絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

沖縄の原風景に酔いしれる。「星のや竹富島」で過ごす島時間。

真っ白なサンゴの小路に、豊かな緑と青い空。その竹富島らしい風景に馴染む琉球赤瓦の集落が、どこか懐かしさを感じる「星のや竹富島」で、沖縄旅をしっとりと締めくくります。敷地内には伝統建築を踏襲した棟が連なり、まるでどこかのリアルな集落を散策しているよう。どこかから聞こえてくる三線の音にも心が落ち着きます。

客室は木造平屋作りで、縁側はすべて南向き。屋根の上からはシーサーが私たちを見守ってくれます。リビングのゆったりとしたソファや、開放的なバスタブ…。「暮らすように過ごせるここは、ぜひ連泊したいですね」と編集長。星野リゾートと言えば、その土地の文化を知り、体験できるのが楽しいポイント!ここ「星のや竹富島」では、客室の縁側や庭で、伝統楽器の三線を奏でるレッスン(一組8000円)などの、島遊びを体験できます。

また、竹富島と言えば水牛車。まだ日帰り観光客もいない、朝の静かな時間に集落を巡るツアー(一人1700円)はぜひ体験しておきたい!水牛ののんびりとした歩みに揺られながら、朝のきれいな空気で深呼吸。南国ならではの色鮮やかな草花にもうっとり。「数々の文化体験を楽しむには、やっぱり長期滞在しなくちゃ!」。

昼間は青空、夜は満天の星空の下で楽しめるプールは、24時間使用可能。楕円形のフォルムが優美で、開放感も素晴らしい!「このイスに腰かけてただ空を眺める時間…。素敵ですね」。

夕食は、沖縄食材にフレンチを融合させた「琉球ヌーヴェル」。いわゆる沖縄フードのイメージを素敵に裏切り、「星のや竹富島」ならではの新しい食文化を提供しています。ハーブを巧みに使い、やちむんの器に盛られる料理は、味も見た目も芸術的!

朝食は、沖縄の伝統的な重箱料理「ウサンミ」をコンパクトにまとめた琉球朝食を。土地のものを少しずつ味わえるのは、やっぱりうれしい。

沖縄本島から離島まで。各所にある星野リゾートを、妄想で旅してきた編集長。心は「ゆんたくラウンジ」で他のゲストとの会話を楽しみ、(妄想)旅の思い出にふけります。そして「少しでも早く、全国のみなさんが心置きなく旅に出て、その土地の魅力や人々の温かさに触れられる日が訪れますように」と心から願って、今回の旅は終了。さて、次回はどこの星野リゾートへ!?お楽しみに!

星のや竹富島

住所
沖縄県八重山郡竹富町竹富
時間
IN15:00/OUT12:00
駐車場
なし
カード

料金
大人1泊7万5000円~(1室利用あたり、食事・税・サービス別)
問い合わせ
0570-073-066(星のや総合予約)
公式サイト
https://hoshinoya.com/taketomijima

※掲載されている情報は、2020年7月時点のものであり、変更となる場合があります。

PRESENT

「星のや沖縄」のオリジナルハーブティセットを3名にプレゼント!

応募締切は2020年10月15日(木)

RANKING ランキング

TAGS #人気のタグ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY1月号(2022年11月22日発売)東海グルメニュース総決算2022

特集の目次を見る

Please Share

「星野リゾート 沖縄妄想トリップ」TRIP.16 沖縄|開業&魅力いっぱいの、沖縄・星野リゾートはしご旅

WRITER

Yoshimi Horii

Yoshimi Horii

    『KELLY』編集長。星野リゾートをこよなく愛する。国内外の施設を制覇するのが夢!

    1. トップページ
    2. ENJOY TODAY
    3. Yoshimi Horii
    4. 「星野リゾート 沖縄妄想トリップ」TRIP.16 沖縄|開業&魅力いっぱいの、沖縄・星野リゾートはしご旅

    KELLY’S
    RECOMMEND
    おすすめ記事

    RANKINGランキング

    PICK UP! 注目の記事

    SERIES 連載もの

    ABOUT日刊ケリーとは

    "GOOD LOCAL"な、
    東海のライフスタイルマガジン。

    雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。