絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#観光

2022.10.1sat

PR

秋の紅葉と栗を満喫!岐阜県・東美濃エリアのおすすめ観光スポット8選

紅葉の名所が多い岐阜県。紅葉狩りと一緒においしい栗グルメも堪能できる東美濃エリアは、この秋、絶対行きたい観光地です。今回は、中津川市・瑞浪市・恵那市のおすすめ紅葉スポットと、栗のスイーツやグルメを味わえるお店をご紹介! 体験予約サイト「VISIT岐阜県」でやりたいことをプラスして、欲張りな旅を。

鬼岩公園【瑞浪市】

「もみじ橋」という名の赤い橋は、写真映えする撮影ポイントの一つ

清流・可児川の源に広がる渓谷一帯に、花崗岩(かこうがん)の巨岩が連なる景勝地。公園内は、遊歩道が整備され、川のせせらぎや圧倒的なスケールの巨岩と紅葉の美しいコントラストが織り成す、絶景を楽しめるウォーキングスポットです。例年、紅葉は10月中旬~11月下旬に見ごろを迎えます。

鬼岩公園

問い合わせ
0574-67-0285(鬼岩観光協会)
場所
岐阜県瑞浪市日吉町
時間
見学自由 
駐車場
30台
アクセス
中央自動車道「土岐IC」より車で約10分

恵那峡【恵那市】

赤や黄のグラデーションが湖面に映る様が美しい。赤い恵那峡大橋が風情たっぷり

地理学者の志賀重昴氏によって命名された「恵那峡」は、約100年前に木曽川を大井ダムで堰き止めて作られた人造湖。両岸には奇岩や怪石が並び、特に天然記念物の傘岩周辺で、モミジやカエデなどが湖面を彩る様子は美しい。見ごろは11月中旬から下旬で、寒くなると野鳥が飛来し、バードウォッチングも楽しめます。

恵那峡

問い合わせ
0573-32-1790(恵那峡ビジターセンター)
場所
岐阜県恵那市大井町奥戸
時間
観覧自由
駐車場
約100台
アクセス
中央自動車道「恵那IC」

付知峡【中津川市】

付知川の癒しの青色と、エメラルドグリーンの川と紅葉樹とのコントラストにうっとり

御嶽山系の雪解け水が清流付知川となって、渓谷美を織り成す「付知峡」。青川と呼ばれる澄み切った川と紅葉のコントラストは見事!付知峡不動公園内の約860mの遊歩道を歩くと、糸のように岩肌を流れる観音滝や、水量が多くダイナミックに流れる不動滝を眺めながら、鮮やかな紅葉が楽しめます。例年の見ごろは11月上旬。中でも、攻橋や本谷橋からの眺めがおすすめです。

付知峡

問い合わせ
0573-82-4737(付知町観光協会)
場所
岐阜県中津川市付知町1区下浦地内
時間
観覧自由
駐車場
あり
アクセス
中央自動車道「中津川IC」より車で約50分

夕森渓谷【中津川市】

紅葉の時期は、夕森渓谷を知り尽くした案内人による有料のガイドツアーも実施

標高700mに位置する絶景スポット。「岐阜県の名水50選」に選定された竜神の滝を含む5つの滝と、真っ赤に色づいた紅葉が望める。ここでは地元の人によるモミジの植栽が行われ、現在は1万5千本を超える本数に。例年の見ごろは10月下旬~11月中旬で、11月の初めには、ウォーキングを楽しむイベント「夕森渓谷のもみじ」が開催される。

夕森渓谷

問い合わせ
0573-74-2144(夕森渓谷総合案内所)
場所
岐阜県中津川市川上1057-4
時間
観覧自由
駐車場
あり
アクセス
中央自動車道「中津川IC」より車で約45分

恵那川上屋 瑞浪店【瑞浪市】

「栗一筋」(1300円)。栗一筋と栗きんとんなどの和菓子のセットも人気

栗きんとんでおなじみの「恵那川上屋」によるビッグサイズのモンブラン。メレンゲにカスタードクリームと生クリーム、さらにキャラメルソースを重ねて、仕上げに特製の栗のペーストをたっぷりと。9月~1月上旬までの限定品です。テイクアウトも可能だけれど、栗の風味とフワフワ感がポイントなので、消費期限は30分!できたてを堪能してください。

ガラス張りで広々とした瑞浪店。別棟の里の菓茶房で、栗パフェなどのメニューも楽しめます。

恵那川上屋 瑞浪店

問い合わせ
0572-68-9090(茶房専用)
0572-68-5220(店舗専用)
場所
岐阜県瑞浪市薬師町1-1 
営業時間
9:00~18:30
※茶房は~17:30(LOは17:00)
定休日
茶房は火曜定休(祝日の場合は営業、翌水曜が休み)
駐車場
30台
公式サイト
中央自動車道「瑞浪IC」より車で約15分
ぎふ旅コインの利用

恵那 銀の森【恵那市】

東美濃といえば!の和菓子「栗きんとん」(2個500円)。和栗の濃厚な風味が口いっぱいに広がります

恵那山の麓に、レストランやパティスリー、お土産店など7つのショップが集合。栗の和菓子を中心に扱う「美栗舎(みくりや)」では、9月~3月まで「栗きんとん」が登場します。厳選された和栗と少量の砂糖を使用し、なめらかな口当たりが特徴です。干し柿に栗きんとんを詰めた「柿ぼっくり」も人気。園内には季節の草花があふれ、10月下旬からは紅葉も楽しめます。

栗きんとんの水饅頭の「琥珀」、市田柿の中に栗きんとんが入った「柿ぼっくり」もぜひ。

「森と人をつなぐ場所」をテーマにした「恵那 銀の森」では、ショップやレストラン、体験プログラムなど、お楽しみがいろいろ。園内にはテラス席が点在しているので、購入したお菓子をその場でパクリ!もOK。

恵那 銀の森

問い合わせ
0800-200-5095
場所
岐阜県恵那市大井町2711-2 
営業時間
10~3月は10:00~17:00
4~9月は10:00~18:00
定休日
水曜定休(祝日の場合は営業)
駐車場
186台
公式サイト
http://ginnomori.info/
アクセス
中央自動車道「恵那IC」より車で約5分
ぎふ旅コインの利用

栗cafe ISSADO【中津川市】

2人でシェアするとほどよいビッグサイズ!「栗きんとんモンブラン」(1800円※ドリンク付)

和菓子処の三代目が考案した、大きな「栗きんとんモンブラン」がSNSで話題に! 栗ペーストの細さはなんと0.8mmで、その新食感を味わってもらうために、「賞味期限は3分」がキャッチフレーズです。中身は栗きんとんケーキや生クリーム、カスタードで、どれも自家製。老舗の技を継承した味をぜひ。

オーナーの田口温基さん。カフェは11月末で一旦冬期休業。春からパワーアップして開業するそうです。

隣の「和菓子処一茶堂」。カフェ休業中は、こちらでおいしい和菓子をGET。

栗cafe ISSADO

問い合わせ
0573-82-4389
場所
岐阜県中津川市付知町10201-1
営業時間
10:00~17:00(LOは16:30)
定休日
月・火曜定休
(祝日または大型連休の場合は営業)
駐車場
10台
公式サイト
https://kuricafe.issado.jp/
アクセス
中央自動車道「中津川IC」より車で約30分
ぎふ旅コインの利用
不可

満天星 一休 苗木店【中津川市】

「栗おこわ膳」(1500円)。栗きんとんがセットになる時期を毎年楽しみにしているファンも多数。注文できるのは10~14時頃まで

中津川の自然と風土を大切にする和菓子店による「栗おこわ膳」。大粒の栗が入ったおこわに、煮物などの小鉢と味噌汁、そして栗きんとんがついたお膳が評判。モッチリしたおこわは、ホクホクした栗本来の食感や甘みがよくわかります。お膳は通年商品だけれど、セットの和菓子が栗きんとんになるのは、この時期だけのお楽しみ。

満天星 一休 苗木店

問い合わせ
0573-65-0193
場所
岐阜県中津川市苗木岡田2531-1
営業時間
8:30~19:30
※茶房は10:00~14:00(受付終了)
定休日
無休
駐車場
15台
公式サイト
http://www.doudan-ikkyu.com/
アクセス
中央自動車道「中津川IC」より車で約15分
ぎふ旅コインの利用

今回は東美濃エリアをピックアップしましたが、広~い岐阜県のほんの一部。お楽しみは県内全域に広がっているので、自分好みの「岐阜旅」プランを練ってみて!

岐阜の旅ガイド

公式サイト
https://www.kankou-gifu.jp/


写真/北川友美 取材・文/倉畑桐子 モデル/高城ルウ(セントラルジャパン)
※掲載内容は2022年8月時点の情報です
※価格は税込み表記です

RANKING ランキング

TAGS #人気のタグ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY1月号(2022年11月22日発売)東海グルメニュース総決算2022

特集の目次を見る

Please Share

秋の紅葉と栗を満喫!岐阜県・東美濃エリアのおすすめ観光スポット8選

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. 恵那
  4. 秋の紅葉と栗を満喫!岐阜県・東美濃エリアのおすすめ観光スポット8選

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。