絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#カフェ

2022.7.8fri

PR

名古屋から1時間で行ける!天然温泉「おふろcafé 湯守座」でリフレッシュ旅♡【三重・四日市】

三重・四日市市の「おふろcafé 湯守座」は、全国で展開する温浴施設「おふろcafé」ブランドの東海エリアにある唯一の店舗。館内はおしゃれな和の空間で、天然温泉、サウナ、食事、演劇鑑賞などを楽しめるのに加えて、雑誌やマンガ、フリードリンクなどのサービスも充実。スーパー銭湯の枠を超え、一日中遊んでくつろげるレジャー施設になっています。

今回は、温泉大好きという女子3名が「おふろcafé 湯守座」を満喫! その様子をレポートします。

10:00 いざ入館。かわいいレンタル浴衣にテンションUP!

「おふろcafé 湯守座」があるのは、三重県四日市市の市街地。名古屋からは車で約45分。東名阪自動車道「四日市東IC」を降りて15分ほどの場所にあり、広い駐車場を完備しています。電車なら、近鉄「四日市駅」から無料の送迎バスが出ているので便利。車でも電車でもアクセス良好で、思い立ったら日帰りですぐ行けるのがうれしい!

受付をして館内に入ると、無料のレンタル浴衣がありました。受付でも館内着は貸してもらえますが、「せっかくなら、かわいいい浴衣を着たい!」ということで、好きな浴衣を選ぶことに。

さっそく着替えてみました!浴衣は上下が分かれているセパレートタイプで簡単に着ることができ、着心地も抜群。華やかな浴衣に気分が上がります。

めいさん

いろいろな柄の浴衣が10種類以上あって、選ぶのが楽しい♪ カラフルな帯もそろっているので、どんな組み合わせにしようか悩んでしまいました。

11:00 天然温泉・サウナ・泥パックで、めざせ美肌!

浴場には、源泉風呂や高濃度炭酸泉、電気風呂、ジェットバスなど、多彩なお風呂があり、水風呂以外のすべての浴槽に天然の四日市温泉を使用しています。地下1300メートルから湧き出る弱アルカリ性の温泉は、疲労回復やストレス解消に効果があるとか。肌あたりがやわらかく、余計な角質をとってくれるので、浸かった後は肌がすべすべに!

露天風呂にも天然温泉を使用。女性の露天風呂は、元幕内力士が監修したという趣のある“土俵風呂”になっています。

強烈な発汗と爽快感を体験できる高温サウナの他、釜風呂の中に玉砂利を敷き詰めたミストサウや井戸水を組み上げた水風呂もあるので、サウナ好きも大満足!

毎週日曜日、26日(ふろの日)は、女性サウナ室で16時から、熱した石にアロマ水を掛けて蒸気を発生させ、おおうちわで仰ぐ事による香りと熱波の「ロウリュイベント」を実施中。爽快感とアロマによるリラックス効果を楽しむ事ができます。
※撮影の為、衣服を着用しています

露天風呂にある「温泉泥パック」。山形県の月布の山で採掘したミネラル豊富な粘土を温泉水と合わせています。泥が肌にしっかり密着して、保湿や血流の流れをよくする効果が期待できます。

彩七さん

泥パックを塗った感じは、ツルッとしていて気持ちいい!10分ほど浸透させてから落とすと、肌がしっとりします。泥パックが自由にできるなんて珍しいですよね!

13:00 湯上がりは、まったりランチと和スイーツを

温泉を満喫した後は、館内にある食事処へ。こちらでは、地域の名産物を使ったご当地グルメや季節の料理、甘味などを味わえます。仕切りのある掘りごたつの席が中心で、プライベート感もしっかり保てます。

「名代花かご膳」(1600円)
刺し身、天ぷら、和惣菜などをバランスよく食べられます。

四日市名物「とんてき定食」(シングル1180円)
にんにくたっぷり、ボリューム満点!

「明太子のおうどん」(820円)
うどん、そば、ラーメン、パスタなど、麺類も豊富です。

「特選てまりパフェ」(630円)
甘味は甘味処「和茶美」の名物。かき氷、わらび餅、みたらし団子、あんみつなどもあります。

「抹茶ラテフロート」(580円)

お風呂からあがったら、冷たいドリンクでクールダウン♪

えりさん

気になるメニューばかり! 甘味が充実しているのはポイントが高いですね♪ 温泉やサウナ後に食べる冷たい甘味は、格別のおいしさです。

14:30 ボディケアで、リラックスしながら美しく♡

館内にある「癒しところ凛」では、本場のスタッフによる韓国式ボディケアを受けることができます。温泉やサウナ後、柔らかくなった角質を落としてくれる韓国式のアカスリや、ゴッドハンドでスッキリした小顔を手に入れる事ができる小顔コルギなどの施術が手軽に体験できます♪

15:30 ラウンジでのんびり〜。雑誌もマンガも読み放題

館内は、白木をベースにした落ち着いた空間。趣向を凝らした様々な休憩スペースがあり、雑誌やマンガ、書籍などがずらっと並んでいます。

2階にある「うたたね処 宙ラウンジ」。ゆったりとソファが配置されていて、ソファの前にはテレビモニターもあります。その名の通り、うたた寝をするのにもぴったり。

エントランス正面にそびえる「行燈(あんどん)タワー」の内部。階段を登っていくと、踊り場ごとにくつろぎのスペースがあり、秘密基地のようなワクワク感があります。

畳敷きの「お花見ラウンジ」は、人が比較的少ない穴場。ドリンクやボードゲーム、雑誌、マンガなどを持ち込むこともできます。

館内には映えスポットがたくさん! 今の季節は、風車(かざぐるま)やランタンの装飾などがあり、夏祭り気分を味わえますよ。

お祭りの屋台などで見かけるきつねのお面を発見! フォトスポットを探しながら、館内を散策するのも楽しい。

リラックスエリアには十数種類のボードゲームがあり、自由に楽しめます。時間を忘れて没頭してしまう事間違いなし。

17:00 女子旅の記念に、かわいいお土産をGET♡

お土産売り場には、三重県や東海エリアから選りすぐった地域の特産品を中心に、食品、小物、美容グッズなどがずらり。珍しいものが多く、何をお持ち帰りしようか目移りしてしまいます。

全国各地から集められたご当地サイダーは、パケ買いしたくなるかわいさ! 冷えたものも売っているので、お風呂上がりに飲むのにもぴったりです。

おふろcaféの名物スイーツ「湯あがりミルクチーズケーキ工房 ふろまあじゅ」も必見。お風呂上りにはもちろん、かわいい保冷バッグ(別売り)もあるのでお土産にもぴったり。

サウナグッズも並んでいます。人気サウナブランドのアイテムから、「おふろcafé 湯守座」のオリジナルまで、サウナ好きにはたまらないラインナップです。

館内での滞在が気持ちよくて、「もう帰りたくないな~。」という気持ちになったら、カプセルホテル旅籠屋で宿泊することも可能です。女性専用のブースや、お化粧直し用のパウダーデスク、鍵付きロッカーもあるので、安心♪

館内レストラン閉店後も、フロントでクラフトビールやスナック類も販売しているので、小腹が空いても大丈夫!

月替りの大衆演劇や季節のイベントも要チェック!

“現代の芝居小屋”をコンセプトとする「おふろcafé 湯守座」は、月替りで全国から人気の一座を招いて芝居や舞踊、アイドルのステージなどを行っています。毎月変わる公演内容は、ホームページに随時アップされるのでぜひチェックしてみてください。

さらに、7月2日(土)~9月11日(日)の期間は、「温泉浴衣 亜細亜横丁」を開催。金魚すくいやボールすくいなど、夏気分を楽しめるコンテンツをたくさん用意しています。館内にランタンが灯り、アジアの夜市のような雰囲気が日中から楽しめます♪

天然温泉に入って、グルメを満喫し、さらに大衆演劇や季節のイベントまで楽しめる「おふろcafé 湯守座」。ちょっと日常を離れて癒やされたいと思ったら、四日市まで足を運んで、至福の一日を過ごしませんか?

えりさん

サウナが好きなのでスーパー銭湯にはよく行くのですが、「おふろcafé 湯守座」は清潔感があって、館内がとってもおしゃれ。映えるスポットが多くて、かわいい写真がいっぱい撮れました!

彩七さん

天然温泉と泥パックで肌がすべすべになりました♪ 浴衣を着て、夏祭りのような雰囲気を楽しめるのもとってもよかったです。一日では時間が足りないくらいだったので、また遊びに来たいな。

めいさん

館内にはくつろげるスペースがたくさんあって、照明も心地よくて、すっかり癒やされました。食事処のごはんや甘味もおいしくて、温泉旅館に泊まりに来たような贅沢な気分になれました。

四日市温泉 おふろcafé 湯守座

住所
三重県四日市市生桑町311
問い合わせ
059-332-2611
営業時間
10:00~翌9:00
料金
大人60分 605円、フリータイム 1408円など
公式サイト
https://ofurocafe-yumoriza.com

撮影/竹内恵美
取材/楢村雅美
モデル/佐倉えり、堀内めい、森下彩七(セントラルジャパン)
※価格は全て税込み表記です。
※掲載内容は2022年7月時点の情報です。

RANKING ランキング

TAGS #人気のタグ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY1月号(2022年11月22日発売)東海グルメニュース総決算2022

特集の目次を見る

Please Share

名古屋から1時間で行ける!天然温泉「おふろcafé 湯守座」でリフレッシュ旅♡【三重・四日市】

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. GOURMET
  3. カフェ
  4. 名古屋から1時間で行ける!天然温泉「おふろcafé 湯守座」でリフレッシュ旅♡【三重・四日市】

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。