絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#プレゼント

2022.11.1tue

【抽選で2名様に当たる!】映画『線は、僕を描く』オリジナル筆ペン(非売品)をプレゼント!

2020年「本屋大賞」3位、2019年TBS「王様のブランチ」BOOK大賞受賞の青春芸術小説を映画化した『線は、僕を描く』が10月21日(金)より絶賛公開中!1人の青年が水墨画との出会いによって大きく成長していく喪失と再生の物語。主演の青山霜介には、第43回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した実力を持つ横浜流星さんを迎え、製作チームには、小泉徳宏監督を筆頭に映画『ちはやふる』を青春映画の金字塔に仕立てあげたスタッフが再集結しました。本作で“水墨画”に初挑戦したという、見事な筆さばきを披露する横浜さんの演技も見どころの一つ。また、『ちはやふる』から続投の横山克さんのエモーショナルな音楽×力強くも繊細な線で描くパフォーマンスに圧巻です!観る者を魅了する美しい水墨画の世界。1本1本丁寧に描かれる、その息をのむ筆さばきをぜひ大きなスクリーンで体感してください。

STORY

大学生の青山霜介(横浜)はアルバイト先の絵画展設営現場で運命の出会いを果たす。白と黒のみで表現された“水墨画”が霜介の前に色鮮やかな世界となって拡がる。水墨画の巨匠・篠田湖山(三浦)に声をかけられ、霜介は“水墨画”を学び始めることに。“水墨画”は筆先から生み出される「線」のみで描かれる芸術。描くのは「命」。霜介は初めての“水墨画”に戸惑いながらもその世界に魅了されていく―。

映画の公開を記念して、映画『線は、僕を描く』オリジナル筆ペン(非売品)を2名様にプレゼント!

▼ご応募は下記応募フォームより
【応募締め切りは、2022年11月18日(金)まで】

線は、僕を描く

監督
小泉徳宏
原作
砥上裕將「線は、僕を描く」(講談社文庫)
出演
横浜流星、清原果耶、細田佳央太、河合優実、矢島健一、夙川アトム、井上想良、富田靖子、江口洋介、三浦友和 他
公式サイト
senboku-movie.jp
©砥上裕將/講談社 ©2022映画「線は、僕を描く」製作委員会

RANKING ランキング

TAGS #人気のタグ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY1月号(2022年11月22日発売)東海グルメニュース総決算2022

特集の目次を見る

Please Share

【抽選で2名様に当たる!】映画『線は、僕を描く』オリジナル筆ペン(非売品)をプレゼント!

WRITER

Mai Shimomura

Mai Shimomura

岐阜県出身。スタジオやブライダルでの 撮影経験を6年経て、編集者へ転身。 カメラと映画が好きなミーハー女子。 素敵な出会いを写真に記録しながら、 みんなの心に届くモノを発信したい。

  1. トップページ
  2. ENTAME
  3. 映画
  4. 【抽選で2名様に当たる!】映画『線は、僕を描く』オリジナル筆ペン(非売品)をプレゼント!

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。