絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#ランチ

2022.5.30mon

「喫茶七番」が6月にオープン!都会の真ん中で人々が憩う、 これからのまちの拠点に。【中区・丸の内】

2000年代から再開発が進められている錦エリアの一角に6月11日、新たなスペースが誕生します。「七番街区」に位置する「喫茶七番」は、まちづくりの企業が手掛ける店です。

2022年6月、錦エリアにオープン予定

店の中央には、印象的な円状のカウンターが。店の前は「会所」と呼ばれる広場になっており、テラス席も設けられます。

店主・白石恭一さん(左) 約6年間名古屋、東京の飲食店で経験を積む。まちづくりに興味をもち、不動産業界を経て、カフェなどを多数手掛ける阿部さん(中央)の誘いで、1年前から「喫茶七番」の立ち上げに尽力。

目指すのは気を張って行くおしゃれな場所ではなく、ふらりと足を運べる“普通の店”だという、店主の白石さん。人が気軽に来店してくつろげる、地元に根付く純喫茶のマインドも取り入れながら、遊び心も忘れません。

思わずオーダーしたくなる、心ときめくメニュー

フードのイチ押し「大人のお子様ランチ」は、子どもの頃のわくわくを思い出させてくれる一品。時期によって替わるおかずがたっぷりのっています。

こちらは美濃焼〈KIKIME〉の器に、かためプリンと季節のフルーツを盛り付けた「プリンアラモード」

その他、他では味わえないドリンクやスイーツも用意しています。

そんなメニューもお目当てに人々が訪れ、これからまちが活気づいていくのが楽しみですね。

撮影/千葉亜津子
※価格はすべて税込み
※掲載内容は2022年5月時点の情報です。
※新型コロナウイルス感染症の影響で、掲載内容は予告なく変更する場合があります。公式サイト・SNSで事前にご確認ください。

「喫茶七番」が6月にオープン!都会の真ん中で人々が憩う、 これからのまちの拠点に。【中区・丸の内】

店名
喫茶七番
営業時間
7:30~21:00(LOは20:30)※土・日曜・祝日は8:00~17:00(LOは16:30)
定休日
無休
場所
名古屋市中区錦2-7-7 オリマチNishiki1-A
駐車場
なし
カード使用
平均予算
昼1000円
問い合わせ
なし
Instagram
https://www.instagram.com/kissa_7ban/

RANKING ランキング

TAGS #人気のタグ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY1月号(2022年11月22日発売)東海グルメニュース総決算2022

特集の目次を見る

Please Share

「喫茶七番」が6月にオープン!都会の真ん中で人々が憩う、 これからのまちの拠点に。【中区・丸の内】

WRITER

Moeko Mizuno

Moeko Mizuno

岐阜県多治見市出身。お笑いと甘いものが好き。スイーツは食べるのも作るのも好きで、休日はお菓子作りに励む。実家が陶器屋を営み、器にこだわる一面も。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. 中区
  4. 「喫茶七番」が6月にオープン!都会の真ん中で人々が憩う、 これからのまちの拠点に。【中区・丸の内】

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。