絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

料理人歴20年以上の店主がとことんこだわる「池下料理店 オオツボ」の“季節料理”とお酒に舌鼓【千種区・池下】
#和食

2023.11.18sat

料理人歴20年以上の店主がとことんこだわる「池下料理店 オオツボ」の“季節料理”とお酒に舌鼓【千種区・池下】

昨今の酒場利用のニーズに合わせた、特色のある店が怒涛のオープン!
“おいしい”“楽しい”であふれる、2023年のニューオープン酒場をご紹介します。

知れば知るほど、通いたくなる。オーナーや店主のこだわりがたっぷりの店に酔いしれましょう♪

2023年6月にオープン!季節料理「池下料理店 オオツボ」

「池下料理店 オオツボ」が、2023年6月、千種区・池下にオープンしました。

ジャンルを和・洋と決めつけないために、“季節料理屋”と名付けられたこの店は、使う材料選び、調理法、お酒と一切の妥協を許しません

店主は、行きつけの市場へ行って新鮮な魚を選ぶ。産地問わず、良いものを求めて旬の野菜を仕入れる。
それらをさらにおいしくするために、食材の組み合わせを検討しているそうです。

こだわりの品々とお酒でしっぽり

「刺身盛り合わせ」(3000円)

店にある全国各地の日本酒、国内外のワインが、どの料理ともぴったり合うのは、料理人歴20年以上の店主自らが飲んで、自身の料理との相性を考えているから。
店主が選び抜いた、お酒や素材たちを存分に堪能しましょう。

魚を寝かせて、うま味をより引き出した「刺身盛り合わせ」は、思わず日本酒が進みます。

「安納芋バター天ぷら」(990円)

「安納芋バター天ぷら」は、とろ~っと溶けたバターがたまりません。

「ウニ半田素麺」(1人前1320円)

コシのあるそうめんと、北海道産のウニが融合した「ウニ半田素麺」

店主は「若い世代の人にもぜひ来てほしい」と、選りすぐりの器で、彩りのある美しい盛り付けにしているそうです。

「池下料理店 オオツボ」は、カウンター9席と4名掛けのテーブルが2つ。基本的には予約優先ですが、公式SNSで空き状況をチェックできます。

季節を感じられる料理とぴったりのお酒で、特別な時間を過ごしてください。

池下料理店 オオツボ

問い合わせ
052-753-8038(予約優先)
場所
名古屋市千種区池下町2-18 長坂ビル1F
時間
17:30~22:30(フードLOは21:30、ドリンクLOは22:00)
定休日
月曜定休(祝日の場合は営業、翌日休)
駐車場
3台(共同)
支払い方法
カード可・電子マネー不可
Instagram
@ikeshitaryoriten_ootsubo
平均予算
夜7000円
アクセス
地下鉄「池下駅」より徒歩で約2分


※掲載内容は2023年10月時点の情報です
※価格は税込み表記です

LINEお友だち登録

RANKING ランキング

TAGS #人気のタグ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY7月号(2024年5月23日発売)おいしいパンとカフェ

特集の目次を見る

Please Share

料理人歴20年以上の店主がとことんこだわる「池下料理店 オオツボ」の“季節料理”とお酒に舌鼓【千種区・池下】

WRITER

Satomi Hirata

Satomi Hirata

千葉県出身。週末の楽しみは、東海の温泉やスパに足を運ぶこと。ヨガ、お散歩も大好きな健康オタク。名古屋歴は浅いながらも、日々の発見を大事に、新鮮で楽しい情報をお届け。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. Satomi Hirata
  4. 料理人歴20年以上の店主がとことんこだわる「池下料理店 オオツボ」の“季節料理”とお酒に舌鼓【千種区・池下】

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。