絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#映画

2021.12.30thu

敏腕女性エージェントが大活躍する、スパイ・アクション映画『355』が2022年2月4日(金)より公開!

映画『ジェイソン・ボーン』シリーズの製作チームが贈る、本格スパイ・アクション映画。本作では『ゼロ・ダーク・サーティ』でアカデミー賞にノミネートされたジェシカ・チャステイン、『それでも夜は明ける』でアカデミー賞助演女優賞を受賞したルピタ・ニョンゴ、カンヌ映画祭での受賞歴のあるダイアン・クルーガーとペネロペ・クルス、そして、アジアを代表するファン・ビンビンら、現代を代表する実力派俳優たちがアメリカ、イギリスなどの各国エージェントを演じていることでも注目されています。また監督には、『X-MEN:ダーク・フェニックス』で初監督をしたサイモン・キンバーグを迎え、誰が敵か味方かわからない、二転三転するストーリー展開も見どころ。果たして、彼女たちは世界の危機を救うことができるのか―。世界を救うミッションに挑む、敏腕女性エージェントたちド迫力のスパイ・アクションをぜひ大きなスクリーンで体感して。

STORY

格闘術のスキルが高いCIA のメイス(ジェシカ・チャステイン)、過去にトラウマを抱えるBND/ドイツ連邦情報局のマリー(ダイアン・クルーガー)、最先端のコンピューター・スペシャリストでMI6のハディージャ(ルピタ・ニョンゴ)、コロンビアの諜報組織に所属の優秀な心理学者グラシー(ペネロペ・クルス)、中国政府で働くリン・ミーシェン(ファン・ビンビン)。秘密兵器を求め各国から5人の女性エージェントが集結し、ライバルの関係からチームとなりコードネーム「355」を結成する。それぞれの才能を駆使して、世界をカオスに陥れるテクノロジーデバイスを利用しようとする国際テロ組織に立ち向かっていく。果たして第3次世界大戦を阻止することはできるのかー。
※355:18 世紀アメリカの独立戦争時代に実在した女性スパイのコードネーム

355

ミッドランドスクエアシネマ他で2022年2月4日(金)より公開
監督 / サイモン・キンバーグ
脚本 / テレサ・レベック、サイモン・キンバーグ
キャスト / ジェシカ・チャステイン、ペネロペ・クルス、ファン・ビンビン、ダイアン・クルーガー、ルピタ・ニョンゴ、エドガー・ラミレス、セバスチャン・スタン 他
公式サイト / https://355-movie.jp/
©2020 UNIVERSAL STUDIOS. ©355 Film Rights, LLC 2021 All rights reserved.

MAGAZINE 月刊ケリー

月刊KELLY

KELLY3月号(2022年1月21日発売)いつだって食べたい おいしいパン

特集の目次を見る

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

敏腕女性エージェントが大活躍する、スパイ・アクション映画『355』が2022年2月4日(金)より公開!

WRITER

Mai Shimomura

Mai Shimomura

岐阜県出身。スタジオやブライダルでの 撮影経験を6年経て、編集者へ転身。 カメラと映画が好きなミーハー女子。 素敵な出会いを写真に記録しながら、 みんなの心に届くモノを発信したい。

  1. トップページ
  2. ENTAME
  3. 映画
  4. 敏腕女性エージェントが大活躍する、スパイ・アクション映画『355』が2022年2月4日(金)より公開!

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。