ローディング

名古屋はスパイスカレーの街へと変貌!?編集部おすすめ13選【2021年最新】

2020.09.16〈Wed〉

最終更新日:2021/05/10

  • twitter
  • facebook
  • line

最終更新日:2021/05/10

YANGGAO(ヤンガオ)【浄心】


「ヤンガオカレーM」(税込850円)、「タイティー」(税込400円)

タイの“おふくろのカレー”を作る、西区・浄心のカレー屋「YANGGAO(ヤンガオ)」。スパイシーながらクセになる一皿が食べられると、カレーファンも納得する味わいから、多くのファンを魅了しています。

こちらの「ヤンガオカレーM」は、DJとデザイナーの顔を持つ店主が、6年間住んでいたタイで出合った家庭の味「ゲーンハンレーカレー」を再現しています。

カレーに入った肉は、じっくりと煮込まれ、スプーンでホロホロと崩れるほど柔らかいのが特徴。ショウガやタイ野菜をふんだんに使用しているため、体の内側からポカポカ温まります。

タイ北部の名物カレーを名古屋でも楽しめる「YANGGAO(ヤンガオ)」について、詳しくはこちらをチェック

YANGGAO(ヤンガオ)

営業時間
11:00〜15:00(LOは14:30)
18:00〜21:00(LOは20:30)
問い合わせ
070-4469-6412
定休日
日・月曜 ※不定休あり
場所
名古屋市西区花の木3-13-23 フレスト浄心303
公式Twitter
https://twitter.com/yanggao_ngy
公式Instagram
https://www.instagram.com/yanggao_ngy/

次のページ…
「カリーみよし」のあいがけ

SPECIAL

SPECIAL

VIEW ALL

RECOMMEND

RECOMMEND

  • twitter
  • facebook
  • line