絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#プレゼント

2021.10.18mon

【抽選で1名様に当たる!】『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア』閃光のタッチ&ボールペン(非売品)をプレゼント

第15回電撃小説大賞の大賞を受賞した、川原礫氏の小説『ソードアート・オンライン』シリーズ。原作の小説が発売されて以来、全世界での累計発行部数2600万部を突破するほど人気を集める本作は、TVアニメだけにとどまらず、ゲーム、コミカライズなど、幅広いメディアミックスを展開し、2017年公開の『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』は、興行収入25億円を突破する大ヒットを記録しました。今作『ソードアート・オンライン プログレッシブ』は、“SAO”物語のすべての始まりを、深く掘り下げながら詳細に描いた作者自身によるリブート・シリーズ。原作者・川原礫氏がアスナ視点で描いた「アインクラッド編」を、完全新作アニメーションで映画化。ゲームオーバーは現実の死に直結するという、デスゲーム『ソードアート・オンライン』の待望の最新作が、劇場のスクリーンで新たな幕を開けます。

STORY

“閃光”と“黒の剣士”が、その名で呼ばれる前の物語。あの日、“ナーヴギア”を偶然被ってしまった結城明日奈は、本来ネットゲームとは無縁に生きる中学三年生の少女だった。2022年11月6日、世界初のVRMMORPG「ソードアート・オンライン」が始動し、ログインの熱狂冷めやらぬプレイヤーたちが、突如ログアウトの手段を奪われる。ゲームの世界に閉じ込められてしまった彼らに告げられたのは、“これはゲームであっても遊びではない”という、ゲームマスターの言葉だった。「ゲームの中での死は、そのまま現実の死につながっている」と、聞いた全プレイヤーが混乱し、ゲーム内は阿鼻叫喚が渦巻いた。そのうちの一人であったアスナだが、彼女は世界のルールも分からないまま頂の見えない鋼鉄の浮遊城「アインクラッド」の攻略へと踏み出す。死と隣り合わせの世界を生き抜く中で、アスナに訪れる運命的な“出会い”と“別れ”。目の前の現実に翻弄されるが、懸命に戦う彼女の前に現れたのは、孤高の剣士・キリトだった―。

今回、映画の公開を記念して、『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア』閃光のタッチ&ボールペン(非売品)を1名様にプレゼント!

▽ご応募は下記応募フォームより
【応募締め切りは、10月31日(日)】まで

『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア』
ミッドランドスクエアシネマ他で10月30日(土)より公開
監督 / 河野亜矢子
原作・ストーリー原案 / 川原 礫(「電撃文庫」刊)
原作イラスト・キャラクターデザイン原案 / abec
主題歌 / LiSA「往け」(SACRA MUSIC)
キャスト / 松岡禎丞、戸松 遥、水瀬いのり 他 
公式サイト / https://sao-p.net/
©2020 川原 礫/KADOKAWA/SAO-P Project

MAGAZINE 月刊ケリー

月刊KELLY

月刊KELLY1月号(2021年11月22日発売)SDGs
気持ちいい毎日

特集の目次を見る

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

【抽選で1名様に当たる!】『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア』閃光のタッチ&ボールペン(非売品)をプレゼント

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. EVENT
  3. プレゼント
  4. 【抽選で1名様に当たる!】『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア』閃光のタッチ&ボールペン(非売品)をプレゼント

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。