絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

「星野リゾート」Trip.46 |[★宿泊券プレゼント付き!]江戸の「浅草上手」になって、新旧の娯楽を巡る旅。「OMO3浅草(おも) by 星野リゾート」。
#観光

2024.1.23tue

PR

「星野リゾート」Trip.46 |[★宿泊券プレゼント付き!]江戸の「浅草上手」になって、新旧の娯楽を巡る旅。「OMO3浅草(おも) by 星野リゾート」。

旅好きな人にとっては憧れの「星野リゾート」。極上ステイを叶える独創的なテーマで圧倒的非日常を提供するホテルから、街の活気や文化を丸ごと楽しむサービスを提供するホテルまで5種類のサブブランドを抱えますが、どこも素晴らしいホスピタリティで多くの旅行者を魅了しています。雑誌『ケリー』編集長が毎月「星野リゾート」の施設を訪れ、現地の旬の魅力をお届けしているこの企画。第46弾は、江戸・浅草っ子の「粋」にどっぷりハマるアクティビティが満載の「OMO3浅草」へ。宿泊券プレゼントもお見逃しなく!

浅草駅から歩いて数分。浅草寺が目の前で観光の拠点に最適!

日本を代表する観光地「浅草」。浅草寺と浅草駅の間に位置する「OMO3浅草」は、この街を満喫するのにピッタリの場所にあります。江戸時代から現在までに様々な娯楽や文化を生み、歴史的な建造物も立ち並ぶこのエリアは、国内のみならずインバウンドのみなさんを魅了。さらに「OMO3浅草」に滞在することで、知っているようで知らなかったディープな情報や過ごし方ができるので、「開業以来、とっても楽しみにしていました!」。

「OMO3浅草」1階のロビーに一歩踏み入ると、お寺を彷彿とさせるオリジナルの常香炉からお香の香りがふわり。季節ごとに異なる香りで、移動の緊張感も一気にほぐれます。ブルックリンな印象の室内は、隅田川近くで栄えたとされる革工房のスタイリッシュなインテリアが基調。その中に、OMO名物の「ご近所マップ」がどんと構えています。

ロッカールームならぬ、広々としたバゲージルームもスタンバイ。チェックインよりも早く到着したり、チェックイン後も街を巡りたいとき、荷物をフロントに預けることなく置いておけるのでとても便利です。

さらには洗濯機&乾燥機も完備。アルカリイオン電解水を利用するため、洗剤がなくても洗える画期的な洗濯機です。長期滞在でじっくり旅行を楽しみたい時の強い味方になってくれます。

チェックインを終えて部屋の扉を開けると、目の前に「東京スカイツリー」が! その堂々たる姿は圧巻です。

今回宿泊した部屋は「寄席ツインルーム」。江戸の遊びをデザインに取り入れた、コンセプトルームです。高座を思わせる紫の座布団や赤いじゅうたん、「大入」の文字が散歩しているかのようなデザインのヘッドボードと、ワクワクするような設えが印象的です!

ワクワクする仕掛けは、館内いたるところに!各階のエレベーターホールには、階数=月をイメージしたイラストが描かれています。4階は、4月の舞い散る桜を。

7階は、毎年7月に行われる「隅田川花火大会」。この花火大会は、江戸時代に八代将軍・徳川吉宗が打ち上げた「両国川開きの花火」を継承する、日本最古の花火大会と言われています。「これをみると、本物の7月の花火が見たくなります!」と編集長。

食べ物や飲み物が欲しくなったら…。13階の「OMOベース」へ。

「OMO3」は、レストランを持たない代わりに、キャッシュレス決済で24時間いつでも気軽に利用できる「OMO Food & Drink Station」がスタンバイ。「OMO3浅草」は最上階にあり、浅草を一望する景色とともに、約80種類ものスナックや軽食、スイーツに加え、飲み物などを楽しめます。

「OMOベース」にもご近所マップ。1階のロビーのマップは王道な店や旬のスポットが紹介されていたのに対し、こちらには地元の人たちが日常的に利用するお店やスポットなど、ディープな情報が紹介されています。

チェックイン後のおやつ時間には、スナックやスイーツ、軽食などがずらり。写真左の可愛らしいボックスのお菓子は、1933年に創業し、浅草仲見世に店舗を構える「キヨスミ製菓」の「花てまり」(650円)。練乳やバターを使用した、洋風の雷おこしです。右側は、浅草参拝者に人気の「龍昇亭西むら」のどら焼き(240円)と、羽衣ブッセ(190円)。

ソフトドリンクやスイーツ、ワインやクラフトビールなどのアルコール類も充実!「OMO3は、食べたいものや飲み物を、その時の気分で選んで過ごす“わがまま滞在”ができるのがいいですよね。特に食べ物のラインナップがおしゃれで個性的なので、お土産にしても喜ばれそう」と編集長。

電子レンジやトースターも完備されているので、食べ物やスープを温めたりパンを焼いたりすることもできます。お部屋に持ち帰っても、OMOベースでそのままくつろいでもOK。24時間利用できるから、夜中にちょっと小腹が空いた…なんて時にも、ホテルから出ることもなくお腹が満たせて、ついつい友人との会話も弾みます。

13階の「OMOベース」から階段を1フロア上ると、西の浅草寺から東の「東京スカイツリー」を一望できる、ルーフトップテラスがあります。浅草寺は人が行き来する境内を見下ろすことができます。

「東京スカイツリー」側はビル群が都会的。夕暮れになるにつれてビルに明かりが灯り、暗くなるころには「東京スカイツリー」の美しいライトアップが楽しめます。「都心の夕景は、まるで生きているかのように表情が変わっていくので、ずっとみていられます」。

夕食前の参考に。「江戸屋台ミーティング」で江戸の粋な食文化を知る。

編集長が楽しみにしていたアクティビティ一つ目は、「江戸屋台ミーティング」。江戸のごはん事情、外食文化の発祥と言われる浅草の屋台フードについて、紙芝居とクイズ形式で、楽しくわかりやすく紹介してくれます。このアクティビティは、毎日16時と16時30分から「OMOベース」で行われます。

江戸の屋台フードは、天ぷらやそば、寿司…と様々。その中のどのメニューについて掘り下げるかは、ゲストが引き当てるミニチュアフード次第。この日編集長が引き当てたのは、「そば」。

さっそく、屋台のそば屋にセットチェンジ。

かつての屋台には、簡単に移動できる「担ぎ屋台」とその場所に店を構える「屋台見世」の二種類が存在し、中でもポピュラーだったのが、夜間に風鈴をならしながら売り歩いた「風鈴そば」だったとか。「普段何気なく“江戸といえばそば”というだけで、そんな歴史があることを知りませんでした。深い話を聞くと、この後そばが食べたくなります」と、この日の夕食はそばにすることが決定!

「OMOベース」のマップと、オモレンジャーがおすすめしてくれた何軒かの中から、この日は「浅草 ひら山」をチョイス。「OMO3浅草」から歩いて約15分の場所にあります。その道中、ライトアップされた浅草寺と東京スカイツリーを同時に見られる、最高のフォトスポットを通過!

「浅草 ひら山」は、2021年のオープン以来、ツウからも注目を浴びているそば屋。『ミシュランガイドレストラン』で、ビブグルマンを獲得している名店です。シャキッとした白い暖簾とシンプルな外観がスタイリッシュ!

そば屋といっても、この店はお酒や趣向を凝らした一品料理が豊富。それは、大将・平山さんの「そばをサクッとでも、お酒と料理でゆっくりでも。お客様が好きなようにくつろいでほしい」という思いから。いわゆる老舗のそば屋とは一線を画する存在です。平山さんが料理を作るうえで、もっとも大切にしているのは「鮮度」。店の2階で玄そばの皮を丁寧に剥き、希少な石臼・蟻巣石(ありすいし)でそばの実を挽いて、毎日ランチとディナーそれぞれで使い切る分だけのそばを打っています。

大将のお話を聞き、一品料理とそばでくつろぐことに。まずオーダーしたのは「穴子の煮こごり」(700円)。ふっくらと柔らかく煮た穴子を重ね、ほぼ穴子のゼラチン質で固めたなめらかな一品です。頬張ると口の中の温度でゼラチン質がとろけ、煮穴子もホロホロと解ける繊細さ!

季節野菜の天ぷらは、サクッとした香ばしい薄衣が、素材の持ち味を引き立ててくれるよう! だしのうま味が効いた卵焼き(1300円)は、お酒のあてにもピッタリな味わい。

ふわふわとして柔らかく、箸を入れると程よい弾力を感じる「そばがき」(1400円)。作り置きはせず、注文が入ってからそばの実を挽き、その場で水と合わせて練り上げる、出来たてが味わえるのもここならでは。そば粉の風味と甘みがたまりません!

しめは、期待の高まるせいろ(1000円)と、クルミやカシューナッツの「木の実つゆ」(300円)。コシのある十割そばを手繰ると、清々しいそばの風味とのど越しの良さが際立ちます。「まずはキリッとしたそばつゆ、その後濃厚でまろやかな木の実つゆでいただくのがおすすめ」と編集長も大満足です。
国内外の食通をも唸らせる腕前を持つ大将がそばを極めるきっかけとなったのは、ニューヨークのそば店での勤務経験から。日本の食文化に開眼し、帰国後に江戸そばの名店「ほそ川」、「銀座小十」、割烹料理店などで修業を積んで独立。「提供するメニューの一つひとつに想いを込めて、手を加えたオリジナリティを表現したい」と話す大将の作り出す料理を目当てに、足繁く通う常連客も多数!ぜひ予約してから訪問を。

早朝の浅草寺は、「浅草っ子タイム」。清々しい散歩をディープに体験。

毎朝6時に鳴る「時の鐘」は、あの松尾芭蕉も聞いたとされる歴史ある音色。鐘は五代将軍徳川綱吉によって改鋳され、江戸市中に時を告げ続けてきました。「OMO3浅草」のルーフトップテラスは鐘の音を聞きながら、まだ人気のない浅草寺に灯りが残る風景を一望できます。

編集長が楽しみにしていたアクティビティその2「粋だねぇ、明けの浅草さんぽ」。6時30分から、浅草寺周辺を散歩するツアーです(季節によって出発時間は変更)。1400年の歴史を持つ東京最古の寺の、知られざる歴史を「OMOレンジャー」に教えてもらいます!

国の重要文化財に指定されている「二天門」から境内に入り、まずは浅草神社へ。出迎えてくれる大きな狛犬、実は片方が狛犬で片方が獅子。「聞かなければ気が付かない豆知識を知れるOMOのツアーは、本当に面白い!」。

浅草神社は本堂より東側にあり、少し奥まった場所にあります。よって、旅行者は本堂をメインにお参りしがちですが、地元の「浅草っ子」はこの浅草神社へのお参りを欠かさない人が多いのだとか。さっそく、「浅草っ子」に混じってお参り。

本堂では、浅草寺建立から繰り返し行われている「朝座」の法要が行われています。法要に参加しなくても堂内には入ることができるので、ぜひ天井に描かれた鮮やかな「天人之図」を見て!

このアクティビティでは、普段の参拝とは逆に、本堂から雷門へと向かいます。常香炉越しに向かう先を見ると、雷門の大提灯までが見通せます。「こんなに人がいない浅草寺は初めて!」。

続いて訪れたのは、西境内の影向堂(ようごうどう)。干支の守り本尊や、大黒天などが祀られています。「ここは、例えるならば“ご利益のデパート”です」と、OMOレンジャーの荒井さん。

図式化した資料で説明をしてくれます。心身健康、長寿延命、疫病退散、金運、極楽浄土…と、20もの人類の悩みにそれぞれ対応してくれる神様と仏様がいらっしゃるとのこと。これは心強い!巡らない手はありません。

宝蔵門では、仁王様の力を知らしめ、悪魔を払うための巨大なわらじが掲げられています。この大わらじに触れると、健脚や魔除けのご利益があるのだとか。

開店前でまだシャッターが下りている仲見世。ここでは、シャッターに描かれたイラストから、伝統行事を知ることができます。写真は現代でも4月と11月に奏演される「白鷺の舞」。平安時代の風俗を継承している由緒正しい催しです。

雷門が、このアクティビティのゴール。約1時間の散歩は「あっという間に感じるほど、興味深い情報がいっぱいで楽しめました!」。そして本堂の方面を振り返り、改めて人の少ない仲見世のすっきりとした美しさに感動。早起きは三文の徳、を体感しました。

パンやおにぎりなどの朝食メニューがラインナップ。「OMO Food & Drink Station」。

散歩で軽く体を動かした後は、「OMO Food & Drink Station」へ直行! おやつタイムのラインナップから、朝食向けのパンやおにぎり、スープ、味噌汁などが加わっています。

浅草の焼き印がある「パン工房 クラージュ」のパンは、ふわふわのホイップクリームとあんこがたっぷりで、コーヒーにピッタリ。昭和25年の開業時から変わらない人気の「テラサワ・ケーキ・パンショップ」のコロネは1個250円! 素朴な味わいが愛され続ける理由です。「雑穀おにぎり専門店maimai」のおにぎりは、定番の具材からチーズを使った新しい具材まで幅広いラインナップ。「福寿家」の「伊奈利ロール」は、たっぷりの野菜を油揚げで巻いた、見た目にもかわいらしいお弁当風。
早朝の散歩で冷えた体をスープで温めながら、今回の旅をしみじみ振り返る編集長。「OMOのアクティビティはいつも発見の連続。特に今回は、何度も訪れたことのある浅草が舞台なので、どんな新しい情報を得られるかとても楽しみにしていましたが、知らなかったことばかり!OMO3浅草の皆さんのリサーチ力には脱帽です」。今回どっぷりハマッてしまった浅草寺を、もう一度歩いて帰ろうかと考えながら、ホテルをチェックアウト。さて次はどこの星野リゾートへ? 次回もお楽しみに!

OMO3浅草(おも) by 星野リゾート

住所
 東京都台東区花川戸1-15-5
時間
 IN15:00/OUT11:00
駐車場
 なし
カード
 可
料金
 1泊2万2000円~(1室あたり、税・サービス料込、食事なし)
公式サイト
 https://hoshinoresorts.com/ja/hotels/omo3asakusa
インスタグラム
https://www.instagram.com/omo_hotels/?hl=ja

※掲載されている情報は、2023年12月時点のものであり、変更となる場合があります。

PRESENT
「OMO3浅草(おも)by 星野リゾート」の宿泊券(1泊)をペア1組にプレゼント!

応募締切は2024年3月1日(金)

RANKING ランキング

TAGS #人気のタグ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

Please Share

「星野リゾート」Trip.46 |[★宿泊券プレゼント付き!]江戸の「浅草上手」になって、新旧の娯楽を巡る旅。「OMO3浅草(おも) by 星野リゾート」。

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. 編集長の旅日記
  4. 「星野リゾート」Trip.46 |[★宿泊券プレゼント付き!]江戸の「浅草上手」になって、新旧の娯楽を巡る旅。「OMO3浅草(おも) by 星野リゾート」。

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。