絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#喫茶店

2022.5.24tue

【名古屋】常連がおすすめする喫茶店の名物メニュー13選

喫茶文化が根付く名古屋。朝は喫茶店のモーニングから始まり、お腹も心も満たしてくれるランチに、ゆったりと食事を楽しむことができるディナーと、喫茶店は名古屋人の日常に溶け込んでいます。

喫茶店の魅力はたくさんありますが、その中でもチェーン店では味わえない、昔懐かしい喫茶店の愛されメニューを求めて、名古屋のレトロな喫茶店へ足を運んでみてはいかがですか。

“喫茶店といえば” “この店といえば”のメニューを、店の常連さんの声とともに紹介します。

キャラバンの「イタリアンスパゲッティ」

「イタリアンスパゲッティ」900円

マヨネーズは手作り、味噌カツに使う味噌ダレは3日かけて仕込むなど、喫茶メシの枠を超えた料理が評判の店。一番人気の「イタリアンスパゲッティ」は、麺と具をケチャップで炒めるのではなく、特製ソースを絡める他、卵は生クリームを入れてトロトロに仕上げるなど、こだわりがつまった一品です。鉄板の熱で卵は次第に固まり、最後まで異なる味わいを楽しめます。

麺に絡めるソースは、具を赤ワイン入りのソースで煮込んだ大人の味わい。

常連さん

“大人のスパゲッティ”です。麺、ソース、トロトロ卵のコンビネーションがたまらない!

常連さん

どのメニューも喫茶店のクオリティーをはるかに超えていて、もう他では食べられません。

キャラバン

問い合わせ
052-931-3898
場所
名古屋市東区泉2-3-22
営業時間
7:30~21:00(LOは20:30) 
定休日
火曜(祝日の場合は営業)
駐車場
4台
カード
不可
電子マネー
予算
昼夜1000円
アクセス
地下鉄「高岳駅」より徒歩で約6分

喫茶 赤いサニーの「本格! ハヤシライス」

「本格! ハヤシライス」1300円

焼いた牛骨や香味野菜をじっくり煮込んだデミグラスソースをベースにしたハヤシライスや、3時間以上かけて仕込む「エビクリームコロッケ」(1100円)など、有名洋食店で経験を積んだシェフによる本格洋食を味わえます。国産牛バラ肉のうま味が凝縮してコク深いスープまで主役級です。6月以降はモーニング営業はないので要注意。

イタリアンや洋食店で腕を磨いた店主は、その技術とセンスを生かした料理を提供。

常連さん

レベルの高い料理をリーズナブルに味わえるとっておきのお店。何を食べても感動します。

喫茶 赤いサニー

問い合わせ
052-446-7632
場所
名古屋市中川区万場5-814 
営業時間
8:00~16:00(LOは15:00)
※6/9 以降は11:00~、ランチがなくなり次第閉店
定休日
水・第3 火曜(臨時休業あり※2022/6/1~8は休業)
駐車場
7台
カード
不可
電子マネー
可 
公式サイト
https://akai-sunny.crayonsite.com/
予算
昼1200円
アクセス
地下鉄「岩塚駅」より車で約5分

カフェレストラン る・るぽの「フラワー」

「フラワー」750円

元フィギュアスケーター・安藤美姫さんの祖父が先代。全9種類のあんかけスパが名物で、大量の野菜とトマトピューレなどを6時間かけてオーブンで煮詰めるソースは、先代が食べ歩きをして独自のアレンジを加えたレシピを継承しています。直径約30cmの大皿に、たっぷりのパスタとソース、ソーセージをオン。

昼時はサラリーマンやOLで賑わう、オフィス街の憩いの場。「あんかけオムライス」もツウの間で話題。

常連さん

ジワジワくるコショウのスパイシーさがお気に入り。スクランブルエッグなど、トッピングのカスタマイズも◎です。

カフェレストラン る・るぽ

問い合わせ
052-951-3305
場所
名古屋市東区泉1-17-3 オレンジタウン1F
営業時間
9:30~19:00( LOは18:30)
定休日
無休
駐車場
なし
カード・電子マネー
不可
予算
昼900円
アクセス
地下鉄「久屋大通駅」より徒歩で約5分

JAZZ&COFFEE YURIの「チキンライス」

「チキンライス」920円

材料は、鶏肉に玉ネギとシンプルにもかかわらず、完成された味になっているのは、まろやかなバターとケチャップのかけ算が絶妙だからです。店によると、「長年オーダーし続ける常連さんも多い」とのこと。心身を満たしてくれる一皿のトリコが、一人、また一人と増えていくのも納得です。

新店も多い久屋大通一帯で、50年以上変わらないスタイルで続いている。

常連さん

不思議な中毒性があって、無性に食べたくなります。もう何回リピートしたかわからないです。

JAZZ&COFFEE YURI(ジャズアンドコーヒー ユリ)

問い合わせ
052-951-7800
場所
名古屋市東区東桜1-10-40
営業時間
12:00~23:00(LOは22:45)
定休日
月曜(祝日の場合は営業、翌日休)
駐車場
なし
カード・電子マネー
不可
予算
昼夜1200円
アクセス
地下鉄「久屋大通駅」より徒歩で約1分

珈蔵 港店の「オムレツサンド」

「オムレツサンド」690円

必食の「オムレツサンド」は、ベーコンとブロッコリーを卵でとじた一品で、ふわふわのオムレツとシャキシャキのレタスが◎。東別院の1号店でも人気のメニューですが、港店ではチーズを入れて、よりマイルドになっています。店主曰く、「後を引く味わいがポイント」。一度食べれば、愛される理由がわかるはずです。

ゆっくりとくつろげる広い店内。晴れた日はテラス席もおすすめ。

常連さん

コーヒーと一緒に注文するのが、私の定番。具材たっぷりで、満足感があります。

珈蔵 港店

問い合わせ
052-665-6205
場所
名古屋市港区入場1-424
営業時間
7:00~17:00(LOは16:30)
定休日
無休
駐車場
10台
カード・電子マネー
不可 
公式SNS
https://www.instagram.com/kakura.minato/
予算
昼900円
アクセス
名古屋臨海高速鉄道「港北駅」より徒歩で約12分

珈琲家比呂野の「ロースかつカレー」

「ロースかつカレー」1280円

喫茶店のカレー=軽食というイメージを覆す、本格カツカレーはいかがですか? カツは熟成させた三河産豚肉を手仕込みして、隣の「とんかつ家比呂野」で揚げています。「ルゥも日本人好みに仕上げています。専門店にも負けない自信がありますよ」と、考案した2代目店主。自慢の味をぜひ堪能してください。

自家製コーヒーゼリーたっぷりの「コーヒーゼリーラテ」(570円)。

常連さん

こんなに贅沢にカツを使ったカレーは、喫茶店では珍しい! 一度食べてからすっかりハマってしまいました。

珈琲家比呂野

問い合わせ
052-751-2612
場所
名古屋市昭和区山花町116
営業時間
7:00~21:30(LOは21:00)
定休日
無休
駐車場
23台
カード・電子マネー
可 
公式サイト
http://nagoya-hirono.com/
予算
昼夜1000円 
アクセス
地下鉄「川名駅」より徒歩で約10分

カフェレスト なるみの「目玉焼きのせ粗挽きビーフハンバーグ定食」

「目玉焼きのせ粗挽きビーフハンバーグ定食」1110円/平日ランチ1060円

創業から50年以上、地元で愛される老舗喫茶。先代から味を引き継ぎつつ、さらにバージョンアップさせた食事メニューがそろっていて、どれもボリューミーながら良心価格です。中でも名物のハンバーグは、粗挽きの牛肉を260gも使う太っ腹な一品。ゴロンとしたフォルムどおり、肉の存在感が強く、味も「専門店顔負け」と評判で、週末は100食以上出る人気ぶりです。ランチは特に混み合うので、11時には足を運ぶのがおすすめですよ。

半熟の玉子焼きと、肉汁を継ぎ足してコクとうま味が凝縮したデミグラスソースの相性も◎。

常連さん

テーブルに運ばれた瞬間、そのビッグサイズに驚かされます。ソースと付け合わせも完璧。

常連さん

牛肉100%のタネはつなぎが少なめでボリュームはありますが、いつも完食です。

カフェレスト なるみ

問い合わせ
052-892-1995
場所
名古屋市緑区潮見が丘1-5 
営業時間
7:00~15:00 17:00~20:00
※月・火曜は7:00~15:00(LOは各1時間前)
定休日
水曜、第1・3・5火曜
駐車場
11台
カード・電子マネー
不可
予算
昼1000円/夜1200円 
アクセス
名鉄「鳴海駅」より車で約4分

レオンの「ハーフ& ハーフオムライス(カレー&ホワイトソース)」

「ハーフ& ハーフオムライス(カレー&ホワイトソース)」810円

1982年創業以来、丸の内のビジネスマンのお腹を満たし続けている「レオン」。現店主から、味・ボリュームともに大満足のオムライスメニューが加わりました。「ハーフ&ハーフオムライス」は、特製のカレーとホワイトソースのあいがけ。炒めた玉ネギに、トマト、スパイス数種類をじっくり煮込んだカレーは辛口で、マイルドなホワイトソースとのバランスが抜群です。カレーをデミグラスソースへ変更できるので、辛いのが苦手な人や違った食べ方を楽しみたい人も気軽に注文を。

1代目店主の妻・朝美さんと、息子であり2代目の信彦さんの息の合ったコンビネーションで、ランチタイムもスムーズに。

常連さん

昔ながらの優しい味わいのメニューが多い中、カレーはスパイシーさが後を引きます。

常連さん

料理はもちろん、実は朝美さんの上品さあふれる接客もお目当てなんです。

レオン

問い合わせ
052-203-4028
場所
名古屋市中区丸の内2-16-21 
営業時間
10:00~15:00 17:00~22:00(LOは各30分前)
定休日
日曜・祝日
駐車場
なし
カード・電子マネー
不可
公式SNS
https://www.instagram.com/cafe_grill_leon/
予算
昼900円/夜3000円 
アクセス
地下鉄「丸の内駅」より徒歩で約2分

喫茶ボンボンの「プリンローヤル」

「プリンローヤル」630円

種類豊富な洋菓子と居心地の良い雰囲気で、県内外のファンを魅了し続ける店。硬め食感の「プリン」を使用した「プリンローヤル」には、カットされたリンゴやバナナ、シロップ漬けのみかんなどのフルーツに、ほど良い甘さの生クリームが添えられています。「プリン」を使用した商品は、人気のため売り切れる可能性もあるので、早めの来店がおすすめです。

1949年創業。ノスタルジックな空間も相まって、どこか懐かしい気分に。

常連さん

卵本来の味を感じる素朴なプリンと、アイスクリーム、生クリームの甘さのバランスが絶妙です。

喫茶ボンボン

問い合わせ
052-931-0442
場所
名古屋市東区泉2-1-22
営業時間
8:00~22:00
※日曜、祝日、隣接の「天津楼」が休みの場合は~21:00(LOは閉店の各15分前)
定休日
無休
駐車場
33台
カード・電子マネー
不可
公式サイト
https://cake-bonbon.com/
予算
昼夜800円
アクセス
地下鉄「高岳駅」より徒歩で約5分

喫茶サンセンの「ホットケーキ」

「ホットケーキ」500円

「ホットケーキ」は、1972年のオープン以来、老若男女に愛され続けるメニューです。生地は注文を受けてから作り始め、マスター自ら、専用の銅板で一つひとつ手焼きするのがこだわり。きれいな焼き目に思わず見とれてしまいますが、ふんわり食感を楽しむためには、早めに食べるのがベターです。手作りならではの魅力まで食べ尽くしてくださいね。

入口付近の食品サンプルは、マスターが調味料などを使って手作り。定期的に作り替えているそう。

常連さん

「これぞホットケーキ!」な、まん丸のルックスがたまりません。ほっこり優しい味わいに、ホッとします。

喫茶サンセン

問い合わせ
052-691-3098
場所
名古屋市南区内田橋1-5-4
営業時間
6:00~17:00(LOは16:30)
定休日
日曜
駐車場
2台
カード・電子マネー
不可
予算
昼400円
アクセス
名鉄「豊田本町駅」より徒歩で約6分

喫茶 ロイヤルの「コーヒーゼリー」

「コーヒーゼリー」700円

店内に足を踏み入れると、重厚感漂う家具やアンティークのランプなどが随所に備えられ、クラシカルな雰囲気が広がります。そんな空間で味わいたいのは、常連のほとんどが注文する「コーヒーゼリー」。カカオリキュールをかけるのがポイントで、ふんわりと香るリキュールが高級感のある味わいに早変わりします。

フレンチレストランのような店内。女性店主が創業当時に入手したアンティークのカップ&ソーサーにも注目。

常連さん

苦味と甘みと香りのハーモニーが絶妙! リキュールは1滴でもたらしてみる価値ありです。

喫茶 ロイヤル

問い合わせ
052-762-1822
場所
名古屋市千種区春岡1-3-17 
営業時間
7:00~18:00(LOは17:30)
定休日
日曜
駐車場
なし
カード
不可
電子マネー
予算
昼夜1000円
アクセス
地下鉄「池下駅」より徒歩で約4分

喫茶ツヅキの「フルーツパフェ」

「フルーツパフェ」1100円

「喫茶ツヅキ」といえば、脚立の上からミルクとコーヒーを同時に注ぎ落す「カフェオレ」が名物ですが、新鮮なフルーツを使ったデザートメニューも見逃せません。フルーツ専用冷蔵庫には、常時、旬のフルーツが用意されており、それらをふんだんに積み上げた「フルーツパフェ」は、高さ約20cmに及びます。パフェの下部は、メロンソーダと寒天でキラキラを演出しています。

「アイスウィンナーコーヒー」など、高さのあるメニューが多い。「運ぶ時はとにかく慎重に」と3代目店主。

常連さん

初めて見た時は、あまりのダイナミックさとフルーツの量に驚きました! 「ツヅキ」さんには感服です。

常連さん

エンタメ感満載で、豪快なメニューの数々は、見ているだけで思わず笑顔になります。

喫茶ツヅキ

問い合わせ
052-482-0001
場所
名古屋市中村区太閤通6-1 ツヅキビル2F
営業時間
7:30~18:00
※モーニングは~11:00、水曜は~12:00(LOは各1時間前)
定休日
不定休
駐車場
なし
カード・電子マネー
不可
公式サイト
https://kissatuzuki0.wixsite.com/kissatuzuki
予算
昼800円
アクセス
地下鉄「中村区役所駅」より徒歩で約7分

亀屋芳松の「タヌキケーキ」

「タヌキケーキ」各450円※セットでドリンク50円引き

「亀屋芳広」で修業した先代が創業し、長年和・洋菓子販売と喫茶営業で愛されている店。40年以上製法を守る「タヌキケーキ」は細かな工程が多く、完成に3日を要するとのことです。素朴な見た目ですが、ふわふわのスポンジや均一なチョコのコーティングに丁寧な仕事が光ります。「タヌキケーキ」の味は、チョコ、モカ、イチゴ、抹茶と4種類。ショーケースからこちらを見つめる様子が愛おしいです。

1964年に創業し、現在は2代目の店主。朝6時から店を開け、多彩な和・洋菓子を販売。

常連さん

絶滅危惧種化している「タヌキケーキ」のために、遠方から通っています!

常連さん

子どもの時に食べた味で懐かしい。今では自分の子どもと一緒に食べています。

亀屋芳松

問い合わせ
052-821-6485
場所
名古屋市南区松池町3-21 
営業時間
6:00~18:00
(お菓子の販売は9:00~19:00)
定休日
無休
駐車場
9台 
カード・電子マネー
可(喫茶は使用不可)
サイト
https://kameyayoshimatsu.com/
予算
昼750円
アクセス
名鉄「本笠寺駅」より徒歩で約5分


※掲載内容は2022年5月時点の情報です
※価格は税込み表記です
※新型コロナウイルス感染症の影響で、掲載内容は予告なく変更する場合があります。公式サイト・SNSで事前にご確認ください。

RANKING ランキング

TAGS #人気のタグ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY1月号(2022年11月22日発売)東海グルメニュース総決算2022

特集の目次を見る

Please Share

【名古屋】常連がおすすめする喫茶店の名物メニュー13選

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. FEATURE
  3. KELLY Editors
  4. 【名古屋】常連がおすすめする喫茶店の名物メニュー13選

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。