ローディング

MAGAZINE

MAGAZINE

KELLY MAGAZINE

月刊KELLY12月号(2021年10月22日発売)

編集部のお気に入り

愛知・岐阜・三重に愛着がある、好奇心旺盛、流行大好きミーハー気質、そして好きになったらトコトンしつこく(笑)。それが月刊・日刊ケリーを作る編集部メンバーの共通項。小誌の創刊は1987年。昭和・平成・令和と時代が変化しても編集部の子のキャラは脈々と不変です。地元には好きにならずにはいられないアレコレが充満しているから、編集部メンバーはお気に入りだらけ。今号では、そんな「好き」のキャパシティーがパンク寸前の編集部のお気に入りを、赤裸々大放出いたします。グルメ、スポット、素敵な町、買ってよかったモノ…。紹介したいコトがありすぎて、実はここにあげるのはほんの一部です。ここで直訴します、「編集長、次回は増ページでこの特集をやらせてください!」(ケリー編集部・桑原)

2021/10/22  お詫びと訂正

2021/10/22お詫びと訂正

KELLY MAGAZINE

月刊KELLY11月号(2021年9月21日発売)

秋冬おでかけ

新型コロナの影響がまだまだ心配な最中…ではありますが、今月号はおでかけ特集です。急速に状況が変わるため、ちょうど取材を始めた頃に緊急事態宣言が出てしまいました…。しかし、いつかおでかけできるようになったときのため、今からプランを考えておくのは悪いことではありません。ときに旅は、計画を立てるときが一番楽しいもの。非日常感を味わってリフレッシュできる絶景や、わざわざでも食べに行きたい至福のグルメ、コロナ禍でも元気に人を待つ注目の観光地など、秋から冬にかけて行きたいスポットをピックアップ。せっかく行ったなら、地元を巡って楽しめるよう、周辺のお店や施設も合わせて紹介しています。その時がきたらすぐに出発できるよう、今からじっくり計画を立てましょう。(KELLY編集部・水野)

2021/09/21  お詫びと訂正

2021/09/21お詫びと訂正

KELLY MAGAZINE

月刊KELLY10月号(2021年8月23日発売)

ナゴヤの2大寺町!大須・円頓寺

名古屋屈指の観光地「大須」。観音様にお参りしつつ老舗店に集うお年寄りや、最新のテイクアウトグルメを食べ歩いたり、アニメや韓国のカルチャーを楽しみにやってくる若者……。こんなにもいろんな世代の人々が融合して楽しめる街は、全国でも珍しいのではないでしょうか。大須は、そんな“雑多さ”が最大の魅力。ここに来れば、必ず楽しいことが見つかります。しかも、何度訪れても新鮮な気持ちになれる。“やっぱり大須だね”とリピートする人も多いはずです。そして、私たちケリー編集部のオフィスも大須。目まぐるしく変化する街の様子を、つぶさに見て生活しています。地元だからこそ知っている“2021年の大須”を今回の特集にぎゅっと詰め込んでお送りします。(KELLY編集部・堀田)

2021/08/23  お詫びと訂正

2021/08/23お詫びと訂正

KELLY MAGAZINE

月刊KELLY9月号(2021年7月20日発売)

かき氷とパフェ&プリン

「おいしそうだけどちょっと高いし、暑い中長い行列に並ぶのもなぁ」と、取材が始まる前はかき氷に目もくれなかった私。しかし、取材が終わった今…奥深い氷の魅力に取り憑かれ、すでに甘く儚い一杯が恋しくなっています。色や形は似ているけれど、どこの店も同じと思ったら大間違い!氷の削り方やシロップの濃度、盛り付け、トッピングに至るまで、すべての積み重ねが個性となり、一つとして同じ氷を出す店はありません。最近では、通年氷を提供する専門店が増えたり、ネットの予約システムが登場したり、かき氷界は日々進化を遂げています。同じく注目度上昇中のデザート「パフェ」と「プリン」も合わせて、涼やかなひんやりスイーツの世界をぜひ、お楽しみください。(KELLY編集部・水野)

2021/07/20  お詫びと訂正

2021/07/20お詫びと訂正

KELLY MAGAZINE

月刊KELLY8月号(2021年6月23日発売)

必ず行きたい!東海のNew Open 2021

まだ出会ったことのないものに遭遇したり、初めてのことを体験したり、“新しい”という響きだけで前向きな気持ちになれますよね。日々リサーチをしていると、新しいお店や施設が止めどなくできていて、街を盛り上げようとする新しいプロジェクトも始まっていて、これからどんな面白いことが待っているのかと、ワクワクが止まりません。必ずチェックしておきたい大型施設はもちろん、今年上半期のトレンド、食ツウが選び抜いた期待のお店など、この一冊を通して、高揚した気持ちをみなさんにもぜひ味わってもらいたいです。こんな時だからこそ、新しいものに触れ、刺激をたっぷりと吸収して、明日のエネルギーにしていきましょう(KELLY編集部・小林)

2021/06/23  お詫びと訂正

2021/06/23お詫びと訂正

KELLY MAGAZINE

月刊KELLY7月号(2021年5月24日発売)

ご褒美ランチ

新型コロナウイルスの心配に梅雨が重なり、モヤモヤしがちなこの季節。思いっきり羽を伸ばせる機会が少ない中でも、日常の延長線で気軽にリフレッシュできないか…ということで、今号のケリーはいつも頑張る自分への「ご褒美ランチ」特集です。高級料理だけではなく、注目のシェフが腕を振るうお手頃なコース、野菜たっぷりの身体に優しいプレート、コロナ禍でも安心して楽しめるランチなどを盛り込んで、様々なシーンで行ってみたくなるお店を集めました。休日にランチの予約や約束があると、いつも以上に仕事や勉強、家事を頑張れますよね。たまには少し奮発して、ゆっくりとエネルギーチャージを。プチ贅沢な楽しみを探してみてはいかがでしょうか。(KELLY編集部・水野)

2021/05/24  お詫びと訂正

2021/05/24お詫びと訂正

KELLY MAGAZINE

月刊KELLY6月号(2021年4月23日発売)

日帰りおでかけ

広がる青空を見ているだけで不思議とパワーがみなぎるほど、過ごしやすい季節になりました。太陽の光を浴びることは、心と身体の健康にも良いと聞きます。ケリーを読んでくれる皆さんにも元気になってほしいと、太陽や自然のパワーをチャージできるような、名古屋から日帰りで(時折、泊まりも)行けるスポットを集めました。注目の新施設や息を飲むような絶景、おしゃれなピクニック、お花畑、BBQなど、夏まで使える一冊です。感染症対策も十分に心がけて、心身ともにリフレッシュしてください。(月刊『KELLY』編集部・小林)

2021/04/23  お詫びと訂正

2021/04/23お詫びと訂正

KELLY MAGAZINE

月刊KELLY5月号(2021年3月23日発売)

喫茶と、モーニング。

初めて訪れる喫茶店の扉を開くとき、少しだけ緊張します。まちに馴染んだ古い店は、常連客にしか開かれていないような気がするから。けれど、足を運んだ店は一軒残らず、私たちを温かく迎えてくれました。人が喫茶店に感じる魅力は何だろう?早朝から一日の元気をくれるモーニング、簡単に作れそうなのに特別な味がするメニュー、今からすぐには絶対に作り出せない、歴史を刻み続ける唯一無二の空間――最近では、そんな良さを感じ取り、何件も喫茶店を巡る若者や、現代のテイストを加えてオープンする店も増えています。老舗も、新店も、まちになくてはならない憩いの場。これから月日が流れても、決して色あせることのない、東海の名喫茶たちをご紹介します。(『月刊KELLY』編集部 水野)

2021/03/23  お詫びと訂正

2021/03/23お詫びと訂正