絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#プレゼント

2022.9.16fri

【抽選で1組2名様に当たる!】映画『マイ・ブロークン・マリコ』ムビチケをプレゼント!

連載開始直後からトレンド入りを連発し、2020年に発表されるや、単行本は即重版、第24回文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞をはじめ、大反響を呼んだ衝撃コミックを映画化!「親友の遺骨と旅に出る」という心に刺さるストーリーが圧倒的な熱量と疾走感で描く物語。監督には、映画『百万円と苦虫女』で日本映画監督協会新人賞を受賞し、人間の芯を鋭くとらえた力作を次々に発表してきたタナダユキ監督。遺骨を奪って旅に出る主人公・シイノ役は永野芽郁さんが務め、天真爛漫なこれまでのイメージを覆す泥臭くも必死な雄姿など、今までにない役柄を熱演しています。親友・マリコ役は、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』で共演した奈緒さんが務め、きれいごとだけじゃない二人のリアルな友情を体現。また、タナダユキ監督が本作の世界観を表現できる曲として選んだ、Theピーズの曲「生きのばし」や、激動の旅を一緒に体験しているようにこだわったという、本作をエモーショナルに彩る音楽にも注目です。突然命を絶った親友への行き場のない思いと向き合う、心揺さぶられる最初で最後の“二人旅”の行方をぜひ劇場で見届けて。

STORY

ある日、ブラック企業勤めのシイノトモヨ(永野)のもとに親友のイカガワマリコ(奈緒)がマンションから転落死したという報せが届く。彼女の死を受け入れられないまま茫然自失するシイノだったが、大切なダチの遺骨が毒親の手に渡ったと知る。居ても立っても居られないシイノは、包丁を片手に単身“敵地”へと乗り込み、マリコの遺骨を奪取する。幼い頃から父親や恋人に暴力を振るわれ、人生を奪われ続けた親友に自分ができることはないのか…。シイノがたどり着いた答えは、学生時代にマリコが行きたがっていた海へと彼女の遺骨を連れていくことだった。道中で出会った男・マキオ(窪田)も巻き込み、最初で最後の“二人旅”がいま、始まる。

今回、映画の公開を記念して『マイ・ブロークン・マリコ』ムビチケを1組2名様へプレゼント!

▼ご応募は下記応募フォームより
【応募締め切りは2022年9月27日(火)まで】

マイ・ブロークン・マリコ
2022年9月30日(金)よりミッドランドスクエア シネマほかで公開!
監督 / タナダユキ
脚本 / 向井康介、タナダユキ
原作 / 平庫ワカ『マイ・ブロークン・マリコ』(BRIDGE COMICS/KADOKAWA刊)
音楽 / 加藤久貴 エンディングテーマ:「生きのばし」Theピーズ(P)2003King Record Co.,Ltd.
出演 / 永野芽郁、奈緒、窪田正孝、尾美としのり、吉田羊 他
公式サイト / https://happinet-phantom.com/mariko/
(C)2022映画『マイ・ブロークン・マリコ』製作委員会

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY11月号(2022年9月21日発売)この秋したいこと全部!

特集の目次を見る

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

【抽選で1組2名様に当たる!】映画『マイ・ブロークン・マリコ』ムビチケをプレゼント!

WRITER

Mai Shimomura

Mai Shimomura

岐阜県出身。スタジオやブライダルでの 撮影経験を6年経て、編集者へ転身。 カメラと映画が好きなミーハー女子。 素敵な出会いを写真に記録しながら、 みんなの心に届くモノを発信したい。

  1. トップページ
  2. ENTAME
  3. 映画
  4. 【抽選で1組2名様に当たる!】映画『マイ・ブロークン・マリコ』ムビチケをプレゼント!

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。