の作品を観て体感して、世界の見方が変わるかもしれない新しい発見をしてみてはいかが。 『ねこのほそ道』 お問い合わせ 0565-34-6610 会場 豊田市美術館(愛知県豊田市小坂本町8-5-1) 開催期間 2月25日(土)~5月21日(日) 時間 10:00~17:30(最終入館は17:00) 休館日 月曜 料金 1000円 公式サイトhttps://www.museum.toyota.aichi.jp/ 佐々木健《 ねこ》 2017年 油彩、カンヴァス  個人蔵 Courtesy of the artist and Gomike ※掲載内容は2023年1月時点の情報です ※価格は税込み表記です ※新型コロナウイルス感染症の影響で、掲載内容は予告なく変更する場合があります。公式サイト・SNSで事前にご確認ください。

『鬼滅の刃』 吾峠呼世晴原画展

開催期間:2023年3月25日(土)~5月28日(日)
大人気漫画『鬼滅の刃』初となる原画展。原作漫画ならではの世界観を表現した迫力ある展示など見どころ満載です。

Check!

『鬼滅の刃』 吾峠呼世晴原画展

『鬼滅の刃』 吾峠呼世晴原画展

大人気漫画『鬼滅の刃』初となる原画展。  『週刊少年ジャンプ』にて連載し、大ヒットを記録するほど大人気となりながら完結を迎えた『鬼滅の刃』。初となる原画展では、会場でしか見ることのできない作者・吾峠呼世晴の描きおろしイラストや想いの詰まった直筆原画が約380点も展示されます。原作漫画ならではの世界観を表現した迫力ある展示など見どころ満載! 『鬼滅の刃』 吾峠呼世晴原画展 お問い合わせ 050-5809-5220 会場 金山南ビル美術館棟(名古屋市中区金山町1-1-1)  開催期間 2023年3月25日(土)~5月28日(日) 時間 10:00~19:00(最終入館は18:00)  休館日 無休 料金 2000円 公式サイトhttps://kimetsuten.com/ ©吾峠呼世晴/集英社 ※掲載内容は2023年2月時点の情報です ※価格は税込み表記です ※新型コロナウイルス感染症の影響で、掲載内容は予告なく変更する場合があります。公式サイト・SNSで事前にご確認ください。

幻想的な光の世界を楽しめる「なばなの里イルミネーション」が今年も開催!

開催期間:2022年11月22日(火)~2023年5月31日(水)
2004年から開催し、毎年多くの人が訪れる「なばなの里イルミネーション」は今年で19回目を迎えます。今年の会場のテーマは「天空の船」。巨大な帆船と大海原を舞台に、ダイナミックな世界感を演出します。

Check!

幻想的な光の世界を楽しめる「なばなの里イルミネーション」が今年も開催!

幻想的な光の世界を楽しめる「なばなの里イルミネーション」が今年も開催!

巨大な帆船、幻想的な海が魅せる光の世界 2004年から開催し、毎年多くの人が訪れる「なばなの里イルミネーション」は今年で19回目を迎えます。今年の会場のテーマは「天空の船」。巨大な帆船と大海原を舞台に、ダイナミックな世界感を演出します。 また、毎年大人気の200mにわたる「光のトンネル」や、水上イルミネーション「光の大河」、「ツインツリー」をはじめ、樹齢1000年オリーブ大樹を囲み、美しいたくさんの輝きがあふれる新登場のミレニアムガーデン「光の森」や、100mの光のトンネル「紅葉(もみじ)」など見どころ盛りだくさん! 行くたびに違う表情を見せてくれる「なばなの里イルミネーション」で、今年もロマンチックなひとときを過ごして。 なばなの里イルミネーション 問い合わせ 0594-41-0787 場所 三重県桑名市長島町駒江漆畑270 開催期間 2022年10月22日(土)~2023年5月31日(水) 時間 10:00~21:00(~22:00までの延長営業日あり)※点灯時間は日没~閉園 料金 2500円(里内で利用できる金券1000円分付) アクセス 伊勢湾岸自動車道「湾岸長島IC」より車で約10分 公式サイト https://www.nagashima-onsen.co.jp/nabana/illumination/index.html

大府市で「器と暮らし市 vol.3」開催!ライフスタイルを彩る器や道具に出合える2日間 【愛知】

開催期間:2023年6月3日(土)、6月4日(日)
大府市にある「あいち健康の森公園」で、「器と暮らし市 vol.3」を開催。ぬくもりを感じる素朴な一皿から、作り手の個性が光る作家ものまで、食卓を彩り、心が豊かになるような素敵な器が集合します。

Check!

大府市で「器と暮らし市 vol.3」開催!ライフスタイルを彩る器や道具に出合える2日間 【愛知】

大府市で「器と暮らし市 vol.3」開催!ライフスタイルを彩る器や道具に出合える2日間 【愛知】

2023年6月3日(土)、6月4日(日)の2日間、大府市にある「あいち健康の森公園」で、「器と暮らし市 vol.3」が開催されます。 常滑焼や瀬戸焼、美濃焼など、有名な焼き物がたくさんある東海地区。「器と暮らし市」では、ぬくもりを感じる素朴な一皿から、作り手の個性が光る作家ものまで、食卓を彩り、心が豊かになるような素敵な器が集合します。 また、「器ゾーン」の他、丁寧な暮らしに導いてくれる道具や植物などの物販やワークショップを開催する「暮らしゾーン」や、グルメやドリンクを楽しめるフードトラックも登場。さらに今回、新企画として、こだわりのおいしいコーヒーとおいしい焼き菓子を集めた「珈琲と焼菓子のこみち」も同時開催します! ライフスタイルを彩る器や道具たちに出合える「器と暮らし市」に、ぜひ足を運んでみてください。 器と暮らし市 vol.3 開催日 2023年6月3日(土)・6月4日(日) ※雨天決行・荒天中止 開催時間 10:00~16:00 会場 あいち健康の森公園 大芝生広場 (愛知県大府市森岡町9-300) 入場料 無料 ※会場内及び大芝生広場へのペット入場不可 公式サイト https://utsuwatokurashi.jp/ Instagram @utsuwatokurashi ※掲載内容は2023年4月時点の情報です

【見学無料】農場開放デー「オープンファーム」が6/4に開催!生産者とつながる体験や新鮮直売も

開催期間:2023年6月4日(日)
全国各地の生産者が農場を一般向けに開放するイベント「オープンファーム」が開催されます。消費者と生産者がつながり信頼関係を築いていくことを目的とした、東三河発祥の農業イベントです。

Check!

【見学無料】農場開放デー「オープンファーム」が6/4に開催!生産者とつながる体験や新鮮直売も

【見学無料】農場開放デー「オープンファーム」が6/4に開催!生産者とつながる体験や新鮮直売も

2023年6月4日(日)、全国各地の生産者が農場を一般向けに開放するイベント「オープンファーム」が開催されます。消費者と生産者がつながり信頼関係を築いていくことを目的とした、東三河発祥の農業イベントです。 今回は、愛知・東三河エリアを中心に、福島、静岡、滋賀の農場も参加。採れたての新鮮な野菜・果物などの直売、収穫体験、育て方の講習、写真撮影など、さまざまな形で農業とふれあえます。 消費者が農場に足を運び、生産者とつながれる、半年に一度の“農場開放デー”。普段はできない体験や出会いが満載のイベントへ、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。 農場開放デー「オープンファーム」 問い合わせ [email protected] 開催日時 2023年6月4日(日)10:00~16:00 場所 各自の農場 (開催農場は公式サイトをチェック) 料金 見学無料 公式サイト https://openfarm.jp/ ※掲載内容は2023年4月時点の情報です

アニメージュとジブリ展

開催期間:2023年4月22日(土)~6月11日(日)
雑誌『アニメージュ』の1978年創刊当時から80年代に焦点を当てた本展。当時大ブームとなったアニメや、鈴木敏夫が後のジブリにつながる高畑勲・宮﨑駿両監督を見出し、『風の谷のナウシカ』などの映画製作に傾倒するまでの道のりを紹介します。

Check!

アニメージュとジブリ展

アニメージュとジブリ展

アニメとスタジオジブリの原点を探る。 雑誌『アニメージュ』の1978年創刊当時から80年代に焦点を当てた本展。当時大ブームとなったアニメや、鈴木敏夫が後のジブリにつながる高畑勲・宮﨑駿両監督を見出し、『風の谷のナウシカ』などの映画製作に傾倒するまでの道のりを紹介します。鈴木敏夫の志向性が色濃く出たファンにはたまらない懐かしい表紙や付録の展示にも注目。 『アニメージュとジブリ展』 お問い合わせ 052-251-1111(代) 会場 松坂屋美術館(愛知県名古屋市中区栄3-16-1 松坂屋名古屋店 南舘7F) 開催期間 2023年4月22日(土)~6月11日(日) 時間 10:00~18:00(6/11は~17:00)※最終入館は各閉館時間の30分前 休館日 無休 料金 1500円 公式サイトhttps://www.ctv.co.jp/animage-ghibli-nagoya/ ©Studio Ghibli ^Kanyada ※掲載内容は2023年3月時点の情報です ※価格は税込み表記です ※新型コロナウイルス感染症の影響で、掲載内容は予告なく変更する場合があります。公式サイト・SNSで事前にご確認ください。

尾張旭市の名産を使ったグルメや観光スポットを巡る、デジタルスタンプラリーを開催! 【愛知・尾張旭市】

開催期間:2023年4月1日(土)~6月30日(金)
市内の飲食店が手がけるオリジナルメニューや4カ所の観光スポットを巡って、スタンプを集める「尾張旭グルメ デジタルスタンプラリー」を開催します。

Check!

尾張旭市の名産を使ったグルメや観光スポットを巡る、デジタルスタンプラリーを開催! 【愛知・尾張旭市】

尾張旭市の名産を使ったグルメや観光スポットを巡る、デジタルスタンプラリーを開催! 【愛知・尾張旭市】

2023年4月1日(土)~6月30日(金)、尾張旭市では、市内の飲食店が手がけるオリジナルメニューや4カ所の観光スポットを巡って、スタンプを集める「尾張旭グルメ デジタルスタンプラリー」を開催します。今回で第3弾となるこちらのイベントでは、尾張旭市の特産品いちじくと紅茶を使った新商品やメニューが楽しめる「旭色」グルメと、“○○すぎる”をテーマに“推し”メニューをアピールする「あさひ推しいろ」グルメを提供する飲食店の計41店が参加。各店が作るそれぞれの特色を生かしたグルメを味わいながらポイント取得を目指しましょう! 「旭色」グルメ初参加店舗のうちの一つ、日本料理を提供する「楽宴活菜 鈴松」は、紅茶を使って炊いた米を使用した「尾張旭白焼重」を提供。紅茶のミネラルでうま味を引き立たせた米と鰻の白焼きをお店秘伝の合わせ醤油と一緒に味わってください。 今回のキャンペーンから発足した「あさひ推しいろ」グルメを考案した「洋食榮屋」は、地元民に愛され続ける人気店です。推しメニューは、“ドデカすぎる”エビフライ! 約25cmの大きな有頭エビは濃厚でプリプリとした食感が特徴です。また、ライスやスープなどはセルフサービスで食べ放題! ボリューム満点でお腹も心も満たされること間違いなしです。 スタンプラリーの参加方法はとっても簡単♪ 自身のスマートフォンを使って、対象のお店や観光スポットに設置されている「二次元コード」を読み取ってスタンプをゲット! 3ポイントまたは、5ポイント以上集めて抽選に応募すると素敵なプレゼントが当たります。「旭色」「あさひ推しいろ」に染まったグルメや観光スポットへ訪れて、ポイントゲットを目指しましょう。 詳しくはこちらをチェック! 尾張旭グルメ デジタルスタンプラリー 問い合わせ 0561-76-8137 開催期間 2023年4月1日(土)~6月30日(金) 公式サイト owariasahishi.com/asahiiro ※掲載内容は2023年3月時点の情報です

INAXライブミュージアム展覧会「石井春 時を旅する色・形・窯」

開催期間:2023年4月8日(土)~7月18日(火)
とやきものの魅力を伝える文化施設「INAXライブミュージアム」にて、展覧会「石井春 時を旅する色・形・窯」が開催。色鮮やかな釉薬の艶感、やきものらしい肌目を見て、洗練された美しさを感じてみませんか?

Check!

INAXライブミュージアム展覧会「石井春 時を旅する色・形・窯」

INAXライブミュージアム展覧会「石井春 時を旅する色・形・窯」

2023年4月8日(土)~7月18日(火)まで、土とやきものの魅力を伝える文化施設「INAXライブミュージアム」にて、展覧会「石井春 時を旅する色・形・窯」が開催されます。 「アズレージョ」と呼ばれる白地にブルーの彩色が鮮やかなポルトガルのタイルに出会ったことをきっかけに、約30年にわたって伝統に縛られない独自の表現によるオブジェやタイル作品をつくり続けている造形作家の石井春さん。 本展では、新作3作を含む色とりどりで大胆な意匠の造形作品を、100年余の歴史を刻んだ窯を抱く空間で鑑賞することができます。作品と会場が一体となって、まるで異国の地を旅するように観る人を新たな出会いへと導きます。 色鮮やかな釉薬の艶感、やきものらしい肌目を見て、洗練された美しさを感じてみませんか? 『石井春 時を旅する色・形・窯』 会場 INAXライブミュージアム「窯のある広場・資料館」2階 (愛知県常滑市奥栄町1-130) 開催期間 2023年4月8日(土)~7月18日(火) 休館日 水曜日(祝日の場合は開館) 観覧料 700円 公式サイト https://livingculture.lixil.com/ilm/see/exhibit/ishiiharu/ ※掲載内容は2023年3月時点の情報です ※価格は税込み表記です

LINEお友だち登録

RANKING ランキング

TAGS #人気のタグ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY7月号(2024年5月23日発売)おいしいパンとカフェ

特集の目次を見る

Please Share

今週末、何する? (5月20、21日)

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. EVENT
  3. KELLY Editors
  4. 今週末、何する? (5月20、21日)

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。