ローディング

MAGAZINE

MAGAZINE

KELLY MAGAZINE

月刊KELLy12月号(2019年10月23日発売)

大人の遠足

食欲の秋、学びの秋、芸術の秋。気持ちいい行楽日和は、「大人の体験プラン」で決まり!工場見学&飲食ができるフードテーマパークや、プロに聞く名古屋の定番スポット案内で、食品や歴史について勉強したり、紅葉さんぽコースや、発酵文化のふるさとを巡ったり。気軽に行けるスポットから、わざわざ行きたい新スポットまで、旬の情報をチェックして、充実した休日を。

KELLY MAGAZINE

月刊KELLy 11月号(2019年9月21日発売)

最愛のパンとモーニング

少しずつ涼しくなって、食欲が高まる今、欲ばりに楽しみたい女子のために2つまとめて、新店情報から老舗の王道メニューまで完全網羅! いつもより少し早起きすれば、おいしいパンと、特別なモーニングに巡り合えること間違いなし❤ パンとモーニングに囲まれた、“ちょっといい暮らし”を始めよう。

2019/09/20  お詫びと訂正

2019/09/20お詫びと訂正

KELLY MAGAZINE

月刊KELLy 10月号(2019年8月23日発売)

今スグ行ける、非日常!知多半島

3年連続の大人気特集!名古屋から1時間以内で行ける知多半島は、自然や歴史、文化、グルメなどの魅力にあふれ、たくさんの楽しみが待っている。今回は最旬情報をフォローした、“ここならではの10のお目当て”をピックアップ!注目の新施設が誕生する「中部国際空港セントレア」と合わせて訪れるも良し、1日かけて欲張りにあちこち巡るのも良し、のんびりスローライフを満喫するのも良し。いつだれと言っても、プチ旅行気分を味わえる知多半島で、充実した休日を。

2019/08/23  お詫びと訂正

2019/08/23お詫びと訂正

KELLY MAGAZINE

月刊KELLy 9月号 (2019年7月23日発売)

名古屋でいま一番注目の街!瑞穂区・昭和区

閑静な住宅街として知られる、瑞穂区・昭和区エリア。2つの人気タウンを約4年ぶりに大特集!昔ながらの雰囲気を大切にしながら、グッドセンスな店が続々とオープンする街には、新しい発見があちこちに。桜山の名古屋市博物館で開催中の『スヌーピーミュージアム展』から、新旧グルメ、暮らしのヒントになる情報まで、名古屋中から注目を集める街の“いま”を、編集部が満を持してお届け!

2019/07/23  お詫びと訂正

2019/07/23お詫びと訂正

KELLY MAGAZINE

月刊KELLy 8月号 (2019年6月22日発売)

パフェとアイスとかき氷

見て、食べて幸せになれるスイーツの中でも、今は一番 “ひんやり系”が恋しい季節。SNSで話題性も注目度もトップクラスのパフェに、どんどん進化するアイスと、新作&期間限定のかき氷も加えて、心ときめくメニューのオンパレードでお届け。“一日一甘”を、この夏のお楽しみに。

2019/06/22  お詫びと訂正

2019/06/22お詫びと訂正

KELLY MAGAZINE

月刊KELLy 7月号 (2019年5月23日発売)

気持ちいい休日

涼しい風や爽やかな光、新緑を感じられる絶好のシーズン、初夏がやってきた。毎日を忙しく過ごすからこそ、休みの日はリフレッシュして充実させたい。今だけの景色を求めて、行ったことのない場所へ出かけてみたり、仲間と一緒にグランピングやBBQを楽しんだり。ぜんぶ忘れて自然の中でゆっくり深呼吸…なんてのも、たまにはいい。お出かけするからと言って、そんなに身構えなくてOK。気軽な気持ちと、少しの時間があれば十分だ。楽しいことは、家の外で待っている。今日は扉を開けて、外に出かけてみよう!

2019/05/22  お詫びと訂正

2019/05/22お詫びと訂正

KELLY MAGAZINE

月刊KELLy 6月号 (2019年4月23日発売)

日帰り大満足旅

恒例の日帰り旅特集が“おひとりさま”プランを加えてパワーアップ!史上最長の10連休(!)となる今年のGWは、毎日どうやって遊ぶか悩んじゃう。こんな時こそ、日帰りのおでかけプランから選んで、充実した1日を過ごそう。家族や友だち、恋人と遊びに行くも良し、一人で気ままにでかけるも良し。新元号「令和」になった今だからこそやりたいことも、要チェック!

KELLY MAGAZINE

月刊KELLy 5月号 (2019年3月23日発売)

ナゴヤで、本当にうまい店!

平成を振り返って、今一度、平成最後に食べておきたいグルメを徹底調査!! 様々なジャンルの食に詳しい達人がおすすめする逸品に、唸らずにはいられない。いい店を次の時代へつなげたい気持ちも込めて、普段から通ってる店も大公開。いま行くべき店が必ず見つかる、平成の歴史に残る永久保存版だ。