絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#レシピ

2022.1.23sun

料理家・松山たけしさん直伝!読むレシピ 第9回「カブのセイロ蒸し エビ味噌」

人気のインスタグラムで、独特のゆるい文章とともにシンプルかつおいしそうなレシピを綴っている料理家・松山たけしさん。今、作りたい一皿を、素敵な言葉を添えて教えてくれます。

カブのセイロ蒸し エビ味噌

セイロで蒸しておいしい野菜は何か?

基本セイロで蒸せば何でもおいしい。
野菜本来の味を楽しむことができる。

そして、素材にセイロの香りが
移るところも良さの一つ。
この香りに合う野菜がセイロで蒸して
おいしい野菜なんじゃないかと。

そんな事を思いながら、
いろいろ食べ比べて見た結果、
相性がいい物にはある共有点が、、

それが白い野菜です。

色の着いた野菜はあの香りと
少しぶつかっちゃうこともあるけど、
白い野菜は馴染みがいいです。

今回使うのは、カブ。
大きく切り分けて蒸しあげると、
ジューシーで自然な甘みを楽しめます。

正直、そのままでも十分おいしいんですが、
エビと白味噌を合わせた、
少し甘めの味噌をのせました。

セイロのまま仕上げれば、
一気に食卓が華やかに。

不思議と白い野菜の旬はみんな冬。
カリフラワー、大根など、
セイロとの相性を楽しんでみてください。

材料(2人分)

小カブ:3個
むきエビ:60g
ゴマ油:適量
白味噌:60g
砂糖:15g
薄口醤油:小さじ1
水:大さじ3
水溶き片栗粉:適量
パセリ:適量

作り方(調理時間:約15分)

1.小カブは皮を向いて、横半分にカットする。


松山さん

繊維が残るので、蕪は少し厚めに皮を剥くといいです。

2.セイロで約15分間、小カブにすっと串が通るまで蒸す。

3.むきエビはみじん切りにする。

4.小鍋にゴマ油をしき、3を中火で軽く炒める。

5.白味噌、砂糖、薄口醤油、水を加えてひと煮立ちさせたら、水溶き片栗粉で少しとろみをつける。

6.刻んだパセリを混ぜ合わせ、蒸し上がった小カブにのせる。

松山たけしさん(@hakuikun

専門学校やカフェで経験を積み、食のイベント実施やレシピ提案などで活動中。最近では料理監修を務めるカレースタンド「八O吉」の3号店(Instagram/yaokichi.n)が名駅エリアにオープン。『AZIMIの味ラジオ』を「Podcast」で配信中。


松山さん

10個のレシピを覚えるより素材の活かし方を一つ覚えておく。素材の良さを引き立てれば、それだけでおいしくなり、細かいレシピを覚えておく必要はありません。この連載では、そんな「おいしいが分かるレシピ」を紹介していきます。

※掲載内容は2022年1月時点の情報です
※新型コロナウイルス感染症の影響で、掲載内容は予告なく変更する場合があります。公式サイト・SNSで事前にご確認ください。

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY6月号(2022年4月22日発売)愛しの中華と台湾料理

特集の目次を見る

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

料理家・松山たけしさん直伝!読むレシピ 第9回「カブのセイロ蒸し エビ味噌」

WRITER

Moeko Mizuno

Moeko Mizuno

岐阜県多治見市出身。お笑いと甘いものが好き。スイーツは食べるのも作るのも好きで、休日はお菓子作りに励む。実家が陶器屋を営み、器にこだわる一面も。

  1. トップページ
  2. SERIES
  3. Moeko Mizuno
  4. 料理家・松山たけしさん直伝!読むレシピ 第9回「カブのセイロ蒸し エビ味噌」

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。