絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

地元の名物に観光、体験まで! 弾丸日帰りで行くセントレア発着の鹿児島旅♪
#体験

2023.9.24sun

PR

地元の名物に観光、体験まで! 弾丸日帰りで行くセントレア発着の鹿児島旅♪

秋の行楽シーズンに向けて、忙しい日々の合間を縫ってでもリフレッシュできる、日帰りのヒコーキ旅プランを提案します。その土地ならではのグルメやスポットを巡る“よくばり旅”に出かけよう!

セントレアから行く日帰り旅が人気のワケ

短時間で目的地に到着できる飛行機旅の魅力は、滞在時間の長さ! 実は、鉄道と同じくらいの交通費の予算で、たっぷり時間を使える飛行機は、日帰り旅の強い味方なのです。さらに「中部国際空港 セントレア」では、平日限定でお得なキャンペーンも実施中。平日休みを利用した日帰り旅やビジネスでの日帰り出張など、飛行機で行きたい所にひとっ飛び!

Point1:平日限定で駐車場が無料に!

2024年3月29日(金)までの平日限定で、日帰り出張やレジャーの際にお得なプラン「駐車場無料キャンペーン」を実施中。さらに平日旅なら、航空券も安価でゲットできるので、旅先での滞在がより贅沢になること間違いなしです。

※平日限定無料駐車場対象外期間/2023年12月25日(月)~2024年1月5日(金)

Point2:コスパ良し! タイパ良し!

曜日や時間帯によっては、鉄道で東京を目指すのと、それほど変わらない価格でもっと遠くまで行ける飛行機。滞在時間が長く確保できるので、1日の時間を有効に使えて、コスパもタイパも抜群です。

Point3:ラーケーション&休み方改革を応援

各企業や行政で働き方改革が進む中、愛知県が一歩先行く取り組みとして2023年からスタートした「ラーケーションの日」。公立の小中学校と高校、特別支援学校などで年間3日の休みがとれる制度を活用し、家族で休みを合わせて飛行機を予約して、いざ体験学習の旅へテイクオフ!

日帰りヒコーキ旅で行く!弾丸鹿児島旅

海や山々など豊かな自然に抱かれた鹿児島は、絶景や滋味あふれるグルメなど、癒しのエッセンスが盛りだくさん! 名物料理に舌鼓を打ち、雄大な自然に抱かれて、心も体も満たされる日帰り旅で、英気を養おう。

7:55 セントレア出発

▼約1時間半の空の旅へ!

9:20 鹿児島空港到着

10:30 鹿児島港にある「新港食堂」で腹ごしらえ

鹿児島市中央卸売市場の一角にある食事処。鮮度が命の「首折れ鯖」と呼ばれる名物の刺身をはじめ、漁港ならではの新鮮な魚介を使った海鮮料理が味わえます。活気あふれる市場で朝ご飯を食べ、鹿児島旅の景気付けを。

新港食堂

問い合わせ
099-224-4654
場所
鹿児島市城南町37-5
営業時間
5:00~14:00(LO)
定休日
日曜、祝日
駐車場
あり
支払方法
カード・電子マネー不可
公式サイト
https://shinkousyokudo.wixsite.com/0001
アクセス
「鹿児島空港」より車で約50分

12:00 雄大な桜島をバックに「桜島溶岩なぎさ公園&足湯」でぽかぽか♪

桜島に着いたら、最初に目指したいスポットの一つ。地下1000mから湧出する天然温泉を利用した、全長約100mもある長い足湯を完備しています。心も足元も温めて、噴煙を上げる桜島と錦江湾を眺めながら、日頃の疲れを癒そう! また、近くの「桜島ビジターセンター」や「国民宿舎 レインボー桜島」では、オリジナルのタオルも購入できます。

桜島溶岩なぎさ公園&足湯

問い合わせ
099-298-5111(観光交流センター)
場所
鹿児島市桜島横山町1722-3
営業時間
入園自由(足湯は9:00~日没まで)
駐車場
あり
公式サイト
http://www.sakurajima.gr.jp/
アクセス
桜島フェリーターミナル「桜島港」より徒歩で約9分

13:15 農家が手がける「Cafeしらはま」で無農薬野菜ランチを堪能

「野菜尽くしのワンプレートランチ」(1800円)※写真はイメージ

桜島の北側で、「桜島大根」や「桜島小みかん」などを生産する農家が営む店。店主が育てた無農薬野菜をたっぷり使ったランチメニューがそろいます。店主の奥様が作るカレーやプレートランチの他、シフォンケーキなどのスイーツも評判です。

Cafeしらはま

問い合わせ
099-293-2887
場所
鹿児島市桜島白浜町1267
営業時間
10:00~17:00(ランチは11:30~14:00LO)
※食材がなくなり次第、閉店の可能性あり
定休日
月~水曜定休(不定休あり)
駐車場
5台
支払方法
カード・電子マネー不可
Instagram
@cafe_shirahama
アクセス
「桜島溶岩なぎさ公園」より車で約14分

時間があればチャレンジ! 「くろかみ椿の会(かふぇはましま)」で天然椿オイル絞り

椿オイルは、スキンケアや食用としても注目を集めています。そんな椿油を自家農園で育て、約1500本の椿の木から収穫した実を使った「椿オイル搾り」は、椿油ができるまでの一連の工程を体験できます。また、オイルについての活用方法を教えてくれる他、絞りたてをパンに塗って試食体験も可能です。

くろかみ椿の会(かふぇはましま)

問い合わせ
099-293-4830
場所
鹿児島市黒神町2584-11
営業時間
11:00~日没
定休日
不定休
駐車場
あり
支払方法
カード・電子マネー不可
料金
500円
※体験は2人以上、詳細はTELにて要確認
アクセス
「Cafeしらはま」より車で約11分

16:30 「天文館むじゃき」でフルーツがたっぷりのった“白熊”を味わう

「白熊 レギュラーサイズ」(800円)

今や鹿児島のソウルフードともいえる名物「白熊」を提供する有名店の一つ。今では、全国的な人気がありますが、昭和24年にこの地で販売がスタートしました。クマの顔を模したかき氷に、懐かしい味わいの練乳とミルクをかけ、白豆やフルーツをトッピングしています。カラフルなビジュアルから、近年はSNSでも話題を集めています。

天文館むじゃき

問い合わせ
099-222-6904
場所
鹿児島市千日町5-8 天文館むじゃきビル1F
営業時間
11:00~19:00(料理LOは18:15、白熊・ドリンクLOは18:30)
※時季・天候により変更の可能性あり
定休日
不定休
駐車場
なし
支払方法
カード・電子マネー可
公式サイト
https://1f.mujyaki.co.jp/
アクセス
桜島フェリーターミナル「鹿児島港」より車で約6分

18:40 空港内の「大空食堂」で鶏飯がバイキング形式で食べ放題

「鶏飯バイキング」(730円)

地元産の黒豚を使ったとんかつや豚汁など、ご当地の味が満喫できる空港内の食堂。中でも鹿児島の郷土料理である鶏飯は、ほぐした鶏肉や椎茸、たくあん、錦糸卵などの具材を自由にトッピングできて、何杯でも楽しめます。 鹿児島の弾丸旅のラストを飾る食事を心ゆくまで堪能しよう!

大空食堂

問い合わせ
0995-58-2647
場所
鹿児島県霧島市溝辺町麓822 鹿児島空港国内線2F 北側
営業時間
10:00~20:30(LOは20:00)
定休日
無休
駐車場
あり(有料)
支払方法
カード・電子マネー可
公式サイト
https://www.ida.co.jp/restaurant/ozora
アクセス
「天文館むじゃき」から車で約45分

21:40鹿児島空港出発

▼旅の思い出に浸りながら夜のフライトを楽しんで!

22:40セントレア到着

今回のプランは、こちら。食費や現地での交通費などを合わせても3万円弱で旅行に行くことが可能。その他、日帰りヒコーキ旅の公式サイトでは、他の旅行プランも紹介しています。

LCCでも楽しめる日帰りヒコーキ旅

Peachで行く日帰り旅がお得なワケ

お得に飛行機を利用することができるのはもちろん、様々な旅の魅力を発信する「Peach」。就航時より期間限定で販売する、日帰りでもたっぷり楽しめる国内旅行を提案するプランの「平日弾丸往復運賃」が人気です。キャンペーン期間中は、渡航券が通常往復運賃より最大で約37%オフや、平日の往復運航代金が7200円から利用できるなど、気軽に飛行機旅を満喫できます。また、公式アプリに予約情報を登録しておくだけで、搭乗手続きが楽々完了する便利な機能も。期間中はお得に航空チケットが手に入るので、是非気軽に飛行機を利用してみては。

ジェットスターで行く日帰り旅がうれしいワケ

コストを抑えた価格と充実したホスピタリティのバランスの良さから、ファンも多い「ジェットスター」。世界トップレベルの安全基準といった快適さはもちろんのこと、飛行機旅をリーズナブルに楽しめるサービスも満載です。不定期で開催されるセールや公式SNSをこまめにチェックして、“おトク”にフライトチケットをゲットしよう! セントレア内の窓口は、第2ターミナルにあり、車やバスでのアクセスがしやすいのもポイント。ターミナル間には、輸送バスも運行中です。

※掲載内容は2023年3月時点の情報です

LINEお友だち登録

RANKING ランキング

TAGS #人気のタグ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY7月号(2024年5月23日発売)おいしいパンとカフェ

特集の目次を見る

Please Share

地元の名物に観光、体験まで! 弾丸日帰りで行くセントレア発着の鹿児島旅♪

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. PR
  3. おでかけ
  4. 地元の名物に観光、体験まで! 弾丸日帰りで行くセントレア発着の鹿児島旅♪

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。