絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

【抽選で3名様に当たる!】『映画刀剣乱舞-黎明-』台本風ノート(非売品)をプレゼント!
#プレゼント

2023.3.30thu

【抽選で3名様に当たる!】『映画刀剣乱舞-黎明-』台本風ノート(非売品)をプレゼント!

アニメ版や舞台版も人気の刀剣育成シミュレーションゲーム「刀剣乱舞 ONLINE」を実写映画化した『映画刀剣乱舞』のシリーズ第2作が3月31日(金)より公開されます。“本能寺の変”にて、刀剣男士たちと織田信長や羽柴秀吉ら戦国武将が絡み合い、衝撃の結末を描き出し大ヒットを記録した前作『映画刀剣乱舞-継承-』(2019)から4年の時を経て、 戦いの舞台を<現代>へと変え、スケールアップした本作。刀剣乱舞の醍醐味である殺陣のシーンでは、ワイヤーワークや最新ドローン技術が駆使され、刀剣男士たちが披露する圧巻のパフォーマンスも見逃せません!また、監督は前作に引き続き、耶雲哉治監督。世界観とリアリティの融合を目指した監督の元に、日本最高峰の美術・衣裳・メイクらの技術スタッフが集結し、VFXには『アベンジャーズ / エンドゲーム』など数々の大ヒット作を手がけてきたチームが加わり、ハリウッド・クオリティの映像世界を届けてくれます。主題歌は、エモーショナルな楽曲でリスナーの感情を揺さぶり続けるBLUE ENCOUNTが本作のために書き下ろした「DESTINY」。作品を壮大な世界へと導いてくれています。ハリウッドスケールで描かれた見どころたっぷりの世界観とアクションを体感しに、ぜひ大きなスクリーンでご覧ください!

STORY

西暦995年京都。藤原道長(柄本)と安倍晴明(竹財)の密談により、大江山に住まう鬼・酒呑童子(中山)の討伐を命じられた源頼光(津田)たちは、歴史改変を目論む“歴史修正主義者”が放った“時間遡行軍“に道を阻まれる。この窮地を救ったのが、三日月宗近(鈴木)ら歴史を守るべく戦う“刀剣男士“たち。しかし、先に鬼の根城へと踏み込んだ山姥切国広(荒牧)は酒呑童子の最期の呪いを受け、光とともに姿を消してしまう。
西暦2012年 東京。下校途中だった琴音(秋田)に聞き慣れない音が。そこで目にしたのは、禍々しい影と戦う一振りの太刀だった。戸惑う琴音は、導かれるままその名を口にする。「―― 三日月宗近」。
一方、日本各都市では市民が突如意識を失う事件が多発。この不可解な事態を解決すべく、時の政府から遣わされた刀剣男士・山姥切長義(梅津)が内閣官房国家安全保障局に出現。事態との関与が疑われる山姥切国広の確保を始めとする “特命任務”の開始を告げる。その要請に応じ、各本丸より続々と刀剣男士が集結。消えた山姥切国広、それを追う三日月宗近の運命は?間遡行軍の真の目的とは一体―!? 

今回、映画の公開を記念して『映画刀剣乱舞-黎明-』台本風ノート(非売品)を3名様にプレゼント!

ご応募は下記応募フォームより
【応募締め切りは、2023年4月14日(金)18:00まで】

映画刀剣乱舞-黎明-

公開日
3月31日(金)よりミッドランドスクエア シネマ他で公開!
監督
耶雲哉治
出演
鈴木拡樹、荒牧慶彦、和田雅成、梅津瑞樹、佐藤たかみち、山本涼介、定本楓馬、 小西詠斗、本田礼生、玉城裕規、秋田汐梨、中山咲月、柳美稀、飛永翼、津田寛治、堀内正美、竹財輝之助、柄本明 他
公式サイト
https://touken-the-movie.jp/
©2023 「映画刀剣乱舞」製作委員会/NITRO PLUS・EXNOA LLC 


※掲載内容は2023年3月時点の情報です

RANKING ランキング

TAGS #人気のタグ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

Please Share

【抽選で3名様に当たる!】『映画刀剣乱舞-黎明-』台本風ノート(非売品)をプレゼント!

WRITER

Mai Shimomura

Mai Shimomura

岐阜県出身。スタジオやブライダルでの 撮影経験を6年経て、編集者へ転身。 カメラと映画が好きなミーハー女子。 素敵な出会いを写真に記録しながら、 みんなの心に届くモノを発信したい。

  1. トップページ
  2. ENTAME
  3. プレゼント
  4. 【抽選で3名様に当たる!】『映画刀剣乱舞-黎明-』台本風ノート(非売品)をプレゼント!

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。