絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

名古屋発、冬の北海道へ! ワインと美食を巡る、ほろよい女子旅
#観光

2023.11.23thu

PR

名古屋発、冬の北海道へ! ワインと美食を巡る、ほろよい女子旅

食の宝庫・北海道の道央エリアは、ワインの一大産地としても名高い場所。ブドウの収穫時期を経て、新物が続々登場するワインを思う存分堪能しよう。   

中部国際空港 セントレア」から飛行機で約2時間、冬の北海道へ。小樽市と余市町が位置する道央エリアは、注目のスポットが続々オープンし、「新千歳空港」からのアクセスも抜群です。さらに、日本有数の醸造所とワイナリーが点在し、ワイン好きにとっては、まさにパラダイス! 歴史あるブドウ畑を見学した後は、フォトジェニックなホテルの併設バーやレストランで、ワインを片手に乾杯。独自で発展した食や文化に触れながら、お気に入りのほろ酔いルートを見つけてみては。

ゴルフカートに乗って、広大なブドウ畑を巡る【CAMEL FARM WINERY】

約13.5haの畑をカートに乗って巡るツアーは、ブドウ畑やワイナリーが見学できる他、季節に合わせたワインのテイスティングも実施しています。広大な敷地を眺めながら特別な時間を満喫しよう。

テイスティングでは、赤と白、スパークリングなど、香りや味が異なる4種類のワインを提案してくれます。

9月から晩秋にかけては、数種類のブドウが収穫時期を迎えるそう。年に一度の収穫祭も実施しています。

CAMEL FARM WINERY(キャメルファーム ワイナリー)

問い合わせ
0135-22-7701
場所
北海道余市郡余市町登町1728
営業時間
10:00~17:00
定休日
月~木曜定休(5月~10月頃は無休)
※祝日は営業の場合あり、詳細は公式HPを要確認 
駐車場
4台
支払方法
カード・電子マネー可
公式サイト
https://camelfarm.co.jp/
料金
5500円
アクセス
JR「余市駅」より車で約11分

地元ワインとイタリアンのマリアージュに舌鼓【Jijiya Babaya】

「誰かのために料理を作るのが好き」と話す、余市町出身の店主が営む店。焼きたてのピザやパスタと一緒に、地元ワイナリーの一杯が楽しめます。また、月に1回、夜営業の「じーバル ワイン会」を開催しています。

カニのうま味が麺に絡まる「ヘラガニのトマトクリームパスタ」(1450円)と「マルゲリータ」(1150円)。 

ピザ窯との出合いがきっかけで、18年前にこの店をオープンしました。

Jijiya Babaya(ジジヤババヤ)

問い合わせ
0135-22-7822
場所
北海道余市郡余市町朝日町15-1
営業時間
11:00~14:30(LOは14:00)
定休日
火曜(不定休あり)
※詳細は公式Instagramを要確認
駐車場
12台
支払方法
カード・電子マネー不可
Instagram
@jijiyababaya
予算
昼3000円
アクセス
JR「余市駅」より車で約5分

余市の”うまい“を堪能するワインと隣り合わせの空間【Yoichi LOOP】

「ワインを楽しむホテル」として2020年に誕生。客室はワイナリーの空き部屋をイメージしています。日本料理やフレンチなどの経歴を持つシェフが手がけるディナーは、ワインの味をさらに引き立たせてくれます。

全9種類で構成されるディナーと、ワインのペアリングを楽しんで。

ダイニングキッチンとヒノキ風呂を設けた「スタジオツイン」。

Yoichi LOOP(ヨイチ ループ)

問い合わせ
0135-21-7722
場所
北海道余市郡余市町黒川町4-123
時間
IN15:00/OUT10:00
駐車場
6台
支払方法
カード・電子マネー可
公式サイト
https://yoichiwine.co.jp/宿泊料
9000円~(1名1室利用時の1名分料金)
アクセス
JR「余市駅」より徒歩で約1分
営業時間
ランチは11:30~/12:30~の2部制(金~日曜のみ)
ディナーは18:00~
定休日
月曜
予算
昼6600円/夜1万6500円

秘密の地下部屋で試飲も! 一流ワイナリーを見学【おたるワインギャラリー】

ワイナリー見学ツアーでは、知識豊富な専門スタッフが、工場の醸造設備やワイン造り、創業からの歴史を詳しく説明してくれます。自社農場の四季を映像で楽しむ「ヴァーチャルヴィンヤード」は必見です。

秘密基地のようなテイスティングルーム「Keller3(ケラードライ)」の利用は、プレミアムコース以上限定。

醸造や熟成の過程で重要な役割を果たす貯蔵庫。熟成中のワインが木樽で眠っています。

おたるワインギャラリー

問い合わせ
0134-34-2187
場所
北海道小樽市朝里川温泉1-130 北海道ワイン本社内
営業時間
9:00~17:00
定休日
無休
駐車場
25台
支払方法
カード可・電子マネー不可
公式サイト
https://www.hokkaidowine.com/index.html料金
2200円~(完全予約制)
アクセス
JR「小樽駅」より車で約20分

歴史的建造物の軌跡を辿るホテル【UNWIND HOTEL&BAR 小樽】

“将校クラブ”として利用され、築90年の歴史を持つホテル。館内は、当時の厳かな面影を残しつつ、コンテンポラリーな空間が広がっています。また、夕暮れ時には、宿泊者限定でワインサービスを実施。

最大6人まで宿泊可能な「アンワインドロフト」には、プロジェクターを搭載しています。

毎日17時〜18時半は、バーにて赤と白ワイン、ソフトドリンクを無料で提供。

自家製スコーンや小樽の名物が盛られた朝食は、ハイティースタイルで味わって!

UNWIND HOTEL&BAR 小樽(アンワインド ホテル&バー オタル)

問い合わせ
0134-64-5810
場所
北海道小樽市色内1-8-25
時間
IN15:00/OUT11:00
駐車場
5台(有料)
支払方法
カード・電子マネー可
公式サイト
https://www.livelyhotels.com/ja/unwindotaru/宿泊料
1万円~(1名1室利用時の1名分料金)
アクセス
JR「小樽駅」より徒歩で約11分

和モダン要素を注入!芸術的な一皿にくぎづけ【たくつ】

海外やフレンチで数々の経験を重ねた板前が握るのは、和と洋の要素を掛け合わせた、華やかなルックスの寿司や一品料理。魚貝類と相性を考えてセレクトされたワインと一緒に召し上がれ。

高校を卒業後、寿司職人への道を志した店主。38年の経歴を持っているとのこと。

寿司に醤油ではなく、すだちや塩などオリジナリティをプラスした食べ方で堪能して。

たくつ

問い合わせ
0134-61-6707
場所
北海道小樽市稲穂2-22-8駅前第一ビル1F
営業時間
11:30~15:00(LOは14:45)
17:30~20:45( LOは20:30)※月曜は11:30~15:00
定休日
火曜
駐車場
なし
支払方法
カード・電子マネー可
Instagram
@sushi_takutsu
予算
昼3000円/夜4500円
アクセス
JR「小樽駅」より徒歩で約2分

道央エリアで開催される冬のイベントもチェック!

2024 千歳・支笏湖氷濤まつり ~氷の美術館~

支笏湖の湖水で作り上げる氷のオブジェが並びます。夜はライトアップし、ロマンチックな世界観に。

2024 千歳・支笏湖氷濤まつり ~氷の美術館~

問い合わせ
0123-23-8288(支笏湖まつり実行委員会)
開催場所
北海道千歳市支笏湖温泉
開催日
2024年1月27日(土)~2月25日(日)
時間
10:00~20:00(ライトアップは16:30~)
駐車場
あり
入場料
500円
公式サイト
https://hyoutou-special.asia/

©HTB

2024 さっぽろ雪まつり

札幌市が誇る雪と氷の祭典。全3カ所の会場では、氷像や雪像が展示されます。「つどーむ会場」は4年ぶりに復活!

2024 さっぽろ雪まつり

問い合わせ
011-281-6400(さっぽろ雪まつり実行委員会)
開催場所
大通会場、すすきの会場、つどーむ会場
開催日
2024年2月4日(日)~11日(日・祝)
開催時間
会場時間は各会場で異なる(詳細は公式HPを要確認)
駐車場
なし
料金
入場無料
公式サイト
https://www.snowfes.com/

ワインとおつまみのセットを抽選で各1名様にプレゼント♪

※写真はイメージです

「CAMEL FARM WINERY」と「おたるワインギャラリー」のワインセットを抽選で各1名様にプレゼント!

応募はこちらから!

▼各スポットのMAP

北海道公式観光サイト「HOKKAIDO LOVE!」のLINE公式アカウントでは、旬な観光案内やキャンペーンなどのお得情報を配信中。北海道観光PRキャラクターのキュンちゃんが、北海道各地の魅力をお届けしています。

詳しくはこちら

撮影/武富将洋(エストゥディオ ぺぺ)
※価格は税込み表記です
※掲載内容は2023年11月時点の情報です

RANKING ランキング

TAGS #人気のタグ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

Please Share

名古屋発、冬の北海道へ! ワインと美食を巡る、ほろよい女子旅

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. PR
  3. 観光
  4. 名古屋発、冬の北海道へ! ワインと美食を巡る、ほろよい女子旅

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。