絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

BMK開運への道。“そのご利益”にあずからせてください!!!!!~東海エリアが誇る神社仏閣を紹介~【vol.5 別小江神社】
#おでかけ

2024.5.15wed

BMK開運への道。“そのご利益”にあずからせてください!!!!!~東海エリアが誇る神社仏閣を紹介~【vol.5 別小江神社】

名古屋をはじめとする東海エリアを中心に活動中のボーイズグループ「BMK(ビーエムケー)」の連載企画「BMK開運への道。“そのご利益”にあずからせてください!!!!!」
2024年1月にメジャーデビュー3年目を迎えたBMKが、東海エリアの神社仏閣を巡って、ご利益にあずかり、さらなる“TOP OF TOP”を目指します!

実は、愛知県は日本で最も神社・お寺が多いと言われていて、ご利益はもちろん、個性満載なお守りや御朱印を求めて、全国から人々が集まる場所も多数。
また、メジャーデビュー前、新型コロナの終息と世の中の安全を願い、名古屋市内の700の神社を自転車(!?)で巡ったBMKにとって、神社やお寺はゆかりがあるスポット。

この連載では、毎月、テーマに沿った神社仏閣が登場します。
第4回目のテーマは「繁栄」。2024年5月から新体制となったBMKのより一層の繁栄を願って、名古屋・北区にある「別小江神社(わけおえじんじゃ)」へ! ここは、かわいい御朱印にフォトスポットがあるなど、映える神社としても人気。
また、「金運を上げたい!」と話していた米ちゃんこと米谷恭輔くん念願の金運のご利益も期待できます。

読者の皆さんもBMKと一緒にお参りして、ご利益をいただいて、運気を上げましょう♪ それでは、レッツ参拝~!!

▼前回の記事

Check!

BMK開運への道。“そのご利益”にあずからせてください!!!!!~東海エリアが誇る神社仏閣を紹介~【vol.4 若宮八幡社】

BMK開運への道。“そのご利益”にあずからせてください!!!!!~東海エリアが誇る神社仏閣を紹介~【vol.4 若宮八幡社】

名古屋をはじめとする東海エリアを中心に活動中の、5人組ボーイズグループ「BMK(ビーエムケー)」の連載企画「BMK開運への道。“そのご利益”にあずからせてください!!!!!」。 2024年1月にメジャーデビュー3年目を迎えたBMKが、東海エリアの神社仏閣を巡って、ご利益にあずかり、さらなる“TOP OF TOP”を目指します! 実は、愛知県は日本で最も神社・お寺が多いと言われていて、ご利益はもちろん、個性満載なお守りや御朱印を求めて、全国から人々が集まる場所も多数。 また、メジャーデビュー前、新型コロナの終息と世の中の安全を願い、名古屋市内の700の神社を自転車(!?)で巡ったBMKにとって、神社やお寺はゆかりがあるスポット。 この連載では、毎月、テーマに沿った神社仏閣が登場します。 第4回目のテーマは「卒業と新たなスタート」。ご利益スポットは、名古屋・矢場町の「若宮八幡社」です。 2024年4月末をもって、BMKを卒業、所属事務所から退所する、聡ちゃんこと中原聡太くん。『日刊KELLY』としては、今回が5人最後の出演になります。 読者の皆さんもBMKと一緒にお参りして、ご利益をいただいて、運気を上げましょう♪ それでは、レッツ参拝~!! ▼前回の記事 日刊KELLY|名古屋の最新情報を毎日配信!2024.03.15BMK開運への道。“そのご利益”にあずからせてください!!!!!~東海エリアが誇る...https://kelly-net.jp/enjoytoday/20240315110040103100.html BMK(ビーエムケー) プロフィール プロフィール “凧のように逆風を受けるほど上昇する、逆境に負けないグループ”をコンセプトに、元気と勇気を発信し続ける、名古屋発5人組エンタメ集団。2021年1月にシングル「モンスターフライト」でメジャーデビューを果たす。メンバーは、聡ちゃんこと中原聡太、米ちゃんこと米谷恭輔、みかちゃんこと三隅一輝、けんぱこと松岡拳紀介、たくみんこと佐藤匠。 名古屋総鎮守の「若宮八幡社」 まずは、本殿から5人仲良く参拝。 名古屋市・矢場町にある「若宮八幡社」の御祭神(ごさいじん)は、仁徳天皇(にんとくてんのう)、応神天皇(おうじんてんのう)、武内宿称(たけのうちすくねのみこと)。 社伝によると、文武天皇の時代に那古野庄今市場に創建し、901年~923年に再興。1532年3月11日、織田信秀が「那古野城」を攻めた際に焼失しましたが、1539年に再建。 1610年(慶長15年)、徳川家康が名古屋城の築城にあたり、現在の地に遷座し、名古屋の総鎮守としました。 聡ちゃん 本殿には、国家鎮護、平穏安寧、家内隆盛、縁結び、出世開運、勝負・必勝祈願、災難除け、厄除け、合格祈願、子孫繫栄、交通安全、延命長寿、武道上達、出世成功、商売繁盛、試験合格、必勝祈願と、たくさんのご利益があるよ! 心を込めてお参りしよう。 実は、BMKが名古屋市内の700の神社を自転車で巡った企画「開運祈願!究極の神頼みツアー」の1社目が、若宮八幡社でした。 2020年9月にメンバー全員で参拝して以来、約3年半ぶりにBMKの5人が、若宮八幡社に集結! 若宮八幡社は名古屋の総鎮守でもあり、BMKにとってゆかりのある神社です。 2020年9月、若宮八幡社を参拝した時の写真。 当時の記念写真を再現!!!!! みかちゃん 「BOYS AND MEN研究生」時代のメジャーデビューする直前、名古屋市内の神社をメンバー5人で手分けして自転車で回る企画をした時以来の「若宮八幡社」。ここは企画の1社目で、メンバー全員でお参りしたんだけど、我々の“出発の地”と言っても過言ではない場所に、またこの5人で帰って来られたのがすごいうれしい! BMKの歴史の中でも、印象的な出来事になったよ。みんなで参拝して、とても良い時間を過ごせました。 ▼「究極の神頼みツアー初日を振り返ってみた」の動画はこちら! 撮影日は、春らしい陽気になったばかりのころ。咲き始めた桜を5人で見ることができました。 「東照宮祭」「三之丸天王祭」と共に「名古屋三大祭」の一つとして知られる、若宮八幡社の例大祭「若宮まつり」は、毎年5月15・16日に開催されます。 15日は、名古屋市の「有形民俗文化財」に指定されている、山車「福禄寿車(ふくろくじゅしゃ)」が、その年の当番町内に曳き出されます。 この山車は1676年に作られたもので、高さは6m、重量は約4トン。太平洋戦争の空襲で、名古屋市の数多くの山車が焼失した際、運良く難を逃れたそう。いわば、“強運の山車”です。 16日は、山車が神輿と共に、名古屋市の本町通を通って「那古野神社」まで曳き出されます。熟練の技が光る、四体のからくり人形の実演も見どころの一つ。 木々が生い茂る境内は、フォトスポットとしてもおすすめ。 たくみん 「若宮八幡社」を参拝したり、神社の前を通ったりしているけど、「若宮まつり」のことは初めて知った! 蔵で管理されている山車も見ることができて貴重だったな。あと、7~8月は「風鈴まつり」があって、境内にたくさんの風鈴が飾られるから、きれいな音色を聞くことができるよ。これからはこういう神社のイベントにも足を運んでみたい! 次のページ… “縁結びの神様”にBMKがお願いしたこと、 辰年にぴったりな「若宮龍神社」も! 縁結び・裁縫の上達には「神御衣神社」 本殿の右側を進むと、「神御衣神社」などの末社があります。 境内には、縁結びのご利益がある「神御衣(みころも)神社」があります。恋愛成就や様々なご縁と結ばれることだけでなく、裁縫の上達や女性の幸せのご利益も。 5人を代表して「願いの緒」に願い事を書いたたくみんと、そばで見ていた聡ちゃん。 また、“縁を結んで幸せに導いてくれる”ことから、「願いの緒」(700円)の奉納もできます。「願いの緒」は、全部で8色がスタンバイ。BMKは“ご縁や絆がさらに深まりそう!”と、濃いピンク色を選んで、願い事を書くことに。 気になる5人の願い事は… 2024年4月27日(土)に開催される、聡ちゃんの卒業ライブの大成功☆ 「願いの緒」は、「神御衣神社」にある5色の綱に、ご縁が固く結ばれるよう、気持ちを込めて固く結び付けます。 リーダーの米ちゃんが「願いの緒」を奉納。後ろからみんなで見守っていました。 毎年2月8日には「針供養まつり」が開催されています。このお祭りは、裁縫の上達を願って、針をやわらかい豆腐やこんにゃくに刺して針の労をねぎらって感謝するもの。 また、一針一針、布を縫い合せるように、大切な方への想いを紡いで良縁や永遠の絆を祈る祭事です。 「神御衣神社」の前にある「針塚」。 米ちゃん “裁縫の神様”がいらっしゃるとはびっくり! 「神御衣神社」は、人との絆や良縁、家庭円満、仕事や勉強の成功、子育てや仕事の両立などを願う神社。自分の願い事や思いを神様に伝える機会として、「針供養まつり」に参加しよう! 真剣な表情で、絵馬に願い事を書くけんぱ。 ハートの絵馬がとっても似合うみかちゃん。 「何とのご縁をお願いしようかな?」と悩んだ聡ちゃんが書いたのは… 米ちゃんの願い事は、このニッコニコ笑顔に表れています! 5人の思いを絵馬に託して、たくみんが絵馬掛けに奉納。 また、縁結びの願意をさらに強めてくれる、ハートの絵馬がとってもキュート♡ 参拝した人と一緒に、一つの絵馬に書いて記念写真を撮るのもおすすめです。 「若宮龍神社」をはじめとする末社の数々 「若宮龍神社」の両サイドには桜の木が生えています。見ごろを迎えたころに行くと、とってもきれいな写真を撮ることができます。 2024年干支は「辰」ということで、若宮八幡社の「若宮龍神社」にも注目です。龍は、権力や隆盛の象徴であることから、辰年は「出世や権力に大きく関わる年」と言われています。 また、その年の干支とゆかりがある場所や、自分の干支にちなんだ神社やお寺へお参りに行くと、さらなるご利益をいただけるそう。 BMKには辰年メンバーが2人も。まずは、みかちゃん。 もう1人は、けんぱ。 「若宮龍神社」には、2023年12月にチェーンソーアート作家・太田貴之さんが作り上げた、龍の木の彫刻作品があります。 2024年の干支は、甲辰(きのえたつ)なので、“木の辰”という意味合いもかかって、より縁起が良いと言われています。 「若宮龍神社」を参拝したら、木彫りの龍をじっくり見てみましょう。 木彫りの龍が手に持つ如意宝寿には、「願い事を叶える」「長寿を願う」という意味があり、繁栄や幸福を象徴。そのことから、如意宝寿に触れるとより良いのだとか。 けんぱ 開運出世・必勝祈願・運気上昇・金運守護・水の神のご利益がある「若宮龍神社」。2024年、僕は年男なので、辰に関連した場所でお参りできて良かった! 彫刻作品も間近で見られて感動したな。 「恵美須神社」 いつくもの末社の神様が祀られている合殿。厄除けや学業成就、家内安全など、ご利益も様々です。 そして、若宮八幡社には、商売繫盛のご利益がある「恵美須神社」と、海上安全、安産、子孫繁栄、家内安全の「住吉神社」の他、「熊野社」「日吉社」「香良洲社」「天神社」「秋葉社」の合殿があります。 米ちゃん 「若宮八幡社」は、都心とは思えないほどの広々とした境内に、たくさんの緑が印象的。末社がいくつもあって見どころ満載! 撮影中も多くの人たちが、本殿や末社をそれぞれ参拝していて、地元の人たちにすごく愛されていると感じたよ。 次のページ… “若宮八幡社オリジナルの「水みくじ」、 参拝したBMKの「今月の一言」 「水みくじ」やかわいいお守りたち♪ 本殿の前にある、ピンクの井戸。 若宮八幡社には、たくさんのおみくじがあるのもポイント。特に、井戸の水を汲んで、水の上に浮かべると、おみくじの結果が浮かび出る「水みくじ」(300円)が人気です。書かれている項目は、願い事・仕事・恋愛・金運。 たくみんは大吉!「気になっていた水みくじを引けてうれしい♪」 社務所にあるおみくじの他、本殿の横には数種類のおみくじがスタンバイ。BMKはそれぞれ気になるおみくじを引いてみることに。 みかちゃんは「花咲きおみくじ」、けんぱは「縁結びみくじ」、聡ちゃんは「扇子おみくじ」、米ちゃんは「男みくじ」を選びました! おみくじの内容を読み合って、盛り上がる3人。 ハートの形をした、かわいいみくじ掛け♡ けんぱ 聡ちゃんの「扇子おみくじ」は、おみくじ自体が扇子の形をしていて、みかちゃんと米ちゃんが引いたものにはストラップが付いていた! 大人数で行ってそれぞれ違うおみくじを引いたり、参拝へ行く度に違うおみくじを引いたりするのも楽しそう。 写真の左上からレース素材がかわいい「清心守(まごころまもり)」、裁縫をモチーフにした「神御衣守」、2色の「むすび御守」、袋型の「来福守」。 また、お守りの種類も豊富! レース素材のものやペアで持てるものなど、デザイン性の高いお守りがそろっています。 「幸せの糸巻き」(1000円) そして、お守りの形状としては珍しい、1本の棒に5色の糸が巻かれている「幸せの糸巻き」も。恋愛・仕事・子宝などの良縁を後押ししてくれます。 左が「神御衣神社」の御朱印、右は「若宮八幡社」の通常御朱印。 御朱印もいくつかあり、「針供養まつり」では限定御朱印が登場します。 聡ちゃん 「若宮八幡社」は前からよく知っている神社だけど、末社が多くて、たくさんのおみくじやお守りもあって、新しい発見ばかりで新鮮だった! 開運へ一歩近づいたBMKの「今月の一言」 BMKのメジャーデビュー前にみんなで参拝した若宮八幡社へ再び来て、思い出話に花を咲かせていました。 神社仏閣を参拝した後、開運への道を一歩進んだBMKが、お参りを通して実感(痛感?!)した気持ちを表す「今月の一言」を披露! たくみん 「“若宮八幡社”とかけまして“BMKの5人”と解きます。どちらも“せんい(繊維・戦意)”で繋がっているでしょう。」 裁縫の上達に関する神社や祭事がとても印象的でした。そこで、裁縫に関する“繊維”と、僕たちの戦う気持ち“戦意”をかけたよ! 今回が5人最後の連載出演なので、若宮八幡社を参拝して、僕たちの絆をさらに深めることができて良かった。 米ちゃん 「その道を極めたければ来るべし。」 若宮八幡社には本殿に、数々の末社や木彫り作品があるだけでなく、名古屋観光ホテルとのコラボレートによる「若宮の杜 迎賓館」で挙式をすることができて、婚礼としても人気の場所。それぞれを極めた人たち・ご利益が集まっていると思いました。ここで気持ちを高めて、清めて、僕も何かを極めたい! それと「男みくじ」で大吉が出たので、そこに書かれていたことを大切にして、これからも助言をもらいに参拝へ行きたいな。 けんぱ 「やっぱり大吉はうれしい」 「縁結びみくじ」で見事に大吉を引くことができました! 僕たちの原点のような場所である若宮八幡社で、大吉を引くことができたというのは縁起が良い!! 改めて大吉の喜びを感じました。 みかちゃん 「我々5人の足跡は水に流されない!!!!!」 水に浮かべることで文字が読めるようになる、若宮八幡社オリジナルの「水みくじ」。紙が乾くと、文字が読めなくなっていたのが面白いなと感じました。僕たちが歩んできた足跡、5人の絆は決して水に流されません! これまでいろいろなことがありましたが、5人での思い出を締めくくって、4人で新たなスタートを切りたい、という思いを込めました。 聡ちゃん 「祭りごとはみんなで盛り上げるべし!」 5月15・16日にある「若宮まつり」がとっても楽しみ! その気持ちを表すために、オフショット動画で、メンバーみんなで一緒に「ワッショイ、ワッショイ!!」と言って盛り上げよう、という話になったのに、なぜか1人でワッショイすることになりました…。僕は4月末で卒業するから、もしかしてもう気持ちが4人に向かっているの!?(笑)これからのBMKのイベントや祭りごとは、“4人で一致団結して向かってほしいな”というエールを込めて、この一言にしました。 聡ちゃんのまさかの一言に、「自分を犠牲にしてでも、それを伝えたかったんだね」とけんぱ。 気になるそのオフショット動画は、日刊KELLYの公式Instagramのストーリーズ・ハイライトで後日アップします! お楽しみに!! 次のページ… メンバーの今だから言えることに 聡ちゃんタジタジ!? メンバーから聡ちゃんに伝えたいこと 若宮八幡社の「連理稲荷神社」の連なっている鳥居は、映えスポットとしても◎。 2024年4月末をもって、BMKを卒業、所属事務所を退所する聡ちゃん。刻一刻と近づくその日を目前にしたメンバーから聡ちゃんに言いたいことを、お手紙風に伝えてもらいました。 たくみん 「中原くんへ。僕は、とあることが忘れられません。それは、福岡でのライブツアーの翌日。みんなでタワーに登ろうっていう企画の時でしたが、中原くんは前日に食べた水炊きの影響で顔がパンパンでしたね(笑)。これからも打ち上げでご飯を食べたり、お酒を飲んだりすることがあると思いますが、次の日にどういう仕事があるか確認してください。もしかしたら顏がパンパンになって、別人になってしまって、集合場所で出会えないかもしれません。気を付けてください。」 聡ちゃん あの日はやばかったなー(笑)。ライブが終わって、社長にご飯へ連れて行っていただいたんだよね。みんなで水炊きを食べて、お酒を飲んで。でも、僕はライブ2公演後、深夜のラジオがあって、喉を結構つかっていたからお酒を控えていたんだけど、なぜか次の日、顏がパンパンだった! 米ちゃんに「イグアナみたいだね」って言われた(笑) たくみん 食事もお酒も一番控えていたのにね(笑)。きっとハードで疲れていたんだろうね。だけど、あの時楽しかったな。 米ちゃん 「中原聡太くんへ。僕がメジャーデビュー前の神社巡り企画で使っていた自転車を、今も元気に使ってくれていますか。これからも元気良く、自転車と共に活躍してください。」 聡ちゃん はい。もちろん、あの自転車を使っています(笑)。神社巡り企画の時期、僕の自転車が盗まれちゃって。その日、たまたま米ちゃんとコンビニで会って、報告程度に「自転車、盗まれた」と言ったら、その後「使っていいよ」って、米ちゃんがわざわざ自転車を持ってきてくれたんだよね。それからずっと使わせてもらっています(笑) 米ちゃん すぐ新しいのを買うだろうと思って、少しの間は貸してあげようという気持ちで渡したら、もう数年経った(笑) 聡ちゃん この間、パンクしたから修理して、カゴも壊れていたから買い直した! こうなったら、自転車をカスタムして返そうか。 米ちゃん 違う自転車になって返ってくるってこと?(笑)でも、大事にずっと使ってくれているのはうれしいよ。これからもこのまま頑張って使ってください! 「連理稲荷神社」では、「しあわせのお願い狐」を掛けて祈願することができます。 みかちゃん 「聡ちゃんへ。BOYS AND MEN研究生時代、学ランのジャケットを破ったのは僕ではありません。」 聡ちゃん あ、そうなんだ。昔も今も、自分たちで学ランの管理をしているけど、その当時は事務所の洗濯機で学ランを洗濯することが多かったんだよね。それで、みかちゃんともう1人のメンバーが「まとめて洗濯しておくよ」と言ってくれたから、お願いして。そうしたら、次のお仕事の時に、学ランの裾のところが焦げた感じで破れていたんだよね。結構すごい破れ方で、衣装が着られなくて、その週末のイベントを休むことになって。洗濯機の故障なのか、何が原因かわからなくて、そのままうやむやになったんだけど、僕らの中ではみかちゃんがやったんじゃないかって話になったんだよね(笑) みかちゃん そうそう。聡ちゃんは僕よりも先輩で、年齢も上で、いろいろなことを教えてくれたんだけど、教え方が怖くて。僕はよく泣かされていたから、周りから見たら、“三隅が腹いせに学ランを破ったんじゃないか”ってなったんだよね(笑) 聡ちゃん 犯行動機があって、アリバイはなかったからね(笑) みかちゃん 洗濯して干すところは誰も見ていなかったからね。動機がしっかりし過ぎていて、途中から僕自身も“自分がやったんじゃないか”って思うようになった(笑) たくみん そういうのを題材にした作品もあるくらいだからね。 みかちゃん 何回も言っているし、数年経って記憶が明確になってきたので、ここではっきりさせておきます。あれは僕じゃありません! “衣装を大切にしよう”っていう教訓があったから、そんなことしません。 聡ちゃん わかりました! きっと洗濯機の問題だね。 ▼聡ちゃん×みかちゃんの師弟関係(!?)エピソード 日刊KELLY|名古屋の最新情報を毎日配信!2024.03.15BMK開運への道。“そのご利益”にあずからせてください!!!!!~東海エリアが誇る...https://kelly-net.jp/enjoytoday/20240315110040103100.html?nextpage=3#h2_2_6 けんぱ 「聡ちゃんへ。無理をしないでください。」 聡ちゃん どういうこと? けんぱ 聡ちゃんは事務所に入った初期から、足が速くて、バスケットボールが得意で、運動神経が良くて、身体が軽かったから、積極的にアクロバットをしてくれたよね。特に、テレビとかのメディアに出る時は、特技としてアクロバットは用意するものがないし派手だから、聡ちゃんに頻繁にアクロバットをしてもらって。でも、年を重ねるにつれて様子がおかしくなってきた…。ジャンプ力がなくなってきて、聡ちゃんのアクロバットにヒヤヒヤし始めたんだよね。床すれすれのバク宙で、もはや床とチューするくらいの距離で飛んでた(笑) たくみん あ、そういう意味での“バクチュー”? けんぱ そう! 僕たちの膝下に聡ちゃんの身体が全部収まるくらい、低い位置でアクロバットをしていた時があって。そうなっても、聡ちゃんはやってくれてた。でも、もう無理はしないでほしいな。 たくみん 『読売テレビ』『ぐっと』『おはスタ』が、中原くんの“トラウマ3段活用”。関西の『読売テレビ』に出演した時に“おや?”ってなって、中京テレビ『ぐっと』の放送で“おやおや?”ってなって、『おはスタ』で“大丈夫!?”ってなった(笑) みかちゃん あれから封印したもんね。 けんぱ 生放送で「バク転します」と言ってバク宙していたこともあったよね(笑) 米ちゃん 自分でも何をするのか、わからなくなっていたんだよね(笑) けんぱ 現場にいる全員が「え!?」っなってた(笑)。ケガするのが一番怖いし、健康で元気にいてほしいから、できないことは「できない」って言ってほしいな。 みかちゃん 一人で背負わないでほしいね。 けんぱ そう。いつでも周りに頼ってほしいね。 次のページ… 聡ちゃんのBMKメモリーの数々は 笑いあり・涙あり!!!!! 聡ちゃんの“BMKメモリー” BMKの活動を振り返り、メンバーとの思い出を楽しそうに語ってくれた聡ちゃん。グループを思う気持ちが伝わってきました。 BOYS AND MEN研究生時代から周りのメンバーを引っ張ってきて、約10年間活動してきた聡ちゃん。BMKの活動で印象に残っていること、メンバーとの思い出を聞いてみました。 聡ちゃん これまでの活動の中で一番を決めるのは難しいけど、東海テレビの『BMKのでらヤバいい~旅!』は、BMKがメジャーデビューして初めてのレギュラー番組だから思い出深いな。小さいころからテレビを観るのが好きで、漠然と“テレビに出ている人になりたい”っていう気持ちがあったから、それが叶ったお仕事になったんだよね。先輩方がレギュラーを持っていたり、一緒に活動していた仲間たちがメジャーデビューしてすぐに冠番組を持っていたり。そういう姿を見てきたけど、僕たちはデビューから1年くらい経ってからようやくメディアに出ることができるようになって、冠番組を持たせてもらって、いろいろなロケをしたからすごく思い出に残っているな。 上手くいかないことが多かったのも、今では良い思い出。特に、初回のバッティングセンターで200キロのボールを打つっていう企画は、全然できなくて怒られたよね(笑)。でも、僕たちのYouTubeチャンネルでリベンジした時は、めちゃめちゃ当たった。テレビで全然できなかったのは、どういうことなんだろうって思ったね(笑)。あの番組は、“いろいろなアクシデントをみんなで乗り越える”ことが多かったな。 みかちゃん あのころの出来事のおかげで、今のBMKがあるよね。ずっと上手くいかなくて、どうしたら上手くいくの?っていう悶々とした気持ちがあったからこそ、一皮むけた感じがする。 聡ちゃん そうだね。友だちとかもテレビを観てくれたり、テレビの番組表を写真に撮って送ってくれたり。こういう活動をしていることを一番体感できたのが、初のレギュラー番組だったな。 聡ちゃんと“マブダチ”の米ちゃん。『日刊KELLY』にも、この2人のエピソードが好きという感想が多く送られてきています。 聡ちゃん 舞台に出ているメンバーが多くて、米ちゃんと2人で活動していた時期があったんだけど、イベントとか一緒に過ごす時間が多くなればなるほど、楽屋で喋ることが少なくなっていった(笑)。最初の方は自分から話しかけたり、米ちゃんも話してくれたりしてたけど、時間が経つにつれて、ステージ上でしか喋らない時があったよね。 けんぱ 照れていたんじゃない? 米ちゃん 話すことがないのよ(笑) 聡ちゃん そう(笑)。ちょうどグループのリリースイベントと時期が被ってたり、トークショーもあって、楽屋で話すとその場で話すことがなくなったりするから、余計に喋らなくなった。あのころよりも今の方がよく喋っているね。今は大人数でいる時も、米ちゃんと一対一で話していることが多い気がする。でも、そういうのがあったおかげで思い出ができたし、ファンの子の中でも、2人(聡ちゃん・米ちゃん)の組み合わせが好きって言ってもらえることが増えたから良かった。今となっては、あのころは楽しかった!と思うよ。 前回の連載で、聡ちゃんとは師弟関係を経て「一番自然体でいられる」と話していたみかちゃん。これからも変わらない関係性でいられますように☆ 聡ちゃん みかちゃんと2人でずっと一緒にいたような時期はあんまりないけど、他のメンバーが舞台に出演していた時はよく一緒にいたね。あ、基本的に僕はグループでお留守番していたね(笑) メンバー ありがとう! みかちゃん 我々が舞台に出られるのは聡ちゃんのおかげだよ。舞台出演中はグループの活動が止まるからね。 けんぱ 全員、舞台期間の話で終わるんじゃない?(笑) 聡ちゃん あと研究生時代に、選抜ユニット「祭nine.」と別れて、BMKがはじめ6人でスタートする時期に、最初にみかちゃんに声をかけてラーメンを食べに行ったの。そこで「今後どうしようね」っていう話をして。 たくみん 知らなかった! その状況、怖い!!(笑) みかちゃん そのころ、聡ちゃんは先輩だったから、ちゃんと先輩として接してくれたんだよ。でも、「どうしようね」じゃなくて、「君はどうするんだい?」みたいな感じだった(笑) けんぱ 先輩やなー! 聡ちゃん 自分も選抜ユニットに選ばれなかったのに先輩してた(笑)。選抜が決まった直後のころで、今後何をするかもわからなくて。今思えば、みかちゃんは高校生で、受験に専念して大学へ入学することもできるから、この活動を続けていくのかどうか、どういう気持ちで活動をするのか聞きたかったんだと思う。当時は関係性がすごくあるわけではなかったからこそ、みかちゃんの話を聞きたいって思ったんだろうな。掘りごたつで一緒にラーメンを食べたね。 みかちゃん お店の奥の方だったよね。行ったことはよく覚えているんだけど、緊張しすぎて味は一切覚えていない。 聡ちゃん (笑)。あの時、僕が奢ってた? みかちゃん いや、奢ってない。 米ちゃん 惜しいなー! みかちゃん 僕から誘ったな奢らないのはわかるよ。まあ良くない考えだけど、聡ちゃんが誘ってくれたから「一応お金持って来たけど、聡ちゃん先輩だし、年齢も上だしどうなんやろ?」って思ってたら、普通に一人ずつ食券買ってた(笑) 聡ちゃん あのころの自分の嫌なところが詰まったものを、みかちゃんが受けているっていう印象が強い(笑)。申し訳ない。 みかちゃん 今思うと、すごい愛おしいですよ。良い思い出。 BMKのラップ担当として楽曲を盛り上げている聡ちゃんとけんぱ。数十年後、果たして2人の夢は実現しているのか…!! 聡ちゃん けんぱとの思い出は、BMKのラップ担当として一緒にやってこられたことかな。「ラブエンX(クロス)」っていう楽曲が、BMKが5人になって初めての楽曲で、ここから2人でラップを担当するようになったんだよね。それからデビューシングルとか、ラップが目立つような楽曲がだんだん増えてきてうれしかった。 この間、ラップパートの多い「RED ZONE」だけをパフォーマンスするライブをした時に、けんぱが観に来てくれて。ライブが始まる前、スタッフの人と「けんぱに出てもらおう」という話になって、急遽ステージに出てもらって、2人でパフォーマンスしたんだよね。メロディーしか歌っていなかった自分たちがラップパートを任されてから数年経って、ラップ曲「RED ZONE」で2人だけでステージに立つっていうのは感慨深いものがあった。あと、けんぱが「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」という、ラップの本場とも言える舞台に出演して、プロの方から教えてもらっていたのもいいなって思いながら、あのステージを噛み締めていたよ。けんぱをステージに呼び込んだらすごい歓声が上がったし、一緒にできて本当に良かった。 けんぱ 素敵な思い出になったよね。多分、2人で歌うのは最後だから…。 たくみん カラオケで肩組んで歌ってそう(笑) 聡ちゃん お互いがそれぞれの道へ進んだ何十年後かに、「一緒にバーを経営しような」って話したよね。 みかちゃん その会話、聞いた! とある打ち上げで、2人で熱く語ってた。 けんぱ 聡ちゃんは「バーに来た若い子たちに『NANAKORO!』のMVを見せる」って言ってた(笑) 聡ちゃん 「この曲知ってる? これやってたんだよ~」ってね(笑) 米ちゃん 痛っ! それは痛すぎでしょ(笑) みかちゃん 僕らは3人でバー経営しようか。 けんぱ その子たちがそっちのバーにも行ったら、BMK5人の現在を知ることになる(笑) 米ちゃん お昼はカフェ、夜はバーのお店にして『KELLY』で紹介してもらわないと(笑)。その夢、応援しているよ。 ――KELLY編集部も応援しています(笑) ▼聡ちゃんとけんぱにとって特別な楽曲となった「RED ZONE」についてはこちら 日刊KELLY|名古屋の最新情報を毎日配信!2023.03.28BMK、1stアルバム『the FIRST』リリース記念インタビュー!https://kelly-net.jp/enjoytoday/2023032814150482060.html?nextpage=2 聡ちゃんと熱い話をすることが多かったたくみん。聡ちゃんが「やめておこうかな」と悩みながらも話をしてくれた、ある一面とは…! 聡ちゃん たくみには、いろいろと話を聞いてもらったっていう印象が強いな。それこそ米ちゃんと2人でイベントとかトークショーをやる時に、米ちゃんのことあんまり詳しく知らないなと思って、たくみに「今後2人なんだけど、何を話せばいいと思う?」って聞いたんだよね。 たくみん それを話していたのって、今回参拝した「若宮八幡社」の前の通りだったよね。すごい繋がっている! 聡ちゃん そう! あと、僕の家に来て動画を撮った時にも「今後どうしよう」とか「どういうライブにしていこうか」っていう話をしたよね。そういうグループに関する話をした時間が、メンバーの中でも特に多かったな。あと、けんぱもだけど、たくみも意外と小学生みたいな下ネタが好きだよね(笑) たくみん えー! やめてよー!!(笑) 聡ちゃん みかちゃんと米ちゃんは、そういうの興味ないからって大人ぶってるけど(笑)、たくみは子どもが笑うようなことでも一緒になって楽しんでくれる。目線を合わせてくれているのか、感覚が一緒なのかわからないけど、一緒になってはしゃげるのがすごいうれしい。 米ちゃん たくみは、すごいはしゃいでいるよね(笑) けんぱ たしかに。たくみは真剣な話をすることが一番多いけど、一番下ネタが好き(笑)。例えば、僕が不意にかわいらしいのを言ったら、その餌に食いついて一番リアクションを取ってくれるの。 聡ちゃん キラキラアイドルなんだけど、そのキラキラアイドルを捨てて、こっちに乗っかってくれるのがうれしくて、自分たちもいっぱい餌を投げちゃう(笑) たくみん ライブ中に、ちょこちょこ言ってくるよね。そうすると、どうしたの?ってフォーカスされて、「たくみがこう言ってた」ってなるから本当に最悪だよ(笑) 聡ちゃん そういうのって地元の子たちに言っても多分伝わらないし、その子たちはもう何歩も先に行ってるから、笑える人はあんまりいないと思うんだよね(笑) たくみん 今後、中原くんのその誤差が心配だよ。 けんぱ ここから聡ちゃんは、その子たちをめちゃめちゃ追いかけることになるね(笑) 聡ちゃん たまにBMKに戻ってきて、そういう話をしてもいい?(笑) けんぱ 一生、その差が縮まらないじゃん(笑)。5人最後のインタビューの締めがこれでいいの? ――いろいろなお話、ありがとうございました(笑) 次のページ… サイン入りチェキ応募の詳細、 5人最後のライブ情報も! BMKオリジナルおみくじ♡チェキプレゼント BMKのオリジナルあみだくじで運試し! 出たあみだくじの結果をもとに、メンバーのコメントをチェックしてみてください♪ ▼あみだくじの結果はこちら ★大吉 ★吉 ★中吉 ★小吉 ★凶 また、「BMK開運への道。“そのご利益”にあずからせてください!!!!!」の読者の皆さんへ、BMKメンバーのサイン入りチェキを抽選で6名様にプレゼント! 以下の応募フォームより、どしどしご応募ください!!※チェキの種類は米ちゃん1枚、みかちゃん1枚、たくみん1枚、けんぱ1枚、聡ちゃん(特別に!)2枚 ▼応募締め切りは、2024年4月30日(火)18:00まで https://forms.gle/imz79wq3WonVenGC7 日刊KELLYの新連載「BMK開運への道。“そのご利益”にあずからせてください!!!!!」は、毎月15日AM11:00に配信! 次回、BMKはどんなご利益にあずかることができるのか…! お楽しみに♪ そして、4月27日(土)には、中原聡太くんの卒業ライブ「BMK the LA5T LIVE~オレらが一番燃えてるぜ!!!!!~」が、名古屋「Niterra 日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール」にて開催されます。 5人でのライブはこの日が最後! メンバーも気合い十分のこの公演をぜひ皆さんで盛り上げましょう!!!!! 公演・チケット情報はこちら! 若宮八幡社(わかみやはちまんしゃ) 問い合わせ052-241-0810 場所名古屋市中区栄3-35-30 時間9:00~17:00(参拝は自由) 定休日「若宮の杜 迎賓館」は火曜定休 駐車場15台 公式サイトhttp://www.wakamiya.or.jp/ Instagram@wakamiyahachimansha_nagoya アクセス地下鉄「矢場町駅」より徒歩で約10分 BMK(ビーエムケー) 公式サイトhttps://bmk-official.com/ X(旧Twitter)@BMK_info Instagram@bmk__official TikTok@bmk__official YouTube@bmk_official BMK OFFICIAL BLOGhttps://ameblo.jp/bmk-official/entrylist.html BMK Information NEWS① 初の単独ホールライブがパッケージ化! Blu-ray「BMK LIVE 2023~ATTENTION Please!!!!!~」発売中 フォトブック付き豪華ブックレット仕様で、全24曲に及ぶパワフルなライブパフォーマンスに加えて、ライブ直前に余興として行われた「BMK劇場~本番前になにしとるの!?~」を収録した「コント映像」、さらにBlu-rayだけのオリジナルコンテンツとして「メイキング映像」など、盛りだくさんの内容になっています。収録内容などは、ここを要チェック! NEWS② 配信シングル「FLY & GO NOW」リリース 「BMK」にとって、5人体制ラストシングルが、2024年4月3日(水)より、配信限定でリリース中。詳細はこちら。 NEWS③ 「全日本うまいもの祭り in モリコロパーク」に出演決定 2024年4月27日(土)~5月6日(月・祝)10:00~17:00(最終入場16:30※雨天決行)のステージに出演予定。「BMK」の出演日時は、ここをチェック。 NEWS④ 松岡拳紀介くんが舞台「ROCK MUSICAL BLEACH~Arrancar the Beginning~」の日番谷冬獅郎役で出演決定 2024年5月12日(日)~5月26日(日)東京「天王洲 銀河劇場 」、5月31日(金)~6月2日(日)大阪「COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール」にて上演。詳細はこちら! Blu-ray「BMK LIVE 2023~ATTENTION Please!!!!!~」のジャケット写真。絶賛発売中です! ※掲載内容は2024年4月時点の情報です ※価格は税込み表記です

BMK(ビーエムケー)

プロフィール
“凧のように逆風を受けるほど上昇する、逆境に負けないグループ”をコンセプトに、元気と勇気を発信し続ける、名古屋発のエンタメ集団。2021年1月にシングル「モンスターフライト」でメジャーデビューを果たす。メンバーは、米ちゃんこと米谷恭輔、みかちゃんこと三隅一輝、けんぱこと松岡拳紀介、たくみんこと佐藤匠。

「別小江神社」の繁栄のご利益&映え力

名古屋・北区にある「別小江神社」の御祭神は、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)、伊邪那美命(いざなみのみこと)、天照大神(あまてらすおおみかみ)、月読命(つくよみのみこと)、素戔嗚尊(すさのおのみこと)、蛭子命(ひるこのみこと)

天に伸びる龍に似た松の木「龍神松」。

境内には「龍神松」や「三葉の松」など、繁栄を象徴する松が自生しており、「事業繁栄」「一族繁栄」などのご利益があると言われています。

米ちゃん

「別小江神社」は、神功皇后が応神天皇を産む際に、“安産の石”を尾張国造稲植が千本杉と称する場所に埋めて、八幡社として祀ったのが始まりだそう。約4年前、BMKが神社巡りをしていた時に訪れていた場所へまた帰って来られてうれしい! あのころと変わらない雰囲気に懐かしい気持ちになったし、新しい装飾物を見てワクワクした!!

撮影時は4月。手水舎には、神社の公式キャラクターと猫たちのミニフィギュアがお花見をしている飾りがありました。

また、「末広がり」を意味する傘を用いたフォトスポットや、時期でデザインが変わる手水舎などがあり、映える神社としても人気です。

和傘やお面などの小物があるので、ぜひ活用して撮影しましょう♡

みかちゃん

和傘は風情があっていいね! 自然を感じられる神社はたくさんあるけど、「別小江神社」は自然だけでなくて、至るところが色鮮やかで新鮮だった。境内を歩くだけでも、とっても楽しい神社だよ♪ 装飾は時期で変わるので、行く度に違った楽しみ方ができるね。

本殿前に掲示されている、「別小江神社」の参拝作法。

お祈りの詞を唱えて参拝。

手水舎で身と心を清めた後、和傘の装飾が迎えてくれる拝殿前へ。別小江神社の参拝方法が掲示されているので、ぜひ確認してから参拝しましょう。

米ちゃん

それぞれの神社やお寺の作法に倣って参拝するのは、神社仏閣巡りの醍醐味だね。言葉の意味を理解しながらお祈りの詞を唱えることで、より一層、気持ちを込められた気がする。「別小江神社」の大祭は、毎年10月10~12日に開催。おみこしも出るようです!

「厄割玉」で断ち切りたいものとおさらば!

「厄割玉」を持つ手は、自然と力が入ります。

別小江神社には、ご利益にあずかれるものが多数あります。そのうちの一つが「厄割玉」(200円)です。厄割玉は、手の平に収まるサイズの玉に“断ち切りたいこと”を書いて、厄除石を目がけて投げるもの。そうすることで、“厄が落ちる”と言われています。

実は、連載初回のおみくじで凶を引いた(ある意味もっている)米ちゃん・みかちゃん。
これは早急に“厄落とし”をしなければならない!と、二人の断ち切りたいことを厄割玉に託しました。

真剣な表情のみかちゃん。何を書いたんでしょうか…?

先に書き終えたみかちゃんは、米ちゃんが書いている内容をそっと確認。

「厄割玉」が厄除石に当たって割れた様子を激写!

二人は「厄割玉」を厄除石に向けて投げ、断ち切りたいことを見事に打ち砕きました!!

米ちゃん

「明日からがんばる甘え」を断ち切りたい!
厄割玉を投げる位置から厄除石までが思いをぶつけやすい距離感で、パリーンと音が鳴って割れて、気持ちまでスカッとした! 「後回しにしてしまう自分」とおさらばできて、貴重な経験になりました。

みかちゃん

「寝不足」を断ち切りたい!
毎日決まった時間に寝られなくて悩んでいます…。厄割玉を投げるのに、運動不足で使っていなかった肩を使ったことで、早速よく寝られそうな予感!

LINEお友だち登録

RANKING ランキング

TAGS #人気のタグ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

Please Share

BMK開運への道。“そのご利益”にあずからせてください!!!!!~東海エリアが誇る神社仏閣を紹介~【vol.5 別小江神社】

WRITER

Satomi Hirata

Satomi Hirata

千葉県出身。週末の楽しみは、東海の温泉やスパに足を運ぶこと。ヨガ、お散歩も大好きな健康オタク。名古屋歴は浅いながらも、日々の発見を大事に、新鮮で楽しい情報をお届け。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. Satomi Hirata
  4. BMK開運への道。“そのご利益”にあずからせてください!!!!!~東海エリアが誇る神社仏閣を紹介~【vol.5 別小江神社】

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。