絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#スイーツ

2020.7.22wed

名古屋の「桃パフェ」14選! 旬の丸ごと桃を使った季節限定スイーツ【2022】

桃パフェを愛してやまない方に朗報!大胆にも桃を丸ごと1個使った、フォトジェニックな桃パフェを楽しめる名古屋のお店を、編集部が厳選してご紹介します。

ラ・メゾン アンソレイユターブル パティスリーの「白桃の生ジュレパフェ」

「白桃の生ジュレパフェ」(税込840円)※8/31まで

大名古屋ビルヂングB1F「ラ・メゾン アンソレイユターブル パティスリー」から、「白桃の生ジュレパフェ」が季節限定で登場!

ベイク メルーの「桃となつ空」

パイやクッキー、メレンゲなど自家製の焼菓子が存在感を発揮するのは、「bake=焼菓子店」のパフェだからこそ。

カレット洋菓子店 常滑店の「桃パフェ」

「カレット洋菓子店 常滑店」の桃パフェ※8月上旬~下旬

華やかさと上品さを併せ持ったケーキが並ぶ洋菓子店。ここで味わえるパフェの主役は、たっぷりと水分をたたえ、色鮮やかで見るからにおいしそうな旬の果物。

エールカフェ セントラルガーデンの「ペシェ」

「ペシェ」(1350円)※~9月末予定

豆の産地にこだわったオリジナルブレンドのスペシャルティコーヒー、契約農家から仕入れた食材を使ったパスタや肉・魚料理がお好みで選べるランチなど、こだわりが随所に感じられる。スイーツもパティシエによるもので、特に旬のフルーツを巧みに取り入れたパフェは要チェック。

稚児宮CAFÉの「桃パフェ」

稚児宮CAFÉの「桃パフェ」(1800円)※~8月末予定

スタイリッシュな店内、こだわりの器とコーヒー…。堀川沿いのちょっと秘密にしておきたい隠れ家的カフェ。メニューは大人の女性が「カワイイ」と感じられるよう考案しているそう。フルーツが主役なパフェはジュレ、シフォン、アイス2種類など、どこを切り取っても楽しい仕掛けに。

リトリの「まるごと桃のパルフェ」

名東区・一社のカフェ&ダイニングバー「LITRE(リトリ)」。毎年多くのファンが駆けつけるメニューが、「まるごと桃のパルフェ」です。

愛知県を代表する猿投産のブランド桃を、贅沢にも丸ごとグラスにオン。また、グラスの中には桃を使ったとっておきのスイーツが……!

詳しくはお店の公式Instagramでチェック。

パティスリー ドゥ・ド・ボワ(DEUX DE BOIS)の「桃パフェ」

街のケーキ屋「パティスリー ドゥ・ド・ボワ(DEUX DE BOIS)」は、イートインスペースにて、数量限定の「桃パフェ」が楽しめます。

てっぺんには桃半玉、残り半分がグラスの中にぎゅっと入った一品。グラスの下には、爽やかな桃ソルベが入って、すっきりとした後味に。他にもケーキ屋ならではのこだわりが詰まっています。

スイーツギャラリー アマンダの「桃パフェ」

スイーツ好きから支持を集める、中村区・佐古前町のパティスリー&カフェ「スイーツギャラリー アマンダ」。毎年桃のシーズンには、連日完売となる「桃パフェ」が今年も始まりました。

主役となる桃が2個も入ったパフェは、ボリューム感がありながら、ほど良い甘さに仕上がっています。

今年の桃パフェはInstagramをチェック!

ラファブリックデュスリールの「桃パフェ」

「ラファブリックデュスリール」の「桃パフェ」に使われている桃の数は、なんと2個!フレッシュな桃ひと玉の下には、桃のソルベやコンポート、赤桃のソルベと桃づくし。食べ進めていくと……。

パティスリーロアジスの「桃パフェ」

「パティスリーロアジス(pâtisserie L’OASIS)」。桃を丸ごと2個使った「桃パフェ」を求め、連日多くのお客さんが列をなすほど。みずみずしい桃の甘みを存分に味わえる一品です。

また、同店の生クリームは、桃の持つ甘みを絶妙に引き立たせる名脇役。桃以外の素材にも注目!

カフェ・ド・リオン 本店の「プリンセスピーチ 白桃パルフェ」

“名古屋のパフェ文化のパイオニア”とも言える「カフェ ド リオン(Cafe de Lyon)」。通年パフェが楽しめる同店でも特に高い人気を誇るメニュー「プリンセスピーチ 白桃パルフェ」が始まっています。

パフェにはその日最も鮮度の高い桃を、贅沢にも大玉2個を使用し、桃好きさんにはたまらない一品です。

プラドールの「真夏のももパフェ」

完熟の桃に濃厚なアイス、さわやかなアールグレイのジュレが好相性。トップのアーモンドチュイールは、花火をイメージ。

カフェタイムに訪れた人のほとんどがオーダーするパフェは、20年近くお菓子作りの経験を積む奥さんが担当。

季節感と食感の違いを大切に作られた「真夏のももパフェ」は、丸いアーモンドチュイールの後ろに、ライチと白桃のレアチーズケーキを丸ごと一つオン。

今年の桃パフェはInstagramをチェック!

ジョニーズ ブラッセリーの「まるごと白桃とココナッツのパフェ」

「まるごと白桃とココナッツのパフェ」(2640円)※ゲートタワー限定、~8月末まで ※14:30~限定 ※18:00~はサービス料5%が別途必要

優雅なランチやディナーも人気だが、カフェタイムに登場するパフェのファンも多いこちらの店。季節のフルーツを大胆に丸ごと使ったパフェは、フレッシュな味わいはもちろん、その見た目のインパクトにも驚かされます。様々な食感の食材を使用し、一度食べたらはまってしまうかも。

ノカケの「白桃とスモモの丸ごとパフェ」

ブルーと白の爽やかな外観が特徴の「nocake.(ノカケ)」さん。新作のケーキや自家製アイスを使ったメニューなど、パティシエが作る、目と舌とで楽しむスイーツの数々が楽しめます。こちらは、夏季限定の「トロピカルマンゴーのショコラパフェ」(右)と「白桃とスモモの丸ごとパフェ」(左)(ドリンク付きで各2200円)。季節のフルーツと自家製アイスのパフェは、ルックスも心躍る一品です。

今年の桃パフェはInstagramをチェック!

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY9月号(2022年7月23日発売)かき氷とパフェ、アイスクリーム

特集の目次を見る

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

名古屋の「桃パフェ」14選! 旬の丸ごと桃を使った季節限定スイーツ【2022】

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. FEATURE
  3. KELLY Editors
  4. 名古屋の「桃パフェ」14選! 旬の丸ごと桃を使った季節限定スイーツ【2022】

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。