ローディング

知らないと損をする!?賢い女子なら学んでおくべき!消費税アップで知っておきたい お金にまつわる5つのこと

2019.10.17〈Thu〉

最終更新日:2019/10/17

  • twitter
  • facebook
  • line

最終更新日:2019/10/17

いよいよ10月1日から、消費税率が8%から10%へとアップ(軽減税を除く)。今回の増税で、一体なにが変わるの? 専門家の久野綾子さんに教えてもらった最新情報をチェックして、ハッピーな毎日を送ろう!

取材 ・文 / 杉山正博 イラスト / 川合翔子

〈Check Point 1〉食品の買いだめは不要!まずは 軽減税率の知識を付けよう


軽減税率は、増税後の生活の負担を軽くすることが目的。自宅用などに購入する食料品や飲み物(酒類や外食を除く)には、軽減税率が適用されるので、慌てて買いだめしなくてOK。ちなみに、定期購読の新聞(週2回以上発行)も8%据え置きに。今回ややこしいのが、飲食の中でも、外食やイートインは税率10%なのに対して、テイクアウトだと軽減税率によって8%になる点。「ウーバーイーツ」といったデリバリーサービスや、出前も8%になるので、自分の中ですみ分けをはっきりさせておこう。

〇飲食設備(テーブルやイス、カウンターなど)がある場所で食事をすると、基本的に10%になる。
〇コンビニやスーパーなど、飲食設備のある小売店では、購入時に「イートイン」なのか、「テイクアウト」なのかを確認される。

【より詳しく!】「テイクアウトなら8%、 外食は税率10%」が合言葉
税率8%:出前・デリバリー、テイクアウト
税率10%:レストラン・食堂、ケータリング、出張料理、イートイン

RECOMMEND

RECOMMEND

  • twitter
  • facebook
  • line