絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#暮らし

2020.10.13tue

新型電気自動車「Honda e(ホンダ イー)」のプレミアムトークイベントが開催!

新型電気自動車「Honda e(ホンダ イー)」のプレミアムトークイベントが開催!

モダンで親しみやすいシンプルなデザインと、力強くクリーンな走りや取り回しの良さ、そして多彩な先進機能を搭載した新しい「Honda e(ホンダ イー)」が10月30日(金)より発売します。車と人との暮らしをより豊かにするために、進化し続けるホンダの車。5つのスクリーンを水平配置するワイドビジョンインストルメントパネルを取り入れ、より自在な操作性や、スマートフォンを連動させたアプリの表示など、新たなカーライフを提案し、楽しみ方の幅を広げてくれます。その魅力を実際に体感してもらうため、10月6日(火)には、モデルの舟橋菜々さんをゲストに迎えたトークショーイベントが開催されました。

「Honda CONNECTで広がる 大人の遠足」をテーマに「Honda CONNECT&Honda e」で楽しくなるカーライフについて、ゲストMCの川村茉由さんと女子トーク。「OK,Honda! 近くのイタリアンを教えて!」と音声検索したら、検索結果にイタリア料理店の一覧が表示され、「ここ気になっていたお店!みんなで画面を見られるのも良いですね~!」と、その機能性の高さに会話が盛り上がりました。

さらに舟橋さんが注目したのは、スマートフォンと連動して、動画コンテンツを大画面で楽しむことができる機能。舟橋さんは、「スーパーへのお買い物の時とか、パパと子どもを車内に残していくことが多いけれど、お気に入りの動画とかこの大画面で楽しめると、子どもも退屈しなくていいですね!」とママ目線での感想を教えてくれました。

先進のテクノロジーを取り入れて、より快適なカーライフを実現した「Honda e(ホンダ イー)」。クラウドAIによる音声認識と情報提供を行う「Honda パーソナルアシスタント」を搭載し、「OK、Honda」と呼び掛けることで、最新かつリアルタイムの情報を提供してくれます。また、専用アプリをダウンロードすることで、スマートフォンをデジタルキーとして使用でき、パワーオンまで行うことも。さらに、ホンダ車専用の車載通信モジュール「Honda CONNECT」も搭載し、スマートフォンと連携させた安心できるサービスも充実しています。

街中の狭い駐車スペースでも、安心して駐車できるようにと、駐車支援システム「Honda パーキングパイロット」をホンダ車で初搭載。6つのパターンの駐車・出庫モードに対応してくれます。操作も簡単で、駐車したい場所を決めてボタンを押すと、車が自動で操作をしてくれるうれしい機能。駐車が苦手な人にとっても強い味方になってくれます。
※状況によっては、十分に性能を発揮できない場合があります

車は、生活に欠かせないパートナーだからこそ、とことんこだわりたいもの。車との生活がますます楽しく、便利になる「Honda e(ホンダ イー)」で、快適なカーライフを始めてみませんか。

本田技研工業
https://www.honda.co.jp/

※掲載内容は2020年10月時点の情報です

MAGAZINE 月刊ケリー

月刊KELLY

月刊KELLY1月号(2021年11月22日発売)SDGs
気持ちいい毎日

特集の目次を見る

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

新型電気自動車「Honda e(ホンダ イー)」のプレミアムトークイベントが開催!

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. EVENT
  3. 暮らし
  4. 新型電気自動車「Honda e(ホンダ イー)」のプレミアムトークイベントが開催!

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。